<   2004年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

日本人論について

「日本人は論理的思考より曖昧さを好む」
「日本人は個人主義でなく、間人主義だ」
「日本人は陽ではなく影に美意識を感じる」

海外在住経験がある方々は、外国人に対して
「日本人とは何か?」という説明をしたことがあるのではないだろうか?
その時に語った日本人の特徴というものを思い出して頂きたい。
そのほとんどは「西洋人」と対照になった特徴じゃなかっただろうか?
日本人の中に無数に存在する差異を忘れ、均質的かつ仮想の「日本人像」を作りあげてなかっただろうか?
でもよく考えると、なぜ日本人・日本文化を特有なものとして語らなければいけないのか、
一体何が自分をそう語るよう駆り立てるのか、不思議にならないだろうか?

もしこのような疑問に当たった方がおられれば是非お勧めしたい文化人類学・社会学の本がある。

1つめは「イデオロギーとしての日本文化論
これはハルミ・ベフという日系アメリカ人の人類学者が書いた本。
第二次世界大戦で日本が負けて以来、日本では「日の丸」、「君が代」など
自国のアイデンティティーを固定化させる象徴がネガティブに捉えられるようになった。
ベフ曰く、この「象徴的空白」を埋めるようにして日本人論というジャンルの本が戦後流行した。
ベフはそれらの本の中で想像上の日本人像がいかに「均質的・反西洋的」に描かれているか、テキストの分析を行っている。

2つめは「文化ナショナリズムの社会学-現代日本のアイデンティティの行方」
昔は上智で教えてたんだが、今は東大の社会学部で教鞭を取っている吉野耕作教授の著作。
じつは英語版の序章を読んだだけなので内容は詳しくしらないんだが、
吉野は一体そのような日本人論の本がどのような読者層に受け入れれているのか、消費傾向に焦点を当ている。
教育を通じてではなく、消費活動を通じた「愛国主義」というのは日本に特有なのではなく、他の後進産業国にも見られる傾向だそうだ。
まだ勉強不足なのでこの本については以上。

3つめはまだ和訳されてないんだが「Discourse of the Vanishing
これはMarilyn Ivyというコロンビア大学の人類学者が書いた本。
この本はとにかく難解なんだが、強引に一文でまとめると、
「日本は近代化すればするほど伝統の呪縛に祟られる」という内容。
日本は経済・軍事において、近代化する過程において常に西洋を目指してきた。
しかし、その近代化が飽和状態に近づくと逆に西洋とは異なる「日本像」が必要となってくる。
Ivy曰く、そのような日本像というのは常に日本の周辺部に位置づけられ、「消え行く言説」として表象されている。
つまり、放っておくと日本人というアイデンティティーは消えてしまうので、それを周辺まで行って取りもどさなければいけない、という形で表される。
そこでJRの「エキゾチックジャパン」という広告や、「遠野物語」の舞台になった遠野の観光化について分析して、
特に都市部に住む日本人を自己のアイデンティティー探しに駆り立てる文化産業・教育政策などについて論じている。

このBLOGは幸いに、海外在住、もしくは在住経験がある方々に多く読まれているようだ。
自分もそうなんだが、もし日本人・日本文化について語ることを職業としている人には特にこの3冊を読んでもらいたい。
日本人論の具体例を挙げると、美学の分野では谷崎の「陰影礼賛」、
建築学・都市学などでは陣内の「東京の空間人類学」や芦原の「隠れた秩序」、
文化人類学では中根の「タテ社会の日本」、漫画なら小林よしのりの「戦争論」かな。
もしこれらの本を読んで納得した経験のある方なら、なぜ自分が納得してしまったのか、
その答えを示唆してくれるいい機会だと思う。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-16 14:12 | 文化人類学

