<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

歴史の判定者は誰なのか?

ラマダンで空腹の極みにあったインドネシア人のDに誘われて一緒にインド料理を食べに行った。
最初はたわいの無い話をしていたのだが、途中でDのお祖父さんが日本語を話せるという話題
になった。理由は第二次世界大戦中インドネシアが日本の占領下にあったとき、彼のお祖父さん
は日本軍が建てた小学校に通っていたということである。同じような話は台湾人のYからも聞いた
ことがある。彼女のお祖父さんにとっては日本語が第一語で中国語は戦争が終わった二十歳から
学び始めたらしい(李登輝元大統領も同じ状況だそうで、彼の中国語は台湾人からすれば拙い
そうだ)。日本の植民地主義という負の遺産は中国と韓国との関係でよく語れるが、植民地の
歴史を国家規模で断罪しようとしない日本の旧殖民国に目を向けると複雑な様相を帯びてくる。

Dが話すに、彼のお祖父さんは日本軍に感謝しているそうだ。オランダの占領下では一般の
インドネシア人は教育の機会すら与えられなかったが、日本軍は例え日本語を強要したとすれど
教育を義務化させたことは素晴らしく思っているらしい。「しかし、それは安価な労働者として搾取
しやすくするための教育に過ぎなかったのじゃないの?」と反論すると、「たとえ搾取が目的で
あっても、オランダは金を毟り取ることしか考えてなかったさ」とあくまでも日本を擁護していた。

そこで、これは現在の日本の歴史家でも右派と左派で解釈の論争になっているのだが、
と断った上で「第二次世界大戦で日本がインドネシアを占領しなかったらオランダの
植民地主義を終わらせることができなかった、とインドネシア人は考えているんだろうか?」
と聞いてみた。Dは少し考えた後、「答えはイエスだ」と言った。「インドネシア人にとって、
オランダに対する憎しみのほうが遥かに上回っており、日本の占領なんて所詮一時的な
ものにしか思っていない。そして何よりもオランダ軍を追っ払ったという功績のほうが、我々に
とってありがたかったさ、」と答えた。

その答えに正直驚いてしまった。むしろ、そんなことは言わないでくれ、と変な呵責を感じた。
そこで、「日本がインドネシアを占領したのは、中国南下政策を続ける上でABCD包囲によって
困窮していた石油の供給を確保するために占領したに過ぎない。大東亜共栄圏という
スローガンの元、西洋を駆逐しようとしていた大義なぞ、所詮、太平洋戦争が始まって
10年後に作られたイデオロギーに過ぎず、その裏側にはただ石油を奪うという利益の追求
しかなかったんだ」とDに反論した。しかし、「たしかに原因は別のところにあったかもしれないが
それでも結果は良かった。それに見ろ、日本は戦後もODAを与えてくれてインドネシアの
近代化に貢献してくれているじゃないか。インドネシアにとっては日本のポジティブな面しか
見えないよ」と言う。ODAの貸与こそ「借り」を与えて間接統治するネオコロニアルな政治じゃ
ないのか、とさらに反論すると「お前の考え方はリベラルと思い込んでいる学者の典型だな」と一蹴された。

たしかにそうだ、とそのとき納得してしまった。植民地的力学を批判することだけにしか意義を
見出さない自分の考えで盲目的になっていたのかもしれない。そして、そのように批判しようと
する姿勢すらも特権的立場に酔いしれているだけなのかもしれない(これは昔から考えていた
ことだけれども)。それでも心の片隅ではDに「お願いだからそんな肯定的なことは言わないで
くれ」と懇願している部分があった。一体歴史の判定者は誰なのだろうか?それよりも歴史とは
過去の出来事を忘却・取捨選択した上で、「現在」を正当化するためにしか生まれないのだろうか?
少しきまづい雰囲気で黙ってカレーを食いながら、そんな問いが頭の中を巡っていた。

