<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

クールに熱く

リンクにも貼ってあるAshida氏の日記で、昔のことを思いだした。
「抑制された熱さ・タメの効いた表現」というのが当事の寮の仲間内で流行っていた(極一部だけど)。
日記にも書いてあるように、ジャミロクアイの音楽はベース音がリピートしている曲が多く、盛り上げるのを堪えたタメのようなものがある。
これは、起承転結的に爆発→終焉を迎えるのではなく、Ashida曰く「盛り上がらず反復することで、ある種呪術的な高揚を作り出す」。
意図的に抑制されたクールな熱さ。Ashidaが言うようにこの切り口は確かに色んなことに応用できる。

Ashidaはもちろん写真について語ってるんだが、民族誌についても同じことが言える。
民族誌というのは特殊な書体ジャンルで、その名の通りある民族集団の生活様式や思想体系などを実地調査に基づいて描いたものだ。
もちろん、理論的な土台があるのだが、実地調査をするぶん、かなり具体的な描写を織り交ぜなければならない。
そして、そのバランスがいつの時代も議論の火種となっている。

堂々と斬新な理論を提示して「どうだ、文句あるか!」というようなスタイルもたしかに魅力的だ。
でも、最近読んだ中で「これはすごい!」と納得させられる民族誌は全く異なる。
とても具体的な描写をしているのに、その背景には脈々と流れる理論的視点が織り込まれている。

例えば、チェルノブイリ原発事故後のウクライナにおける、
医療補助と市民権の矛盾を描いた「Life Exposed」という民族誌を以前に読んだ。
その中の一章で、被爆ランクを決定する医師の姿を描写した部分がある。
次から次へと診察室に入ってくる被爆者たち。それぞれ感情を露にして苦痛を訴える。
しかし、医師はまるで機械的に患者の訴えを退けていく。
医師も疲労と感情の起伏を押し殺し、一日中延々と同じ事を繰り返す。

一見したところ「だから何なのだ?」と思われるシーンなのだが、これはマックス・ウェーバーの「鉄の格子」という理論を如実に写している。
それはある政策が実施されると、目的を到達するためだけに合理化が進み、ドライな官僚主義のもと人間の内面性が失われる、という理論。
読者が人類学や社会学を学んでいる人ならば、別に理論を明確に提示せずとも何を言わんとしているのかがわかるのだ。
動いているのに止まっているような描写。これは簡単そうでなかなか難しい。

というわけで、もし「抑制された熱さ・タメの効いた表現」を民族誌に応用するならば、
ものすごく具体的なことを書いているのに、その背後には何かしら普遍的な主張がされているスタイルだと思う。
このBlogもそういうスタイルで書くよう努めているのだが、いかんせんまだまだ未熟者だ。
いつの日か読者の皆様に、「呪術的な高揚」を与えることができるのを夢みている。

追記
昨日の質問に答えてくれた皆様、ありがとうございました。
友達には結果をメールで送っておいたので彼の卒業制作にも役立つと思います。

あと右上の写真を自画像に変えました。
一度、このホームページを通じて会った人がいるのですが、
文体からは全く顔が想像できない、と言われたので顔も出してみることにしました。
これからも下ネタをどんどん提供していきたいと思います。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-16 13:05 | 文化人類学

教えて下さい 2

建築を専攻している友達が「癒しの空間」をテーマに卒業制作をするそうだ。
そこで「どんなときに一番癒されるか教えてくれ」、というメールが来た。

やはり川辺で夕日を眺めてる瞬間が一番いい。
センチメンタルに心揺さぶられるのが気持ちいい。
それにヒグラシが鳴いてたらさらにいい。

でもこれは鴨川と共に育った京都人的発想なのでちょっと嫌味だ(エへ!)。

平素から「コンクリートジャングル・THEトーキョー」にお住まいの方々はどこで癒されてるんだろう?
東京にいたときは、癒されたいなんて思ったら負け、という緊張感が常にあったので考えたこともなかった。

推測すると、
(1)温泉・スパ  
(2)彼氏の腕枕・彼女の膝枕
(3)アロマ&クラシック
(4)ひたすら部屋で三角座りして虚空を眺める(ヨダレ付き)