風格について

じつは今とても気になっている人がいる。
素敵な女性と言いたいところだが、そうじゃない。
何故か最近どの講演会に行っても鉢合わせてしまう日本人の老師がいる。
その老師は、おそらく読書をし過ぎたせいで目が腫れ、綺麗な白髪は耳を隠すほど長く垂れている。
まさしく「批評家」という言葉がぴたりと当てはまる風格のおっさんだ。
「憂鬱的思考のススメ」なんて題で「文學界」や「思想」などの雑誌に寄稿してそうだ。
なんと言うか、その風格がいかにも日本的なので逆に新鮮だった。

先週、デリダの追悼講演に行ったときもその老師はいた。
講演後のレセプションにも来ていたんだが、ただ1人ワインを片手にチーズを齧っていた。
あまりにも風格だけがあるので誰も話しかけようとしない。そして、「ワシからは絶対話しかけん」というオーラを発していた。
「でも内心は寂しいんだろうな。丸山昌男のネタとかふると喜んで話すんだろうな。俺から話かけてみるか」
と、思っていた矢先、一緒に来ていたルームメイトが帰ると言い出したので実現せずに終わった。

今日はイラクへの自衛隊派遣の講演を聞きに行ったんだが、そこでも老師がやってきた。
遅刻して来たのにゆっくり闊歩して教室を横断し、椅子にどっすり座ると腕を組んで難しそうな顔していた。
ハーバードの教授でも遅れたときは申し訳なく入ってくるのだが、老師には有無を言わせない威厳があった。
講演途中で老師の方を見ると目をつむってうなずいていた。
哲学的に熟考しているのか、ただ英語がわからないから眠ってしまったのか?
気になって仕方なかった。

日本人の知的風格って自分を高みに置いて「馬鹿は話しかけるな」というようなオーラを作ることで成り立っている気がする。
でもそれが、人前で活発にコメントをすることによって知的さが計られるこの国の風土に全く合わない。
とにかく、その老師を見ていて、「ただ風格だけを身につけると逆に損するなぁ」と考えていた。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-15 14:24 | 雑記

どーでもいいけどエロ関係の単語って語源が気になるのが多くない?

スケベ、、、やはり好色な助平さんが江戸時代にいたの?
ダッチワイフ、、、オランダ人の奥さんに失礼だ。
オ○二ー、、、何語なの?
H、、、究極の謎。

どなたか答えを知ってる方は是非教えて下さい。

話は変わり、以前アメリカ人の友達のお父さんと食事をしたとき困ったことがあった。

「Fumiは休みの時には何をするんかね?」
「休みの日もただ本を読んでますよ。」
「いや、そうじゃなくて休むときは何をするの?」
「うーん、もっと本を読んでますね。」
「だから、Funのためには何をするか、って聞いてるんだよ。」

ここで答えに詰まってしまった。
振り返ると自分には全く趣味が無い。
大学時代にはゴスペルを歌うという正当な趣味があった。
でも、まさかBlog書いてるとかネットをぼーっと見てます、なんて言えない。
結局、「プールで泳いでます」と言い逃れて終わった。

大学院生は仕事/余暇っていう時間の区分がない。
あるとしたら現実/現実逃避という区分くらいだ。
休みでも何かしら本を読む必要性に駆られてるし、
友達といるときは別として、個人で自由に使う時間が消えてしまった。

大学時代、平凡な毎日を嘆くOLの友達に
「趣味を見つけたら毎日弾みがつくんじゃない?」
と説教じみたことを言っていた。
しかし、もう我が身も同じじゃないか。

チェロが弾けたり、絵を描けたりできればいいんだが、
特技が野球と剣道なんで手軽にできない。
さて困ったな。何か趣味を探さねば。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-14 13:36 | 雑記

無気力入門

久しぶりにヒットしたアルバムがある。
JACK JOHNSONのOn and On
これはフリーターをやっている友達に教えてもらったんだが、
聞いていると何に対してもやる気を失せてしまう心地良さになる。

以下、その典型例の曲。

"Wasting Time"

