<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

職人気質

先日、日ハムが優勝して引退する新庄ばかり取り上げられてましたが、自分は小笠原が好きです。
言葉少なげにただヒットを量産する野球の職人です。淡々と目前の仕事だけをこなす姿に憧れます。
WBCで日本が優勝したとき、彼のコメントは「一番になったことは今まで無かったので嬉しいです」
という、個人で成績を上げながらもチームの優勝を味わったことのない陰の立役者的存在を象徴してます。

人類学でも同じなのですが、「人類学とは何か?」という大きな問題を自分の書く民族誌と何も
関連させずに書いている学者よりも、専門的な狭い分野でただ黙々と民族誌を書いている学者の
ほうが尊敬できます。これは何も実証主義的、もしくは経験主義的にフィールドワークをすることを
闇雲に肯定しているのではなく、自らの専門領域は何かとわきまえた上で淡々とその領域内で、
一目につかない貢献を挙げる姿勢の方が素晴らしいと思います。しょせん人類学という体制内で
「人類学とは何か?」というような持論を説いても、たいして生産性があるとは思いません。そのような
仕事は科学史や文学などの専門家に任せ、体制外から批評を下してもらうほうが生産的だと思います。

話は急に飛びますが、昨日、ある学会で自ら妊娠したアメリカ人の女性が日本における出産の儀礼と
清浄化について研究していることを発表しておりました。妊娠したからこのトピックを選んだのか、
それともこのトピックのために戦略的に日本に来る前に妊娠しようとしたのか、とても気になるところ
でしたが、自らの身体的経験を研究に利用する姿勢には驚きました。言葉通り体を張っているわけ
ですが、個人的にはこういう人類学者が好きです。身重で苦しそうに発表する姿には心打たれました。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-30 01:46 | 文化人類学

ようはどの社会にも観察者という役割がないのが問題なのです

人類学入門の授業を教えていた指導教官が、ある日フィールドワークについて話していました。

「もし、私が朝起きたときに部屋の片隅に変な男が立っていて、ひたすらノートを取っている場面を
想像して下さい。例え私が同じ人類学者だとしても直ちに『何してんだ!出てけ!』と叫んでしまい
ますよ。人類学ではフィールドワークが前提となっていますが、どの社会にも観察者という役割などが
与えられているわけではなく、観察者のようで観察者でないような役割を自ら築いて行く必要があるのです。」

この彼の言葉が今身に染みて理解できます。まったくどの社会でもどの組織でも観察者という役割は
存在せず、だからこそ観察者でなくとも受けれ入れてくれる場所でしかフィールドワークとはできない
ものなんです。そんな当たり前のことを頭では理解しながらも実際にフィールドワークをしに来た
のがそもそもの間違いなんですな。あー、これからどうすっかな。

ところで、この授業のときに指導教官は昔、東京のある下町でフィールドワークをしていたときの
経験を語っておりました。彼は積極的に町内会のイベントに参加してデータを取っておりました。
その中には近所のドブ掃除があるようなときでも町会長さんに知らせてくれるよう頼み、一緒にドブを
さらっていたわけです。そして、今でもたまに日本に帰って来たときに昔の町会長さんと出会うと、
「今度またドブ掃除があるからやってくかい?」と声をかけられるそうです。

ハーバードの教授としてすら認識されないほど溶け込めるのは羨ましい限りです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-28 00:52 | 文化人類学

矛盾の歴史、歴史の矛盾

以前読んだ論文で、あるユダヤ系ドイツ人の農薬学者の話がありました。

時は20世紀初頭、その頃ドイツでは「外来種」の虫がドイツの農地を荒らしておりました。
それは「ジャガイモ虫」と言って、当時アメリカから盛んに輸入されていたポテトに紛れ
入って来た害虫でした。それがドイツのポテト畑を襲い、被害は甚だしかったそうです。
ジャガイモ虫はドイツでそれまで使われていた農薬では死なず、政府も躍起になって
この外から入って来た「侵入者」を駆除するための農薬開発に力を挙げたのです。

そこで国内の農業研究所で所長の役にいたあるユダヤ系の科学者がこの虫の駆除に
名乗りを挙げました。彼は農薬の毒素を強めることを最初に考えました。しかし、彼の
考えたスプレー型の農薬では空中に飛散してしまい、またジャガイモ虫は弱まっても
しぶとく別の場所に逃げる忍耐力を持っていたのです。それでもなんとか即死させる
方法はないか、と彼は考えを練っていたました。そこで思い着いたのが、大きな密封性の
袋を農地に被せて、その中に揮発性の農薬をまくという方法でした。この新薬の効果は
抜群で、ジャガイモ虫を一掃させた後、シラミの駆除にも使われるようになりました。この
学者は「外来種の侵入者」を駆逐した英雄として新聞でも取り上げられたのです。

その後、ドイツではヒトラーが政権を握り、ユダヤ人への迫害が始まりました。当然、
このユダヤ系科学者も職を追われ、その後彼が亡命したのか、そのまま強制収容所に
入れられたのかは不明のままです。しかし、彼の残した業績はまた別の利用法を見いだし
ました。