さて、帰りにDが我が家に寄って行った。たまたまどら焼があったので緑茶と一緒に差し出す。
美味い美味いと褒めちぎっているDに「ほら、ドラえもんってインドネシアでも人気だろう?
これはドラえもんがいつも食べているあのお菓子だよ」と伝えると「えーっ!これがあのお菓子なの!?
どうりでドラえもんがあんなに美味しく食べてるわけだ!」とさらに感激したようである。おそらく
この感激は、よく漫画で出てくる想像上の「ビヨーンてのびる骨付き肉」を食べたような感激だった
のだろう。想像上でしか見たこと無い食べものを食べれて羨ましいなぁ、と少し嫉妬してしいた。

b0017036_23172091.gif

ああ、これ食べたいな!!
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-29 15:29 | 文化人類学

砂の曼荼羅

b0017036_1333512.gif
今週、世界宗教研究所にてチベット仏教僧が砂の曼荼羅を作っている。
今日見てきたのだが、まるで顕微鏡を使って作ったかの如く精密に出来ていて
感動してしまった。例えば餓鬼道に描かれた餓鬼の腹部はちゃんとポコンと浮かび
上がるように描かれ、また細かな指の動きまで砂で表現されていた。集中力と根気の
いる作業を黙々と余所見もせずに続けるチベット僧に感服。そして、何が素晴らしいか
と言うと完成された曼荼羅を明日水に溶かして壊してしまうことである。壊すために
作る、という刹那の果敢無さを芸術として実践しているのが素敵だ。

明日の正午には水に溶かされてしまうので、ボストン在住の方は是非ともお見逃しなく!
場所はハーバードキャンパスの北端にあるCenter for World Religionsにて。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-28 13:47 | 雑記

興奮し過ぎ

構造主義という人類学の最もジューシーな部分を教えるとなると
こちらとしては楽しくて仕方がない。前の日記で最後の方に述べた
通り、今週はFather Christmas Executed(サンタクロースの処刑)
というレビ・ストロースが書いた11ページ程度の論文を扱った。
詳細は抜きにして、これはアメリカ・プエブロインディアンの神話と
中世ローマの神話と現在のサンタクロースに関わる習慣にどのような
関連性があるか、まさに空間・時間を超越した共通項を探る構造主義の
醍醐味のような論文だ。そしてそれがアメリカのサピアやウォルフの提唱した
言語相対主義や、イギリスの社会進化論や伝播主義に対してどう挑戦して
いるのか、という点を生徒に伝えるのが一番の目的だった。

もう生徒が理解しているかどうかを抜きにして、1人半笑いを浮かべ独白状態。
「ほら、ここの神話のこれこれこういう事項とあの神話のこれこれこういう事項
との関係を見るとこれこれこういうに項対立的関係で繋がってるのがわかるでしょ?
な、すげえだろう?」と黒板に色んな図式を描きながら悦に入っていたのである。

そして、最後には「いいか、レビ・ストロースにとっては言語の違いなんてどうでも
いんだよ!ようは脳みそが+と-に別けて世界を認識してるだけで、言葉の違い
なんて浅はかなもんなんだ。そして歴史の変化すら彼には関係ないんだ。歴史の
変化なんてさらに同じに項対立的序列を強めるためだけにあるもんなんだ!」と
言って、No Historical Change!!と黒板に大きく書いたときにはチョークを
折ってしまった。じつは生徒は他の論文も読まされていたのに、気がついたら
この論文一本だけで1時間経っていたのである。

皆唖然としている中、生徒の1人が最後に手を挙げて質問した。
「あのう、フミ、構造主義ってStructurismじゃなくてStructuralismっていう
スペルじゃないの?」 その指摘で初めて我に返り、板書した構造主義という
言葉を眺めると全てStructurismになっていた、、、、。しかも、生徒に送った
構造主義入門の中もStructurismと書かれていた、、、。

ああ、本当穴があるなら埋めてくれ、って気分になりましたよ。
ちなみに今日は生徒に授業の評価アンケートを書いてもらった。
結果が恐い、、、、。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-27 14:35 | 文化人類学

疲れた、、、、

今週末は授業のために下記のようなものを作っておりました。
エドマンド・リーチの「レビ・ストロース」を引用して作った構造主義入門。
本当は色んな絵が書かれているんですが、 ウェブにどう載せるかわからない
ので、途中で変な記号がばらまかれています。

Very Short Introduction to Structuralism
Based on Claude Levi-Strauss (1970) written by Edmund Leach

(A) What is Levi-Strauss’s objective?

