<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Grade Inflation

アイビーリーグの大学では学部生の価値を下げないように成績基準を緩め、ほとんどの生徒
にAが与えられるという現象が起っております。良いとこ出のお坊ちゃま、お嬢ちゃまに悪い成績
が付こうものなら親からのクレームに曝され、寄付金も集まらないというわけです。その最も悪
しき例としてよく挙げられるのがうちの大学。「馬鹿でも金さえありゃ卒業できんだろう?」と世
間では冷たく見られております。

では、成績を与える立場の人間からして実際のところどうかと申しますと、答えはYes and No
です。講義式の授業や専攻の必修科目となっている授業では、大学院生がTA(授業補佐員)
として評価を行っているので成績基準は厳しく保たれています。この1年間で自分が担当した
授業では、ちゃんとできの良い生徒・悪い生徒を区別し、AからDまで満遍なく成績を配分しま
した。

しかし、高学年用の小さなゼミとなると基準は緩くなるようです。これは上に述べた理由より
も、生徒のレベルが確実に上がっていることに加え、生徒ー教授間の関係が密接になってくる
からでしょう。この点は日本の大学でも同じなのではないでしょうか?

ただ1つ言えるのは、この大学では異常なほど成績に執着している生徒が多いことです。これ
までの人生で常に成績優等生だったせいか、A以外の成績が付くのが考えられない、というよ
うな生徒がよくいます。

例えば先学期、ある生徒にA-を与えたところ「私の成績はAのはずなので成績を書き直して
下さい」とのクレームが来ました。こちらが丁寧に何が悪かったのか説明しても気に止めず、一
方的にAだと主張してきましたが、メールの遣り取りを5回ほどしたところで先方もようやく諦め
ました。

今日も同じようなことがありました。とても親しくしていた生徒が成績をメールで聞いて来たの
で、A-だと答えました。すると彼は担当教授に「フミは他のTFより成績基準を厳しくしていると
言っていたので、基準を公正にして下さい」と訴えたメールを送ってました。そんなことを言っ
た覚えはなく、なぜA-なのか説明したはずですが、それでも本人はAを取るのが当然だと
思っていたようです。親しく接してきたのもいい成績を取りたいがためだったのかな、と思い直
すと悲しいものです。

自分の経験から言うと、成績というのは努力に比例しているので、成績が悪ければ自らの落ち
度を認めるのが当たり前でした。むしろ成績が悪ければ次への改善点が把握できて良かった
のですが。

長々と書いて何が言いたかったのかと言いますと、グレードインフレーションが起こり得るのは、
ただ大学側の責任でもない、ということです。確かにうちの学部生の全体的なレベルは高いか
と思いますが、まず第一に謙虚さを学んで欲しいもんです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-31 15:52 | 雑記

音声的浦島太郎

最近友人のブログや色んなサイトを見ていると、文末に「w」が付いていることがあります。
最初はタイプミスかと思ってましたが、あまりにも多くの人達がしているので何かしらの記号
だと気づきました。どなたか「w」の読み方・意味のわかる方は是非教えて下さい。〜と一緒?

P.S Yahooニュースの芸能欄を見ると、日本で近頃HGというゲイのふりした芸人が
流行っているそうで。彼の叫ぶ「フーッ!」や「フォーッ!」が流行語大賞に選ばれかけたん
ですよね?これも字面だけ知ってて肉声を知らないので、なぜ流行してるのか薄気味悪
くて仕方ありません。来月帰国しますが、一番最初に知りたいことの1つです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-20 16:11 | 雑記

こりゃたまらん!

b0017036_13421818.jpg
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-16 13:42 | 雑記

ストラヴィンスキー

この月曜日、「東京」の授業を取っている4人の生徒が武光徹の曲目を
カルテットで演奏してくれた。演奏してくれた、と言っても期末レポートの
代わりとして評価して欲しい、と申し込んで来たためである。腕に自信がある
ということを確認した上で担当教官が容認し、演奏会が実現となった。

そのうちバイオリン担当の男子生徒が自分の担当するセクションにいた。
ディスカッション中はあまり発言せぬものの書くレポートはまともなので、ただ
内気な生徒だと思ってたところ、途中から立て続けにセクションを休むようになった。
このままだと成績に響くので本人にメールしてした。すると「すいません、今、ヨーロッパ
ツアーでイギリスにいるので授業出れてないんですよ。埋め合わせはしますので」
とのこと。どうやら彼はうちの大学の音楽学部で学びながらもすでにプロとして
世界中で演奏しているような大物だったのだ。

カルテットでの演奏も彼がリーダ格として見事に率いていた。自分のような
素人でも、そして例え武満徹の曲目が難解でも、彼のバイオリン捌きは別格だと
わかった。ただ無表情に席に座っているセクションでの普段の姿とは大違いである。