Yea
And I'm just a waste of her energy
And she's just wasting my time
Mmhmmm
So why don't we get together
And we could waste everything tonight
And we could waste and we could waste it all tonight
Yea
And we could waste and we could waste it all tonight

そりゃ就職せんわ。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-13 15:24 | 雑記

ウチナー料理

b0017036_23412379.jpg

昨日はVさん・Mさん夫妻宅に招かれ夕食をご馳走してもらった。

沖縄出身のVさんが作ってくれたのはもちろんウチナー料理。
初めて食べたのに何故か懐かしい味がした。
割烹着を着たオカミさんが1人でやってる居酒屋で、
カウンターに並べてある「おふくろの味料理」、みたいだった。
(そんな居酒屋も行ったことないんだけれど)
どれもおいしくていくらでも食べれそうだったが、
薄味に慣れた関西人なのでご飯ばかり食べてるうちに腹が膨れてしまった。
悔しい、、、。

上の写真は食後のお茶を飲んでいるシーン。
ペルー出身のMさんが税関をくぐり抜けて持ってきたコカの葉で作ったお茶だ。
高緯度に住むペルーの原住民はこのコカ茶を飲んで高山病を乗り切っていたそうだ。
このお茶を飲む前に、ペルー産の強いワインを飲んでほろ酔い気分だったんだが、
なぜかこのお茶を飲むと急に意識がはっきりしはじめた。どうやら血行を促進してくれるみたいだ。
勉強しているときに飲むと最高のお茶だと思う。

話題は、シャガール、貧困、フジモリ政権、映画「モーターサイクルダイアリー」等で盛り上がっていた。
そして気付いたらいつのまにか12時をまわっていた。
終電がないのでわざわざ家まで送って頂き、しかも、貴重なコカ茶のティーバッグまでお土産でもらい、至れり尽くせりだった。
本当楽しい一時でした。あと、素敵なアパートでした。Vさん・Mさん、ありがとうございます。

最近、ふと思う。

じつは皆、Mixiというネットワークサイトを通じて知り合った。
昔はネットを通じた出会いに対してネガティブに捉えていた。
でも、逆に昨日の皆さんと普通のパーティーなどで出合っていたら
ここまで気軽に深く付き合える仲まで発展していっただろうか?
いかがわしい目的でネット上の出会いを求めるのはどうかと思うが、
合コンとは全く逆のプロセスで始まるこういう出会いも素晴らしい、と思う。

(でも「オフ会」という呼び方は嫌い。)
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-13 00:25 | 雑記

ナイーブ

今日は上野のホームレスについて調査を行ったAの講演会を聞きに言った。
もう彼女とは私的に何度も話してるので、何も新しいことはなかった。
が、内心、「俺なら違うアプローチするな」と思うことが何度かあった。
もう一度このトピックに戻るのも悪くない、と思った。

講演の後、Aや担当教官、他の教授と供にFaculty Clubと呼ばれる大学のゲストハウスで夕食。
帝国ホテルよりかも遥かに気品がある、うちの大学自慢の洋館だ。
アメリカンインディアンの絵がたくさん壁に架けられた通称”Savage Room"という場に通された。
ホームレスの話題で盛り上がりながら食べた極上のステーキは美味かった。

途中で話が日本人の性癖の話になった。
上野にいるホームレスの女性は売春婦の人はいないのか?
ホームレスはヘルス等で性欲を満たしているのか?
なぜか話が飛躍して日本人男性はなぜ中国のセックスツアーリズムに行くのか?
日本人の男は何故コンドームを使わないのか?
教授も含め、大いに盛り上がっていた。
他国の性癖について語るほど、自己を正当化できることってないのかも。
もちろん、唯1人日本人だった自分は黙って話しを聞いていた。

学問なんてナイーブじゃあやってられんな。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-11 16:00 | 雑記