He aimed to discover fundamental truths about the nature of human cognition by comparing the details of human culture on a worldwide scale. Therefore, for him, the diachronic study of history and the synchronic study of different cultures are same. His ultimate goal was to find out how all events are parts of a single totality, or structure in human cognition.

(B) What is structuralism? It goes like this:
(1) We perceive the disorderly external world through our senses.
(2) The human brain interprets it as if it consisted of discontinuous segments.
(3) The human brain searches for an appropriate representation of a binary opposition (plus/ minus) and selects a binary pair.
(4) Having set up this polar opposition, the human brain is dissatisfied with the resulting discontinuity, and searches for an intermediate position, not plus/not minus.
(5) It goes back to the external world and chooses something as the immediate signal because the brain is able to perceive it as a discontinuous intermediate segment lying between two poles.
(6) Thus, the final product is a triangle, which is a simplified imitation of a phenomenon of nature as apprehended by the human brain.

-Example: Traffic-Signal Color Triangle
(1) The color spectrum exists in nature as a continuum, and we perceive this continuum through our eyes.
(2) The human brain, however, interprets it as if it consisted of distinct segments of color.
(3) The human brain selects green (plus) and red (minus) as an appropriate representation of a binary pair.
(4) It is not satisfied with the binary pair and looks for an intermediate position, not green/not red.
(5) Then, it goes back to the original natural continuum and chooses yellow as the intermediate signal because yellow is perceived as a segment between green and red.
(6) Thus, we have a three-color triangle (Green—Yellow—Red), which is a simplified imitation of the color spectrum:
Yellow

Green Red
For Levis-Strauss, what we use as the three-color traffic signal is simply transferred from this three-color triangle. The natural structure of the color relations (Green—Yellow—Red) is the same as the logical structure relating the three instructions (Go—Caution—Stop):



High (Change) Yellow
(Caution)
Luminosity
(Continuity)


Low (No Change) Green Red
(Go) (Stop)

Short Long
(Move) (Don’t Move)
Wave Length
(Movement)

The object of this exercise is to find out how relations which exist in nature are used to generate cultural products which incorporate these same relations. His thesis is that by noticing how we apprehend nature, by observing the qualities of the classifications which we use and the way we manipulate the resulting categories, we can find the universals of human cognition that exist only at the level of structure, not at the level of manifest fact.

(C) Where did Levi-Strauss get this idea?

-Levi-Strauss was influenced by the phonemic analysis of a structural linguist, Roman Jacobson. Jacobson claimed that young children gain control of the basic vowels (a, u, i) and consonants (k, p, t) so as to generate meaningful noise patterns in a standardized sequence.
(vowel triangle) (consonant triangle)
a k


u i p t
(1) The child first develops the basic vowel/ consonant opposition by discriminating a contrast in loudness:
Vowel Consonant
(high-energy noise) (low-energy noise)
(loud-compact) (soft-diffuse)
(2) The undifferentiated consonant is then split by discriminating pitch—a low-frequency (grave) component (p) and a high-frequency (acute) component (t).
Grave Acute
(low frequency) (high frequency)
k


p t

(3) The high-energy (compact) velar stop consonant (k) then complements the
undifferentiated high-energy (compact) vowel (a) while the low-energy (diffuse) consonants (p, t) are complemented by corresponding low-energy (diffuse) vowels (u-grave, i-acute). The whole explanation can be represented by a double triangle of consonats and vowels:
PITCH
Grave Acute
Compact (low frequency) (high frequency)
a(k)
LOUDNESS

u(p) I(t)
Diffuse

-Levi-Strauss argued that if all human beings are capable of using a language and conveying information, then, the code in which cultural messages are exppressed must have the same algebric structure. So, just as Jacobson’s vowel-consonant triangles represent the binary oppositions of compact/diffuse and grave/acute which have become internalized into the child’s computer-like mental processes, we can also construct a traffic signal triangle to represent the binary oppositons of high/low (change/ no change) and short/long(go/stop), which are internalized in our cognition.