後で別のTFから聞いたのだが、なんと彼の浸かっているバイオリンはあの
ストラヴィンスキーの作ったものであるらしい。素人なのでよく知らないけど
それってたしか数千万くらいするやつなんですよね?現物を見れただけでも
成績をAにしてあげたい気分である。しかし、前にも書いたミスコリアもそう
だけど、この大学で教えていると意外な有名人に会えて楽しい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-13 15:34 | 雑記

愛犬家王国(その2)

昨日の話をしてから何だが、一般的にアメリカ人は犬を育てるのが上手いと思う。
こちらの犬は主人の命令を良く従い、他の犬とも喧嘩せず、人見知りしたり怯えたりする
ことも少ない。特に不思議なのは日本の犬のように小便をして縄張り争いをしない点だ。
これまでに3匹も犬を飼ってきたのに、ことごとくしつけに失敗しているので感心してしまう。

なぜここまで犬の飼い方に違いが出てくるんだろう?叱るのではなく褒めて餌をあげながら
育てるからだろうか?日本のように四六時中綱をつないで散歩するのではなく、大きな広場で
走り回り、犬のストレスが少ないからだろうか?自分が思うに、飼い主が幼少のときから他の
犬と交わる機会を増やし、ちゃんと犬を社会化させているのが大きな要因だと思う。

うちの大学のキャンパスでも夕方になると犬の散歩をしている人達でごった返す。
沈む夕日を背に、フリスビーやボールを追い駆け回るわんちゃんの姿はじつに牧歌的だ。
特に素晴らしいのは、飼い主同士が知り合いでなくても、お互い同意した上で犬を綱から
外し、一緒にじゃれさせて遊ばさせている点である。まるで団地の砂場で子供を遊ばせる
お母様方如く、他の犬達と混じり合わせる機会を進んで作っているのである。

つい先日、勉強で疲れたので図書館の外にある階段に座り休憩していたところ、
ある中年男女の飼い主がそれぞれの犬をじゃれさせようと綱を放そうとしていた。
一匹はゴールデンレトリーバー、そしてもう一匹は名前は知らないけど黒の大型犬だった。
綱に繋がれている最中から2匹ともお互いの顔を近づけてじゃれ合い仲が良かった。

飼い主達が笑顔で綱を放し、さあ、これから2匹仲良く芝生の上を駆け巡るのだろう!

と、思っていたところ、

ゴールデンレートリーバは即相方の後ろに回り、パコパコやり出したんである。

唖然として言葉の出ない飼い主達。せせら笑いながら通り過ぎて行く通行人達。

しばらくして「No! No!」と叫びながら2匹を離そうとするも、愛の津波に身を任せる
わんちゃん達は誰にも止められない。背に受ける夕日が波打つ金髪に反射し、
キャンパスのど真ん中で腰を振り続けるレトリーバー君は恍惚の表情をしていた。
普段は殺伐としているキャンパスにてかくも美しき愛のドラマが広げられるとは!

一仕事終えたわんちゃん達を綱に繋いだ後、飼い主達は交わす言葉も少なく
別方向へと去っていった。同じように図書館の階段から眺めていた見物人達は
腹がよじれるほど笑っていた。「ちゃんと去勢手術してたんかなあ?」と、自分は
心の中でいらぬ心配をしていたものの、いい気分転換ができて満足だった。

b0017036_13323528.jpg

我が家のゴンちゃんは頭を撫でようとすると噛みついてきます。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-12 13:33 | 雑記

愛犬家王国 (その1)

只今、夜8時。学部のオフィスにて生徒の論文を採点しているんだが、
廊下で2匹の犬が喧嘩している模様。キャンキャン、ヒンヒン吠えまくり。
ある教授の秘書が連れて来ているハスキーとおそらく別の教授が連れて来た
犬とが喧嘩を始めたようである。学校に平然と犬を連れてこられるリベラルな
雰囲気は素晴らしいと思うんだが、ここまで行くとさすがに問題である。

担当教官も同じく愛犬家である。オフィスに行くといつも愛犬モリーちゃん(♀)
がドアに向かって吠えて来る。そしてドアを開けると廊下に走りだすので大変である。
一度、担当教官と真剣に論文の話をしていたところ、部屋の片隅で寝ていた
モリーちゃんがおもむろに起き出し、担当教官の元へ近づいていった。すると
椅子に座っている彼の又に顔を埋め、「ムフーッ!!」「フンッフンッ!!」と
鼻息荒く匂いを嗅ぎ始めたんである。「これ、モリー!やめなさい!」と叱るも
モリーちゃんは又から外さず、必死に匂いを嗅いでいた。「ほら、モリーちゃん、
ドッグフードですよ」と担当教官が餌で釣ろうとするのも無視する勢いだった。

一部始終見ていたこちらは笑いを噛み殺すのに必死だったのである。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-05-11 09:25 | 雑記