くらいの選択肢しかないように思うんですが?
こう考えると癒されようとするって結構苦労しますな。
マイナスイオンに届く前にプラスイオンにやられそうだ。
まあ(2)が一番いいけど、本当に癒されたいのなら(4)だと思う。

というわけで、皆さんの「一番癒されるとき」を教えて下さい(特に東京人)。
ご意見広くお待ちしております。

追記
自分にはまだまだ癒されるときがありました。
(1)レズビアンの女の子(特にネコ系)と話してるとき
(2)ふぐのヒレ酒を飲んでるとき(極楽)
(3)サウナとビール(もう殺して下さい)
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-15 12:09 | 雑記

積年の思い

受験勉強をしていた頃、村上春樹の小説を読み漁り、東京で送る大学生活について夢を馳せていた。
貧乏仲間が寄り添って鍋を囲み、政治から恋愛まであらゆる事を話してるうちに夜が白けていく。
そして、ドテラを着て近くの銭湯に行き酔いを醒ます。あとは雑魚寝して授業なんかそっちのけの毎日を送る。

何の因果か、両親に寮へ入ることを強制されたのでこんな大学生活は夢に消えた。
寮は寮で良かったのだが、やはり鍋をしたかった。心地良い狭さの空間で募る腐れ仲間みたいなのに憧れた。
ようやく1人暮らしができるようになったと思ったらアメリカに来てしまった。鍋は買ったものの日本人が周りにいない。
つくづく鍋運がないと嘆いていた。

しかし、最近ようやく鍋を囲める友人が増えてきた。
先週に引き続き、今日も日本人仲間を呼んで我が家でおでんをした。
好きな音楽かけて雑多な話をして泥酔する友人がいる。
ああ、これが長年願ってた風景だな、と納得した。あとは銭湯さえあれば完璧なのだが。

ボストンはすでに雪が降り出す寒さになったのでこれからは鍋をしまくりたい。
あとはどうやって時間を作り出すかが問題だ。鍋運の強い人間になりたい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-14 16:10 | 雑記

シャーマン

b0017036_11212775.jpg

                                       超アヴァンギャルド
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-13 11:24 | 雑記

ボストンは寒くなりました

昨日はマイナス3度まで下がった。
「う~さぶぅ~」
と、首を引っ込めながらアパートに滑り込んだ。
夜に歩くのは寒すぎるので図書館から帰る時間を早くしようか、と考え直した。
かじかむ手で玄関横の郵便箱を開けると一枚の葉書が落ちてきた。
b0017036_1171756.jpg

葉書はある航空会社で働いている友達からだった。
格安で乗れる会社の便を使って、今はタヒチで遅い夏休みを楽しんでるそうだ。
「南太平洋の青い空に青い海。ゴーギャンが古城の様だと称した山々。ここはまさに楽園のような景色が広がってます」

、、、、、、ギャフン。

夏に帰省したとき彼女と食事したのだが、そのときに旅行計画の話を聞いた。
タヒチ→イースター島→サンチアゴ→リマ→ボストン
「これ全部10万円以下で周遊できるのよ」と彼女は豪語していた。
なぜかそのときタヒチとハイチを勘違いしていて、
「タヒチはこの前クーデターがあって閉鎖されてるんじゃなかったっけ?
だから止めといたほうがええよ。そのぶんボストンに長くステイしたら?」と必死になって説得していた。
ちょっと引いていた彼女は、「まあ考えとくね」とだけ返事した。

ボストンに戻ってきてから一度も連絡がないので旅行の件がどうなったのか気になっていた。
すると葉書には最終地点が「ロサンゼルス」と書いてあった。
会社のパイロット訓練生がいる訓練所に行く予定だそうだ。
彼女の航空会社は、パイロット訓練生が海外研修に行く寸前に
社内恋愛のスチュワーデスさんと結婚して連れて行くのが慣習だそうだ。
「これから旅立つ同僚のカップルを成田のカウンターで見送ると幸せすぎてたまらないの」と言っていた。
そして入社する前に大学時代の男友達と付き合い出したのを嘆いてた。この夏に会ったときにはもう別れていたのだが。
まあ、そりゃボストンよりロスだわな。