大学とイデオロギー

昨日は日記を書き終えた時点でパソコンが凍った。
書き直す気力が残ってなかったので寝てしまった。
さて、今日は大学とイデオロギーについて。
(イデオロギー=特定の集団の利益を最大化させるために用いられている思想・考え)

今年の新入生に1人中国本土から来ている子がいた。
今日初めて話したんだが、なんとも形容しがたい印象の強烈さだった。
後で別の人から聞いたところ、彼女は精華大学の社会学部で修士過程を終え、うちの人類学部に来たそうだ。
なんと彼女は現役バリバリの中国共産党員。一度はデモに参加して、アメリカ大使館に石を放ったこともあるそうだ。
キャピタリストピッグの頂点に立つこの大学で彼女はどう変わって行くのか、興味深深だ。

今日もライシャワー日本研究所でパーティーがあった。
警視庁から特別研究員として来ている人がいて、所長に紹介されていた。
「○○さんは、『日本における青少年の非行の原因』について研究しています」と説明されたとき、場内が一瞬凍った。
こんなイデオロギーが前面に出た研究課題を聞いたのは久しぶりだったので、皆驚いていたに違いない。

ある学科の同期の子と研究課題の話をしていた。
彼女は移民が本国での暴力的政治活動を支援するような状況について研究したいそうだ。
ユダヤ人である彼女が真っ先に思い浮かんだのがイスラエルとユダヤ系アメリカ人の関係。
しかし、それを教授陣に話かけたところ誰からも支持されず、地域をスリランカに変えるかもしれない、と話していた。
イスラエルの政治問題はアメリカの大学の研究課題としてタブーになっているという噂は聞いたが、それは本当なのかも、と思った。

以上。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-10 12:20 | 雑記

3人の審判

フェインウェーパーク(ボストンレッドソックスの球場)で働く3人の審判がバーに飲みに行った。
酒が進むにつれ饒舌になり3人がぶつかり合うように「なぜボールとストライクがわかるか」議論し始めた。

1人は現実主義者。
ストライクとはホームベースの上、そしてバッターの膝から胸の間をボールが通過すればストライクだ。
それは絶対的基準で合って審判は客観的に判断できる、と言った。

2人目は認識論者。
所詮、誰もが主観に左右されるのであって絶対的な基準なんて存在しない。
審判の気分が変わればストライクゾーンだって変わるはずだ、と言った。

3人目がじつは審判になりすました人類学者だった。
「お前達ばかだなぁ」と、他の2人を嘲笑した。
「ストライクとボールなんて、俺達が声を上げてアピールしない限り存在しないんだよ」

この話は実際に人類学者が論文に載せてました。誰が書いたか、は忘れましたが。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-08 13:50 | 文化人類学

演出する空間

新宿南口のサザンテラスに行っていつも思うことがあった。
「ここでいちゃつくカップルは大勢の人に見られて恥かしくないのか?」
「千葉とか埼玉からわざわざいちゃつきに来たんじゃないの?」(千葉・埼玉の人ごめんなさい)
おそらく地元人がいちゃつくには恥かしすぎて居心地が悪い場所なんだと思う。
でもテレビや雑誌で取り上げられる「素敵な場所」なら遠出してでもいちゃつきたい、と思わされるような。

こんな風に、劇場のステージのように演出する舞台として設定されてる空間ってないだろうか?
通行人が観客となり、演出する本人も見られているのを意識して行動を起こすような空間。
疎遠・無秩序な人間関係が前提の公共空間からポンっと抜け出すような空間だ。
しかも、その空間では事前にメディアから知らされた認識に基づいて演出する。
もちろん、全ての人が演出に参加するわけではなく、またその空間が自然発生するわけでもない。
ただ、「演出する空間」を歩いていると、少なくともビジネス街を歩いてるときとは違う関連性を他人と感じてしまう。
社会学的な言葉を使うとAnomyじゃなくなる。

