<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

安らかにお眠り下さい

まだ耳鳴りが続いている。
冬風に身を縮ませて帰宅したのが夜中の1時半。この時間でも外はまだまだ賑やかだ。
町中で車のホーンが鳴り響き、通り過ぎる人たちがハイタッチを求めて手を上げてきた。
たぶん、ボストン中がここまで喜びに溢れたことはなかったんじゃないだろうか?少なくとも過去86年間は。
負け惜しみじゃなくて「Yankees Suck!」と叫べることほどボストニアンとって幸せなことはない。

前回と同じFaneway Parkの近くにあるピザ屋でKさんと待ち合わせた。
席が空くのを待っている間にBoston Globeの記者からインタビューされた。
「松井がヤンキースにいるのにレッドソックスを応援してくれるなんて!」と興奮した記者は
必ず明日の朝刊に記事が載るから、と言ってくれた。楽しみだ。

今日の試合は序盤に大量得点してくれたので気楽に見れた。
不振だったデーモンが二打席連続ホームランで一気に8点。
もうカブレラが四球で塁に出るだけで大歓声が沸いていた。
昨日の接線は見てるだけで寿命が縮みそうだったのに
(Kさんは頭に血が上りすぎて頭痛がひどかったらしい)
終盤にはさらに2点追加し、バーの中では楽勝ムードが漂っていた。

九回の裏ツーアウトになったとき店の中は最高潮に達した。
すでに泣き出す女の子やベロベロに酔っ払った男たちが騒ぎまくっていた。
そして、とうとう86年ぶりにその瞬間が訪れた。
最後はセカンドゴロで難なく裁いて終了!
もう店内は地鳴りだった。叫び声とハグとビールのしぶきで何がなんだかわからなかった。

b0017036_2354240.jpg

人ごみに混ざってKさんとFaneway Parkに向かった。
馬に乗った警官隊の横をパンツ一丁の兄ちゃんが走ったり、
空には店から盗んだと思われるトイレットペーパーが飛び交い、
アメリカ人の興奮ぶりに引いてしまう小心者の日本人2人だった。

「いいタイミングにボストンに留学できて良かったね」
と、お祭り騒ぎのなかKさんが囁いたとき、本当にそうだ、と思った。
試合途中に写った「86年、ずっと信じてきたのよ!」というサインボードを掲げた
おばあさんのことを想うと俺達は偶然にもボストンにいれて幸せだ。

おばあさん、これでもう心残りになることはないでしょう。安らかに眠ってください。
b0017036_2362041.jpg

[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-21 15:15 | 雑記

High Culture<Low Culture

16歳で野球を止めて以来、
星一徹ばりの根性論を説くと
回りに寒がられるので
野球から関心をそらすようにした。

20歳を過ぎた頃から
ジャズやクラシックを聴き始めて
上智生らしいChicな会話に
ついていけるよう努力した。

23歳でハーバードに来てから
できるだけワインを飲むようにして
パーティーで1人ビールを頼んだときに
白い目で見られるのを避けるようにした。

でもここ一週間、
ビールを飲みながらレッドソックス戦を見て
部屋でパンクロックばかり聴いていると、
ああ、これが本来の自分だな、と納得してしまった。

ぬるいんですよ。
ジャズもクラシックもワインも。
生産活動にも消費活動にも
もっと刺激と疾走感が欲しいんです。

追記
去年と同じくレッドソックスは3連敗から3連勝しました。
というわけで今日は「呪いをとく会」の本番が開かれます。
ここ数日、野球見すぎで宿題ができてないですが、知ったこっちゃありません。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-20 13:44 | 雑記

ブレイクスルー

勉強をしていて何が一番辛いかと言うと、
やらなきゃならないことが山積みなのにいきなりブレイクスルーが来て空想に耽ってしまうことだ。
今日も授業のあと図書館に行っていたのだが、突然、これは!というテーマが頭に浮かんできた。
そうなると、もう本なんて読んでられず、半笑いになって虚空を見つめてしまう。
1時間過ぎても、そのテーマについて考え続けていたのでもう諦めて帰宅してしまった。

何を考えていたかと言うと、企業ベースの労働組合と階級ベースの労働組合の比較研究だ。
普通、労働組合とは同じ職業・身分を共有する労働者が会社間をまたがって連帯する。
だから賃金交渉のときに、ストライキを武器にして資本家を脅すことができる。
例えば、南カリフォルニアの湾口で働くクレーン操縦者の連合がストライキを起こすと
南カリフォルニア全土のクレーンが止まってしまい郵船業としては大損害を蒙ってしまう。