じつはこれで彼女から送られてきた葉書は4枚目。
過去はプラハ、バンクーバー、フィジー。
自社の便が行くところは全て周る予定だそうだ。
そうじゃないと普段コキ使われている元が取れないらしい。
「次はボストンにも遊びに行けるといいなあ」
この締めくくりも4回目。

あのときは真剣にタヒチとハイチを間違えてただけなんだけどなぁ。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-12 11:53 | 雑記

ヒーローV.S 斜めに構える人達

アメリカの大学院に通っている、とある女の子のサイトに書かれていた話。
その子は生物を勉強していてTA(授業補佐)の研修を受けているときに医学部生と一緒になったそうだ。
暗く卑屈に世の中を見る生物学生に比べて、医学生はむしろ王道を歩いてきた煌びやかさがある。
医学生は幼少の頃からヒーロー的役目を果たしてき、将来は人を助けるというすばらしい道義に向けて生きている。
それに比べ、PhDをやっている院生はどうしても斜めに構えた姿勢が身に染み付いてる、そうだ。

同じような場面に出くわしたことが自分にあって、つい読みながら笑ってしまった。

おそらく生物学-医学の関係が、人類学-政策学の関係に似ていると思う。
この前、国際教育政策学というマスターコースに在籍している日本人の女性と食事した。
外資金融の大手で数年働いたあとにそのコースに入り、卒業後は国連のユネスコで働きたいそうだ。
「教育は万人に与えられるのが義務である」という哲学に揺らぎがなく、それを妨げる貧困絶対に撲滅する、と熱く語っていた。
もちろん、それを聞いている自分は「ふぅん、へぇ、ほぉ」と適当な相槌を打っていた。

なぜか酒の話になり、彼女は全くの下戸だと話はじめた。そして一度だけ急性アルコール中毒で病院に担ぎ込まれたそうだ。
それがメキシコで開かれた「女性のための貧困撲滅大会」のような議会に参加したときだったらしい。
レセプションのワインを2口ほど飲んだだけで意識を失い、病院で点滴を受けた。
しかも保険がないので莫大な治療費を自腹で払ったそうだ。

それを聞いたとき飲んでたビールを噴出しそうになった。
「何それ?『貧困撲滅に向けてかんぱーい!』
とか言ってアル中になったの?わざわざメキシコまで行って?」
と、むせながら言うと、
「だって仕方ないでしょ、お酒弱いんだから」
と言われた。皮肉が通じてなくて残念だった。
貧困が無くならないわけだ。

しかし、向こうからすれば象牙の塔で机上の空論ばっかしている学者なんて
なんの価値もなく見えるのだろう。斜めに構えて口だけの人間が一番無用なんだろう。
アフリカの飢餓について「世界システム論」を使って構造的搾取関係がある、とか
希望という言葉は金になる、なんて言っても仕方ないんだろう。

ヒーローと斜めに構える人達が肩を寄せながら同じキャンパスにいるのに、平行線は続いていく。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-11 10:16 | 雑記

文化表象・経験・主観性

昨日読んだ本(A Problem from Hell)と見た映画(Once We were Worriors)から。

Genocide。
今では当たり前のように使われている民族抹消という言葉。
じつはこの言葉が生まれてからまだ50年ほどしか経っていない。
ポーランド系ユダヤ人のレムキンという法律学者が作った造語だ。

彼はナチスによるユダヤ人虐殺を寸前のところで逃げ切り、
ユーラシア大陸を横断して日本に渡り、船でアメリカに亡命した。
彼は第一次世界大戦が終わったときからユダヤ人虐殺が簡単に起こりうることを察知し、
「野蛮的行為の禁止」という言葉で、民族抹消を禁止する原則を各国家に遵守するよう全力を尽くした。
しかし、誰も彼に耳をかさずナチスの虐殺は始まった。亡命先のアメリカでも彼が命拾いしたときの悲惨な経験を誰も信じなかった。

そこで推敲を重ねて単純明確かつ誰にもでもわかる言葉を作ろうとして生まれたのがGenocide。
ギリシャ語でGenoは民族・文明を意味し、Cideは死を表す接尾語。
第二次世界大戦が終わり、ようやく国連で認証された。
はたして、レムキンが生きてきた過程がなかったらこの言葉は生まれなかったのだろうか?