ガス室によるユダヤ人大量虐殺には、彼の発明したクロチンBと「密封」という考えが使われたのです。

(ちなみにこの論文を書いたのはドイツ人の科学史家でした。)
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-27 00:03 | 文化人類学

フィールドノートの書き方

人類学者は、実地調査を行うときは必ずフィールドノートというものを書き留めます。
見たこと、聞いたこと、何でも詳細に記述しておいて、将来論文を書くときのデータを
貯めておくわけです。実際にはインタビューなどをしている時間よりも書いている時間
のほうが長いのが現状です。

さて、自分の場合だと将来は英語で論文を書くため、日本語で会話が行われるにも
関わらずフィールドノートは英語で書いております。しかし、英語だと語彙は乏しいし、
書くのに馬鹿みたいに時間がかかります。今日などはある方と1時間半ほどお話をしたの
ですが、その内容を書き残すのに4時間近くかかりました。しかも、最初は英語で書いて
いたのが途中でどうでもよくなり日本語の混ざったいい加減なものに変わって来ました。
例を挙げると、「The tone of his voice was サバサバ」など、ここまでして混ぜるなら
いっそのこと日本語で書けばいいじゃないか、と自分で突っ込みながら書いてました。

しかし、重要なのは書き続けるという行為であって、その流れを止めてしまうのが一番
まずいことなのです。記憶なぞ全く当てにならない、ということが書いてみるとよくわかり
ますし、また書くことで頭の中が整理され、反省点や今後の改善点、はてには新たな
理論的なひらめきなどが起ってきます。村上春樹がマラソンを走るのと長編小説を書くのは
似たような精神活動だと言っておりましたが、まさしくそうで、書くという行為を続けると
頭もランナーズハイの状態になり、活性化されているように思います。なので走るように書け、
と常に自分に言い聞かせております。書きながら「ランナー」を歌ってしまう時すらあります。

でも、夜の11時に書き始めて気づけばすでに朝の3時。
もし規則的に毎日インタビューなんて行えば睡眠不足必至になりそうです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-24 03:06 | 文化人類学

フランス旅行日記 その2:ユダヤ人歴史博物館とパンテオン

クリミア戦争勃発後、あるユダヤ系フランス人の軍曹がスパイ容疑で裁判にかけられました。彼の冤罪を証明するために作家のゾラ、そして社会学者であったデュルケイムが弁論に立ち会いました。同じユダヤ人として同胞意識があったのは確かですが、デュルケイムは自らが提唱する「連帯意識」の概念に基づいて次の演説で見事に裁判官を説得させました。

「私はこの軍曹個人を擁護しているのではない。彼を守ることでフランス国家が培ってきた平等概念を擁護しているにすぎない。平等概念という連帯意識に例外を持たせることで、彼を不当に扱うと国家という集合体を崩してしまうことになるのだ。」

ユダヤ人の軍曹の名前はアルフレッド・デュルフス。この裁判は「デュルフス裁判」として歴史に名を刻みました。

パリ2日目。初日にエッフェル塔、凱旋門、ノートルダム寺院など有名どころを回ってしまったので、この日はどこに行くかで皆の意見が別れました。英語を話せる人間が1人でもいないと駄目なので、兄弟とは離れ、年寄り組と行動を共にすることにしました。とりえあず午前はオペラ座に行ったのですが、午後はルーブル美術館に行くという意見で一致しました。

しかし、個人的にはモナリザやミロのヴィーナスなど全く興味が湧きませんでした。これらの作品は”本物を見た”という事実を自慢することにしか価値がなく、写真で見たことがあるものをわざわざ人ごみの中で見ても何の感慨も起きんだろう、とふてくされた考えをしてたのです。とは言ったものの、別行動を取って他に行きたい場所があるわけでもなく、どうしたものか、と考えあぐねておりました。

そして、一同地下鉄でルーブルまで向かっていたとき、ある駅にて2M四方もの大きなポスターが貼ってありました。髭面で眼鏡をかけた凛々しい軍人の白黒写真でした。そして、右下にデュルフスという名前が書いてありました。

はて、どこかで聞いた名前だなぁ?と考えていたときに上の話を思い出したのです。デュルフス本人はどうでも良かったのですが、社会学・人類学の理路的土台を作ったデュルケイムの名演説の写真を見たい、と思い別行動を取ることに決めました。一応、年寄り組をルーブル美術館まで送り届け、その後、デュルフスの特別展示会をしているユダヤ人歴史博物館まで行って参りました。