例えば旅行に行ったときなんて、特に舞台で演出している気持ちにならないだろうか?
フィレンツェの大聖堂なんて行けば、誰もが頭の片隅に「冷静と情熱のあいだ」を思い出さずにはいられんだろう。
別に恋愛だけでなくても、日本海の荒波を見たらどことなく物憂げな遠い目をしてしまう、とか。
少しナルシスト的に役柄を演じることで、日常とは異なる生きた感覚を味わえてしまう。
だからこそ日常の憂鬱に耐えれるのかもしれない。

注意深く街を見渡すと、演出する空間は至るところにあるのかもしれない。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-08 00:02 | 文化人類学

答えはいらん

Uncanny...juxtaposition of seemingly contradictory/ paradoxical ideas, activties and things,
which reveal multiple and diverse meanings through their comparison and conflict.


「クレタ人は嘘つきだ」とクレタ人が言ったら、それは真実だろうか?
矛盾する2つの要素が1つのメッセージの中に並列的に含められると、
その矛盾のせいで意味が固定化せず、ずっと不安定になる。この状態をUncannyと言う、らしい。

人間はどうしても合理性を求めてしまうので、Uncannyなものを突きつけられると一種の混乱に陥る。
例えて言うと、その混乱は合わせ鏡の間に立ったときの心境みたいなものだと思う。
見たくないのに永遠に続いていくものを見てしまうような感覚。終点が欲しいのにどこにも出てこない。
人間は理性的だからこそUncannyなものは感情を揺さぶっていく。

黒澤明の映画を見ているとこのUncannyな場面が多い。

たとえば「乱」。
負傷した侍が死体の転がる戦場で何かを必死に探す。
まだ弓矢が飛び交う危険な状態なのに。
ようやく見つけたのが切られた自分の右腕。
それを冷徹に眺める。
一体この侍は正常なのか狂っているのか?
説明が付かない。
(ちなみに全く同じシーンがスピルバーグの「プライベートライアン」にある。)

たとえば「夢」。
第一夜で狐の嫁入りを見てしまった少年の話がある。
怒った狐は、少年の母親に短刀を渡し、少年に切腹するよう言伝を頼む。
家に戻ってきた少年を母親は締め出し、短刀を持って1人で狐に謝りに行かせる。
その最後のシーンがなんともUncanny。
遠方には暗く連なる山々。
手前には虹と花畑が広がる。
少年がその境目に立っているところでエピソードが終わる。
幼少期には不安と希望が均等にあって、
だからこそ心が混沌としている点が見事に描かれていた。

黒澤明だけでなく、このUncannyな表現方法を使っている芸術家は多い、と思う。
日本人なら月岡芳年、西洋人ならピカソ、かな。
絵画だけでなくて、写真やドキュメンタリーでも応用できないだろうか。
どうでしょう?