マオリ族のハッキダンス。
よくニュージーランドのラグビーチームが試合前に踊る勇ましい踊りだ。

昨日見た映画は現代マオリ族家庭の崩壊を描いた生々しい暴力満載のものだった。
父親は無職・酒飲みで妻に暴力を振るう。
長男はマフィアに入り家に帰ってこない。
次男は窃盗で捕まり少年院に幽閉される。
そして13歳の長女は父方の伯父にレイプされ自殺する。
妻は途方に暮れながらもまだ幼少の三男・四男を育てていかなければならない。

まるで行き場のない暴力が内的に循環することで動いてる家庭だ。
しかし、長女の葬式で次男が少年院で覚えてきたハッキダンスを踊る。
溜まりきった怒りを天に雲散させるように。
最後のシーンは、酔い狂う父親に妻が離婚を宣告し、
子供を連れて生まれ育ったマオリのコミュニティーに戻る。

ハッキダンスを通じて民族の誇りを回復し、退廃から脱出する。
これは映画特有のあまりにも単純なプロットかもしれない。
しかし、それ以上に漫然と繰り返される暴力が悲惨すぎるので
ハッキダンスというのがその吐け口として機能するのも納得してしまう。

さて、突然だが三角形を思い浮かべて欲しい。
その3つの角に文化表徴・経験・主観性があり、主体を形成しているとしよう。
ポストモダン批判が起こってから人類学は経験・主観の側面をないがしろにして
メディア論やカルチャースタディーのように文化表象だけを取り扱うような傾向になってきた。
どれだけ実地調査をして「当事者の視点から研究」しようとしても他人の内面や、経験の影響など知りうるものではなく、
それは人類学者が勝手に作りあげた虚構だ、という批判に耐えられなくなってきたからだ。
そして、主体なぞは文化表象に支配されているのだから、文化表象だけ見て理論化すればいいという風潮になってきた。
もしくはそのような支配から逃れたり抵抗したりする点に重きを置いて主体関与(Agency)という言葉を作りあげたりしてきた。
そして、その根拠にフーコーやデ・サルトルなどのセクシーな学者に拠り所を求めてしまう。

しかし、上の2つの例のように、暴力などで生み出される体験や主観性が”余剰”を生み出すことがないだろうか?
そしてそれが文化表象をも動かしていく可能性はないだろうか?
身体的存在とは外から内に支配されるだけのものではなく、内から外へと向かう原動力も兼ねそろえてないだろうか?
このような主張はロマン的な個人主義として批判されるのだが、
フィールドワークという最も文脈に適した調査方法を用いる人類学がなぜ体験・主観性を捨ててしまう必要があるのだろうか?

文化表象論の嫌いな理由。

追記
慶応大学の渡辺靖という人類学教授がサントリー学芸術賞を取ったそうだ。
ボストン在住の上流階級ワプスとアイリッシュ系移民の家庭を比較しながら「American Family」について書いた民族誌。
じつはこの方、全く学歴が同じで上智からハーバードの人類学に来られた。
去年、ライシャワー研究所に客員教員として来ていたので挨拶したのだが、飲みの約束をしたまま実現せずに終わってしまった。
今は日本のメディアにおける反アメリカ主義を研究されているそうだ。
この人も文化表象に移ってしまったのか、と思うと少し悲しい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-10 08:49 | 文化人類学

ありえん

今週は多忙極まっている

・金曜日にあるPolitical Ecologyという院生のワークショップで捕鯨についてプレゼン
 前の論文を書き直して提出し、プレゼン用の原稿も作成
・修士終了試験の勉強会のために過去問を2つ解いてレポートを作成
 これも金曜まで
・月曜に担当教官の授業でプレゼンがあるのでその打ち合わせを木曜日にやることに
 幸い、前に読んだことのある本なので助かった
・とある教授に頼まれた日本語の新聞記事を翻訳
 頼まれてからすでに1ヵ月近く経ってるので、早くしないと、、、
・担当教官の研究補助
 戦後マグロ漁の歴史資料を調べるバイトをしてるんだが一週間に5時間割かないといけないのがつらい
・唯一の救いはレッドソックス祝勝会を兼ねて土曜にまた我が家でおでんをすること
 そのときには燃え尽き症候群が出てるかも