でも日本の場合は、面白いことに会社内での労働組合しかないのでストライキが起こせない。
というのも、ある会社でストライキが起これば他の企業で働いてる同じような職種の労働者を雇えばいいからだ。
逆に、労働組合と会社側の仲介を受け持つような人物に昇級が約束されがちなので謀反者が出てくる。

こう考えると日本型連合のほうが不利に思われるかもしれないが、そうではない。
というのも、階級ベースだと「All or Nothing (有か無か)の原則」でしか交渉できないので、
直接対決をすると相手を交渉場に引き出すことが難しく下手すると全員解雇もありうる。
会社ベースだと毎年儀礼のように交渉があり、微量ながらもベースアップが前提となっている。

まあ、おそらくここまでは誰かが研究しているだろう。
問題は会社ベースの組合形態が日本だけでなく他国にもあるかどうかだ。
これはよく日本文化特有の縦社会構造の一例として紹介されるのだが、他の後進発展国にも似たようなケースがあるのでは?
もしあったとしてそれぞれの国の労働史を比較研究してみると、面白いイデオロギー理論ができあがるのでは?
特に中国やキューバなど共産国で団体交渉権が認められてない国ならば組合が日本と同じように形骸化してるのじゃないか?

とまあこんなことをこの2時間ほどずっと考えていた。

しかし明日までに読まねばならない本が丸々一冊残っているのに、ブレイクスルーしてしまった。
こうやって日記に書くと少しは落ち着くかと思ったが、まだ火照りが止まない。
そんなに興味があればいまからこのテーマでリサーチすればいいのだけれどもそれは面倒だ。

仕方ないので昨日紹介した「カール・マルクスと歴史」という曲を大音量で流して歌っている。
一緒に歌いたい人は↓が歌詞。
karl marx and history

WE GOT FIRECRACKERS AND RED BALLOONS AND A STREET ORCHERSTRA THAT PLAYS A TUNE CONFETTI’S FLYING IN THE AIR A LOT OF PEOPLE ARE GATHERED HERE WE GOT PLACARDS POSTERS AND STICKERS TOWE GOT REGGAE MUSIC BY YABBY YOU WE GOT REDFLAGS, BLACKFLAGS AND FLAG WITH STARS WE GOT SLOGANS PAINTED ON OUR GUITARS WE SPEAK ABOUT FREEDOM WE SPEAK ABOUT WAR WE GOT A VISION BABY THAT WE JUST CAN’T IGNORE IT SURE RAINS ON OUR PARADE BUT THE WIND WILL CHANGE THE CLOUDS WILL FADE A CHANGE WILL COME EVENTUALLY SO SAYS KARL MARX AND HISTORY WE GOT VEGETARIAN GUMBO STEW THE ROCKIN’ PNEUMONIA AND THE PUNK ROCK FLU WE GOT IKO IKO AND STAGGER LEE AND THE JUNCO PARTNER’S LEANING AGAINST A TREE WE GOT EMMA GOLDMAN AND CHOMSKY TOO WE GOT THINGS TO SAY WE GOT STUFF TO DO WE GOT ALL KINDS OF FREEDOM FIGHTERS GATHERED HERE WE GOT OUR FRIEND IN THE CORNER OVER THERE DRINKING BEER WE SPEAK ABOUT THE FUTURE WE SPEAK ABOUT THE PAST WE SPEAK ABOUT A NEW WORLD ORDER AND WE HOPE THAT WE CAN GET THERE FAST IT SURE RAINS ON OUR PARADE BUT THE WIND WILL CHANGE THE CLOUDS WILL FADE A CHANGE WILL COME EVENTUALLY SO SAYS KARL MARX AND HISTORY KARL MARX AND HISTORY
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-19 07:10 | 文化人類学

たどり着くまでには

今年からライシャワー日本研究所でポスドクをしているAは
上野のホームレスコミュニティーで実地調査を行い博士論文を書いた。
ずっと前の日記でも書いたのだが、彼女のアプローチは学部時代に
新宿のホームレスについて書いた自分の論文ととても似ていた。
なぜ、メーン州の片田舎で育った彼女と京都の盆地で育った自分が
似たような場所で同じ研究課題とアプローチに行き着いたのか。
よく考えると不思議だ。

しかし、この前とあるパーティーでAと話したら似た点が多くて面白かった。
まずお互い5人兄弟の末っ子。食い意地がはってご飯を残さない。
アウトドア系の服が好き。皆着飾ってるのに2人だけNorth Faceのフリースを着ていた。
方向音痴のくせして散歩大好き。迷ってる間に出くわす偶然が好き。
慈善事業やボランティアなどは一切やっていない。純粋に研究目的でホームレスに接していた。
ホームレスに書かれた既存の論文を読まずに都市形成、空間の記号学に関する論文を読んでいた。