<追記:下のコメントに書きたかったんですが長くなりすぎて載せられなかったのでここに書きました>

>Jさん Uncannyの定義なんやけど、「感情に不協和もたらすことがら」だとあまりにも広くて、なぜどうやって不協和音をもたらすか、の部分が抜けてると思うんですよ。そこでこの日記の最初に書いた定義は、担当教官の授業で、Ivyの本を読んだ後、皆で議論したあとに作った定義なんです。つまり相互に矛盾する考え、行動、物事が配置されたとき、それらが反発しあうことにより起こる不協和、意味の多義性のこと、としてUncannyを再定義したのです。だから、JさんがUncanny Modernityの授業(超面白そうな授業やね)で習った定義とは異なるかもしれん。感情に不協和をもたらすことがらは別に内在する矛盾要素の並列によりのみ起こるとは限らないとは思うんですが、俺はUncannyという言葉を使うときは、その定義に乗っ取って使っております。
 そこで、実体そのものがUncannyということはありえない、という話ですが、たしかに認識という段階に至らないと、Uncannyにはならないとは思います。ただ、これはひねくれた言い方かもしれませんが、実体がなかったら認識も起こらないんじゃないんでしょうか?この話を突き詰めると、「卵と鶏どっちが先か?」という話になるので、ここじゃ省略しますけど、俺は何かしらの状況でUncannyと他人に想起させてしまう実体側も重要視しされるべきだと思います。Jさんの疎開児童の例(これは飢えをしのいでるはずなのに笑ってる、というような写真なんかな?)で言うと、戦争という歴史背景や疎開という国家行事がなければ、その子供が「疎開児童」の写真として収められなかったわけで、そのような実体を無視するとただの記号の解釈論に陥るような気がします。別に実体と認識のどちらに重きを置けという話ではないですが、どちらも同じくらい重要視されるべきだとは思います。
 最後にじゃあなぜ写真という媒体がUncannyを表現する手段として難しいかと言うと、それは見る側の基準に左右されやすく、また写真の中で表現できる時間、空間の幅が極度に狭いからだと思います。文章という表現方法なら「ヒトラーが『私の命令に従うな』と命令した」と、別に過去に起こった事実でもないことを勝手に作り上げて、かなり固定された意味でUncannyなものを作れるけど写真ではそうはいかない、と言いたかったのです。
 どうでしょ?

<またコメントが長くなったのでこちらに書きます>
人類学をやっていると自己矛盾したメッセージが文脈によっては適切な場合がある、というのはよく聞く話です。でも、Jさんの白熊の例と結論はポイントがずれてると思います。まず、白熊の例は、話者自身が「北国にいる熊はみんな白いけど私は北国で黒い熊しか見たことありません」と言うならわかるけど、質問者が勝手に作った前提(北国にいる熊は全員白いのでAは絶対に白い)に対して、回答者はその前提に繋がる答えを出していないだけだからです。回答者側には矛盾は何もないんじゃないかな?というのも、文脈を考えると前者はただ自分の経験以上のことは語りたくない、と言ってるだけで、後者は自分達の意見を言わないような年功序列の論理が働いてるだけ、と思います。クレタ人もヒトラーの場合も「前提」と「結果」が1つのメッセージの中で矛盾してる、という点でJさんの例とは違うと思います。
 ただ、クレタ人もヒトラーも実話じゃないので、じゃあ実際に自己矛盾してるようなメッセージを矛盾として何の問題もなく交換している場合はどうなんか、と聞かれた場合は知りません。もしクレタ人が「クレタ人は皆嘘つきだ」と言ったとしても、それは、外国人に対してクレタ人のずる賢さをアピールしたい、という文脈では十分に整合性があると思います。では文脈がメッセージの意味を決定する、としたらそれこそまさに認識の差異を固定化して強調するよりも、文脈という実体に焦点を当てたほうがいいのじゃないでしょうか?あ、でもこれは少し論点が違うな。
 押し付けの話なんやけど、俺は別にUncannyという特定の読み方を当人達がそうじゃない、と言っているのにそう読み取れと決め付けてるわけじゃないです。もし当人達がUncannyじゃない、と言っているのならそれは矛盾がなく一貫性があり、ただ第3者が気付いてないだけの話なんじゃないでしょうか?それとも「誰もが皆論理的だ」という前提は近代的構築物なのにそれを俺が無批判に受け止めている、という考えなんでしょうか?おそらく、近代的ReasonとLiteracyというのは、共通言語を口頭でなく文字として習得し、文脈に支配されない抽象的次元でコミュニケーションを取れるようなことを言うんだと思いますが、では文字じゃなくて抽象的じゃなければ論理的じゃないのか、となると疑問が湧きますし、それでも論理があると立証してる民族誌は多いと思います(アザンデの魔術のようにね)。
 なんかこんなこと書くと小学校のときによくいた嫌味な学級委員長みたいで嫌なんですが、一応考えを述べさせてもらいました。どうでしょ?もしコメントにおさまり切らないようでしたら遠慮なくメールして下さい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-06 16:04 | 雑記