が、

行ってみたものの、英語の説明が部分的にしかなく、展示品の説明の9割がフランス語のみだったので、全く理解できませんでした。写真やら新聞記事などが展示されていたので、わからないなりにもDurkheimという名前だけは見逃さないように、1つ1つ説明を読んでみたのですが、彼に関する展示はゼロでした(作家のゾラに関してはいくつも展示品があったのですが)。名演説だと思っているのは社会学者や人類学者だけだけなのでしょうか?悲しいものです。収穫は受付のお姉さんがとても綺麗だったことだけでした。

b0017036_0415652.jpg

その後、まだ時間があったので、地下鉄を乗り継ぎパンテオンまで行ってみました。ここはセイント聖矢に出て来るあれではなく、17世紀頃から歴代のフランスの偉人を埋葬してある、いわば国のお墓です。たしかに法学者のルソー、化学者のキュリー夫人、作家のユーゴーなどの棺桶がおいてありましたが、半分は過去の戦争で偉業を成し遂げた軍人の棺桶ばかりでした。これでは遊就館とあまり違いないな、とナショナリズムが間違った方向に向いているのに溜め息がでました。作家のカミュや哲学者のデリダ等もっと誇れる偉人がたくさんいるだろうに、悲しいものです(ナポレオンとド・ゴールが埋葬されてないだけましかもしれませんが)。

こちらがマニアックな期待を持っていたのが悪かったのか、ちょっと幻滅させられた1日でした。期待を裏切らなかったのは道行くパリ・ジャンヌのお洒落さだけでした。Vogueからそのまま出て来たモデルじゃないの?と思わせられるような綺麗な方が普通に多くいました。この点はショッピングモールに均質化されたアメリカとは違うと感心いたしました。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-21 00:43 | 雑記

何とかなりました

今月末に海外へ引越しする友人が丸ごと家具をくれることになり、もう何も買わずに済むくらいで新居に移れそうです(MeiFangさん、ありがとね!)。初期費用を19万以下で間に合わせ、しかも家具も貰えるとは、幸先よいスタートとなりました。このままフィールドワークも順調なスタートを切って欲しいもんですな。

個人的には日本で秋を過ごせるのをとても楽しみにしております。ボストンでは2週間もすると夏から冬に変わるので、日本のようにゆっくりと秋を楽しむことができませんでした。さらに帰国するときはいつも夏か冬なので、一番良い季節を逃してばかりでした。3年分の秋を取り戻せるよう、枯葉が敷き詰まった銀杏並木を散歩し、さんまを食べまくり、キリンビールの秋味を堪能し、さらに贅沢言わせてもらうなら、一度温泉にも行きたいもんです。

ってこんなにやりたいことだらけで当初の目的を忘れ、引き篭もりフィールドワーカーになりそうで怖いです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-09 00:42 | 雑記

ようやく

東京で1年間暮らすアパートが見つかりました。

高円寺のロフト付、築30年の狭い格安物件です。
しばらく浦安の従姉妹の家に身を寄せておりましたが、
来週の水曜には移ります。居れても1年くらいしか住まない
ので、家具も格安で探そうと思っております。

と、いうわけで、もしいらない家具をお持ちの方は随時受け付けておりますのでご一報下さい.
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-06 09:24 | 雑記

b0017036_13493839.jpg

姪の京香ちゃん(3才)です。

ビザの更新のためにロスに住んでいる兄嫁が京都に一時帰国していたので、晩飯に娘を連れて来てくれました。幸運なことにゴリラのような兄貴には似ず、母親似でたまらなく愛おしいです。普段は孫と会えることができない両親は、ここぞとばかり溺愛しておりました。親父なぞは「京香ちゃんと飲むために後20年は生きなきゃな~」と、パーキンソンズ病で左手を震わせながら言っております。

b0017036_1353742.jpg


そして、今朝、京香ちゃんがピアノを弾きたいというので、埃を被った我が家のピアノの前に座らせました。そして、家にあった人形をピアノに置くと、1つ1つの動物に合わせて弾き語りをしてくれました。

「わんちゃんわんちゃん、ワンワンワン」

「くましゃん、くましゃん、ウォーウォーウォー」

ジャンジャン鍵盤を叩きながら歌う京香ちゃんに対し、「喜田太郎もビックリなくらい上手やなぁ」と、シュールなお世辞を言ってみると、気をよくしたようで、今度は楽譜を見て弾きたいと申し出てきました。

子供用の楽譜を開いて鍵盤の前に置くと、そこには自転車に乗った女の子を追いかける犬の挿絵がありました。すると、京香ちゃんは「次は自転車の歌を歌うな~」と言ってくれました。

「じてんしゃー、じてんしゃー、じてんしゃーに足をはさまれたー」

と、歌い出しました。さらに、続けて

「わんちゃん、わんちゃん、わんちゃんもはさまれたー」

と何故か血なまぐさい歌詞になりました。兄嫁に確認してみると、この前自転車の後部座席に乗せていたときに足を挟まれて泣いてしまったそうです。トラウマとは変なところで甦ってくるものです。

その後、さぞかし娘を寂しがっているであろう兄貴に国際電話をかけました。やはり嬉しいようで「すぐ代わってくれ」とせがんできました。「京香ちゃん、パパが電話で話したいって」と呼んでみると、「イヤーッ!!」と耳をふさぎながら絶叫してました。何度も何度もパパと話して、とお願いしても、今すぐ泣きそうな顔になってきたので諦めました。

これまたゴリラ顔にトラウマのようです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-10-01 13:53 | 雑記