(D) What does structurism have to do with myth?

-Levi-Strauss argues that myth expresses
(1) unconscious wishes which are inconsistent with conscious experiences, and
(2) an underlying message which is manifest as a whole rather than in any particular myth.

-Therefore, like the analysis of the traffic-signal color triangle,
(1) Myth can be broken up into segments, or individual characters
(2) Individual characters are often interchangeable (like colors and instructions), and sets of relationships among them reveal certain common logics.
(3) Mythology as a whole constitutes a single system (language) and each individual story is a syntagm of that system.


(D) In “Father Christmas Executed,”

(1) how does Levi-Strauss describe the common logics or relationships that can be found among three groups in the three myths:

(Pueblo Indians) (Modern French)

Katchima Synchronic Father Christmas
Comparison
?

Children Adults Children Adults



? Diachronic Comparison


(Medieval French)

Abbe de Lisse



Children Adults

(2) how does “present-giving” mediate the transactions between children and adults?
(3) what is a message as a whole, which underlies these three myths?
(4)What does Levi-Strauss means by saying “pagans prayed to the dead, while Christians prayed for the dead? ” Why does he think that the diachronic transformation from the Abbe de Lisse to Father Christmas indicates an improvement in their relationships with death?
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-25 12:21 | 文化人類学

缶詰

今年からオフィスが貰えた。しかし、それが窓も時計もない素部屋。
こんなところで勉強できまい、と決め込んで今まで使っていなかのだが
今日初めて勉強してみると意外ともの凄く集中できた。時間を気にする
ことなくひたすら本を読み詰めるのもまたオツなもんである。朝10時から
夜の8時。外に出ると真っ暗で、一日タイムスリップした気分になった。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-23 14:30 | 雑記

Dark Energy

今日はMITで教鞭を取っておられるC教授の講演に行ってきた。
タイトルは「日本アニメと著作権」。C教授は昔日本のヒップホップ
について研究されてたが、今はインターネット上で日本のアニメを
交換するアメリカ人のオタクについて研究されている。今日初めて
知ったのだが、わざわざ無償で日本アニメに字幕を付け、世界中
にファイルを流している集団がいるらしい。彼らの献身的意欲を説明
するために「Dark Energy」 (!)という言葉を使っておられた。

講演の内容はともかく、聴衆層がすごかった。この講演は日米関係
プログラムという官僚・学者の交流を図るために設けられたもので、
普段はとてもお堅い方ばかりで肩身が狭い。しかし、今日は「あんた
絶対大学の人じゃないでしょ?」というロン毛のおじさんや、女の子の
アニメキャラがプリントされたTシャツを着た太った青年など、まるで
アメリカ版秋葉原に紛れ込んだ気分になった。講演後の質問タイムも
余りにもテクニカルなアニメ用語が飛び交い、全く理解できなかった。
まさにDark Energyが渦を舞くような熱気だったのである。

「MITで日本のアニメについて教えていたらさそかし人気があるでしょう?」
と講演後にC教授に話しかけると、ずばり大盛況だそうだ。今年のゼミは
生徒が多すぎてくじ引きする羽目になったそうな。アニメというタイトルで
客寄せするのはせこい気もするが、需要に合わせるのも大切なんだろう。
(ちなみにうちでは「侍」というタイトルの歴史の授業がある。これも大盛況)。

話は変わるんだが、日本研究をする人類学者を見る限り、皆さんフィールドワーク
を行った場所の土地柄というか人柄というようなものが体に染み付いている気がする。
担当教官はたしかに下町気質だし、ホステスクラブを研究されていたA教授もしぐさが
とても優雅だ。そして、このC教授は声がでかく話し方ものりのりである。クラブで調査
してたから大音量に負けずに話す癖が染み付いたそうな。一種の職業病ですな。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-19 10:10 | 文化人類学