これプラス普段のコースワークがあるのでたまったもんじゃない。
じつは今日も日記で書きたいことがあったのだけれども長くなりそうなので手早く愚痴に。

今日は学校始まってから初雪だった。

追記
只今朝の4時。
昨日は5時間しか寝てないのに全く眠れない。
忙しいと逆に気持ちが高ぶるので困る。
明日もやること一杯あるのに、、、。

暗闇の中どういう経路で妄想が行き着いたのか、
アメリカに来てから全く見てないものを考えていた。
そこで、ああ、これは、って思い出したのが日傘。
アメリカ人は絶対日傘なんて使って紫外線予防しない。

夏の夕暮れ、まだ暑さも残る中、美白美人が日傘を差しながらか空を仰ぐ。
こういう景色が懐かしい。そういう日本人が恋しい。

と、思ってたらこれは「三四郎」に出てくる一シーンなことに気付いた。

オチは無いのであしからず。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-09 14:09 | 雑記

理想の職場

b0017036_1324876.jpg

カナダにいた1年間、上の景色を毎日見ながら学校に通っていた。
穏やかかな海と遠くに映える雪山。授業が始まるまで公園のベンチでコーヒーを飲みながら景色を楽しんだ。
ここはカナダのBritish Columbia大学。バンクーバーの一等地にあるこの大学で1年間交換留学をしていた。
人類学部のキャンパスは丁度この公園の下に位置していた。教室からも海が眺めれて文句無しだ。

願わくばこの大学で教鞭を取ってみたい。
別に景色がいいからだけではなく、UBCは北米インディアン研究の最先端なので人類学部がとても充実している。
過去にはフランツ・ボアツやレビー・ストロース等の人類学者がこの大学を拠点にして研究をしていた。
そして何より、この大学には有名な人類学博物館がある。b0017036_13182693.jpg

週末暇になったらいつもこの無料で入れる博物館で時間を潰していた。
カナダ原住民のマスクやトーテムポールに囲まれていると何とも言いがたい人類学的喜びが沸いてくるのだ。
またとても実験的な博物館で、例えばベネトンと共催しながら戦争写真の展示企画をしたりもしていた。
そしてなんと博物館の真下にあるビーチはカナダ国内で2つしかないネイキッドビーチなのだ!
(残念ながら裸になってるのは中年のおっさんばっかで若い女性など1度も見たことはなかった。)
まったく飽くことがない空間だった。

バンクーバーは住宅環境も良くて物価が安い。
国連で世界で最も住みやすい都市に指定されているだけある。
しかも多種民族が入り混じっているのでアジア人にも住みやすい。

日本に帰るくらいならこんな理想な環境に身をおきたい。
1人だけ日本について研究している教授がいるんだけれども
彼女が抜けた後を虎視眈々と狙っている。タイミングよく辞めてくれんかしら。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-08 13:28 | 雑記

悪酔い

あ”-きもぢわる~。
今学期一番の悪酔いで25歳の重みを痛感。
昔ならビール6本飲んだところでケロッとしてたのに。
それが夜中に起きて嘔吐と下痢のダブルパンチ(汚くてすいません)。
二日酔い覚ましのコーヒーが超美味い。

昨日は我が家で人類学・歴史学の友達を呼んでおでん会をした。
余りにもおでんが食べたかったので知ってる奴らに
「やあ、君、おでんを食べに来ないか?」といい振り回してたら
結局20人ほどに膨れ上がり狭いアパートに箱詰めだった。
日本風味が強過ぎて口に合うか心配したけど皆美味いと言ってくれ好評だった。

しかし、何でもいいから適当に何か持って来て、と頼んだら男は皆ビールばっか持って来やがった!
昨日は合計40本はビールが冷蔵庫に入ってたと思う。
それをいいことにポンポン空けていたらこの始末。
今朝冷蔵庫を開けてまだビールが詰まっているのを見ると吐き気がこみ上げてきた。

でも一番の収穫は、別の大学で人類学を専攻している日本人女性と出会えたこと。
彼女はうちの大学でタイ語の授業を取っているそうだ。自分と同じくPhD2年目らしい。
近親相姦やアザンデ族の魔術とかマニアックな話題を振れる女の人に巡り会え、水を得た魚の気分だ。

さて、これから二日酔いの頭を抱え勉強せねば。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-08 01:18 | 雑記