言われなくてもわかっているから

b0017036_14595685.jpg

ホットメールをチェックするといつもこの広告が最初のページに出てくる。
自分のように禿やすい職業の人間をピンポイントで標的にしてくれているのは
いいのだが、図書館でメールをチェックするときにこんな写真がでてこられても
困るのである。今日は肩越しに見ていた女の人に「ぷっ!!」と噴出されてしまった。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-17 15:05 | 雑記

かわいい

木曜日のセクションjは何故か水曜日のよりも楽しい。
まあ同じ内容を二度話しているので気が楽というのも
あるんだが、それに加えて生徒の雰囲気がよく議論が
盛り上がる。1年生が多いせいかやる気満々である。

そんな中、1人変わった子がいる。いつも考え込んだ
顔して手を挙げるんだが、当てると「やっぱりいいや。
また後で答えます」と引っ込んでしまうのである。1度や
2度でなくそれが毎週続いている。ひょっとすると生徒が
的外れなことを話すと無意識に怪訝な顔をするので
間違ったことを言ってしまわないか恐れているのかも
しれない。しかし、引っ込んでしまうときに見せる彼女の
照れ笑いがなんともかわいい。かわいすぎて「勇気を
出して言ってごらん!」と心の中でいつも応援している。
そんな彼女が昨日初めて発言したんだが、「いやぁ、いい点
ついたねぇ~!」とやけにベタ褒めしてしまった。

このことを相方に話すと、「生徒に手を出しちゃいけない
ルールがあるのはわかるけど、そんな扱いしてその子が
フミに気を持ち始めたらどうするの?」とお叱りを受けた。
「いや、そんなこと絶対無いって」、と否定するも「でも
あったら嬉しいとか思ってるんでしょ?」と突っ込まれる。
嬉しいかも。

そんな相方は以前に一度だけ見学に行った人類学の授業で
教授が格好良かったので大はしゃぎしている。履修もしていない
くせいに、「来週のオフィスアワーのときに話に行こうかしら」と
言っている。なんだ、自分のことじゃないか、こんにゃろう。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-16 00:00 | 雑記

謝りたい

今日のディスカッションでは、奥の方に座っていた女の子が
堂々と寝ていた。普段はよく話す子なので今日はたまたま
疲れていたんだろう、と大人な解釈をするもやはり腹立たし
くなってしまう。こっちは準備のせいで3時間睡眠なんだぜ、
という怒りを抑えコメカミを震わせながら話をしていた。

自分が通っていた大学は日本人と外国人の教授が半々
いたのだが、よく考えると決まって居眠りしていたのは、
日本人の教授が教えていたときだった。彼らの教えている
内容は精密なんだが、どうしても迫力がなく眠気に負けていた。
逆に外国人の教授はあまりまとまりがなくても気迫があり、
いつも真剣に耳を傾けていた。教えるパフォーマンス度の
高さはやはり外国人の教授の上回っている気がする。

そのように違いをわかっていてもいざ自分が授業をすると
同じように気迫のないものになっている。英語がおぼつかず
説明するときに専門用語に頼りきっているのが悪い。でもやはり
一挙一動におけるパフォーマンス力が身に染み付いてない気がする。

その点、指導教官の教え方は素晴らしい。別に人類学など興味が
なくても、聞いているだけで楽しくなるように教えている。今日なぞは、
中国でお供えものとして燃やされる偽札をいきなり教室の中で燃やし出した。
(意外にも火の勢いが強くて少し危なかったが。)そしてその後、本物の
20ドル札を取り出し、ライターを近づけて燃やそうとする。すると生徒達は
「ダメー!!」、「燃やすなら私に下さい!」と叫んでいた。そして、彼は
「なぜ2つともタダの紙切れなのに君達はそんなに違うリアクションを示すのかね?」
と掴んでおきながら認識人類学の理論を説明し始めた。いやはや、参りました。

彼のようにまでとはいかなくともやはりパフォーマンス力は重要だと思う。
しかし、今日初めて昔居眠りしてしまった日本人の教授方に謝りたくなった。
あなた方も自分がコックリする姿を見てコメカミを震わせてたんすね、、、。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-13 14:36 | 雑記

アラバマの盲人5人

先ほどI-Tunesで買い物をしていたら懐かしい曲に出会った。
The Five Blind Boys of AlabamaというゴスペルグループのHushという曲。
名前の通り、アラバマから来た目の見えない5人の黒人のおじいちゃん達が歌っている。

じつは大学でゴスペルを歌っていたとき、赤坂Blitzでこの人達の前座を務めたことがあった。
なぜか別のバンドのコンサートが本番2週間前にキャンセルされ、たまたま日本に来ていたこの
おじいちゃん達が代役をすることになった。しかし知名度がないので、集客数を増やすためにも
うちのサークルが前座に呼ばれたのである。Blitzなぞめったに入れないのでこちらも願ったりだった。

当たり前だが、2週間前に出演が決まったところで客など来るはずがない。収容人数数千人の
Blitzに20人くらいしか客は入っていなかった。暗く閑散としたホールに向かって、大声で歌う
ほど、コダマで帰ってくるのが皮肉だった。歌っている人数の方が大きいなんて初めてだった。

プロデューサーの方に歌い終わった後は観客席に移って場を盛り上げてくれと頼まれていた。
「目が見えないからわからないだろう」とのこと。言われてたとおり最前列に総勢70人が
向かう。そして、目の見える白人のおじさんが先頭で引導しながら、肩に手を当てて一列に
なって5人のおじいちゃん達が登場してきた。マイクの置かれた椅子に彼らが座り終わる
まで、我々は必死になってはピー、キャー声を騒ぎ立て「満員御礼」を装っていた。

歌は古きのどかな南部の黒人聖歌。正直なところあまり上手いとは言えなかった。
それでも低音の深さやしゃわがれた声が格好よかった。歌が盛り上がると、興奮し出した
おじいちゃんがいきなり立ちあがったり、本人は正面を向かって歌っていると思っていても
体が横に向いてしまったりと、マイクから離れてしまうことが何度かあったので、こちらは
見ながらハラハラしていた(その都度一緒に歌っていた白人のおじさんが直していたんだが)。
なんだかんだ言っても最終的には歌に引き込まれ、サクラであることを忘れて熱狂していた。
出てきたときと同じように列を作って彼らが退場したときは、皆心の底から拍手を送っていた。

その後楽屋に戻り、おじいちゃん達と皆で挨拶を交わす。楽屋の片付けをしている際に
1人トイレに向かうと、おじいちゃんの1人が廊下で手すりにつながりながらウロウロしていた。
「どこに行きたいのですか?」と英語で話しかけるとトイレを探しているということなので、手を
引いて一緒に向かう。便器の前に立たせ、「ここで大丈夫ですよ」と言うと「ありがとう」と返事
される。ちゃんと的に当たるのを見届けながら、こちらも横の便器に立って小便を始めた。

そのとき、おじいちゃんが「Hush,Hmmmm~、mmm~、Hush」と口ずさみ始めた。
ゆったりのんびりと彼の深い声がトイレにコダマする。尿意が消えていく心地良さも手伝ってか、
彼はとても幸せそうだった。サングラスのせいで表情は見えなかったが目尻は笑っていた。
こちらも彼の低音が腹に響いたせいか、勢いよく出しながら歌声に聞き入っていた。
2人で、ジョーッ、としぶきを上げてバックミュージックを演奏しながら作ったステージ。

最後に彼が「Hush」と歌い切ったところで、2人とも小便が止まった。静まり返った中、
何を話かけてよいかわからず、とりあえず「ありがとうございます」と言ってみた。
すると、「いや、こちらこそありがとう」と返事をされた。

帰りはサークルの友人達と赤坂ラーメンに向かった。寒いにも関わらず外の屋台で
豚骨ラーメンを啜った。満腹感で幸せ一杯になりながら、赤坂から四ツ谷までの
道のりを歩いて帰る。もちろん、「Hush,hmmmm~、mmm~、Hush」と口ずさみながら。





(この話は先ほど小便をしながら過去に訂正を加えて考えたフィクションです。)
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-09 03:27 | 雑記