たとえユダヤ系アメリカ人女性と日本人男性という差はあれど
行き着いた先が同じになってしまったのもわかる気がする。
先を越されたのが悔しいが、今は彼女の論文を強化させるために
日本語の文献で使えそうなものを教えてあげている。
来年には出版予定でいるのでいい本に出来上がることを祈っている。

追記
高校の頃好きだったRandyというスウェーデンのパンクバンドがKarl Marx and Historyという曲を歌ってました。
タイトル負けしてますが、聞いてみてください。

さらに追記
只今夜中の1時半。延長12回、さきほどOrtizのサヨナラホームランで
レッドソックスが勝ちました。去年と同じ筋書きならここから3連勝してくれるはずです。
外野席で「Just Once Before I Die」と書いたサインを持つおばあさんが映って切なくなりました。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-18 08:36 | 文化人類学

We Still Believe!

右肩が痛ーーい!!

と、いうのも前の日記で宣伝したとおり、呪われたレッドソックスを励ますという名目で
昨日はキャッチボールとビールを堪能してきた。雨にもめげず、、、、。

5時半に主催者のKさんと落ち合いチャールズ川沿いのグランドへ向かった。
初めましての挨拶もほどほどにお互い持参のグラブを出してキャッチボールを始める。

今にも降りそうな曇り空の下、広いグランドを占有しているのは2人だけ。
最初は会話も盛んだったが、距離が離れていくにつれていつのまにか無言になった。
そして、案の定雨が降り出した。
「止めましょうか?」の一言をお互い口にせず黙々と続けた。
通りかかったホームレスのおっさんが「よく雨の中やってんな?」と叫ぶのに目もくれず。
まるで何かに憑かれているが如く、ボールだけが往復していた。

野球暦8年と豪語していたわりには暴投ばっかりでKさんに申し訳なかった。
余裕で届くと思って投げたボール全てワンバウンドし、運動不足を痛感。
それでもソフトボールをやっていたKさんは上手にキャッチングしていた。
ほんとごめんなさいね、Kさん。

さすがに雨がきつくなってきたところで終了。
8時の試合開始までは時間があったので野球場まで歩くことに。
チャールズ川沿いの綺麗な散歩道を歩きながらお互いの院生生活について話した。
産学提携が密接なKさんの学部は利害・人間関係が複雑に入り組んでいて、
自分だったらとっくに日本に帰ってしまいそうな恐ろしい経験を語ってくれた。
大学教授って大人になりきれてない人が多いようだ。

球場付近のバーはどこも満員御礼だった。
30分待ちも気にせずに大スクリーンのあるピザ屋には入る。
唯1人「呪いをとく会」の宣伝に反応してくれたBさんも途中参加してきて、
汗かいた後のビールで酔いながら後は試合が始まるの待つだけだった。

さあ、呪いをとく準備は万端!と盛り上がったところで店内放送が
雨天試合中止を知らせてくれた。満員の客が一気に溜息をつく。
「俺達は雨の中もめげずにキャッチボールをしていたのに、、、」
と憤っていたせいかKさん達との会話が逆に盛り上がった。
結局、試合が終わるであろう頃まで飲み続け解散。
なんだかんだ言って楽しい宴だった。

Kさん、Bさん、
ワールドシリーズまで進んだときには「呪いをとく会」本番をやりましょうね。

追記

只今夜中の12時ですが今日の試合はまだ続いております。
というのも、8回で点数が17-8という有様。ヤンキースの攻撃が止まりません。
大沢元日ハム監督なら試合後に土下座するようなゲームです。
「わしゃ悲しいよ。」
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-17 08:09 | 雑記

The Motorcycle Diaries

久しぶりにいい映画を観た。
b0017036_1393556.jpg

医学生時代のチェ・ゲバラが友人と共にバイクで南米を一周する話。
実際にゲバラが書いた日記を基に再現されていて、革命戦士になる前の素朴な青年の姿が映し出されている。
いつ日本で放映されるかはわからないが、是非見て欲しい一作だ。

彼が母親に送る手紙の中でとても好きになった一言があった。
b0017036_13173418.jpg

”僕は今2つの世界を駆け抜けてます。
後ろには憂鬱に満ちた世界が広がり
前には興奮に満ちた世界が広がってます。
そして、ただひたすら前に進むのです。”
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-15 13:20 | 雑記

永遠につながらない言葉

聞いたことはあるけれども、一体それがどんな状態のときのことを表すのかわからない言葉ってありません?
特に主観的な感情や身体の変化を表す言葉の中には何歳になってもわかりえないものが幾つかある。

典型的な例が「胸焼け」。
うちの母親が「お好み焼きを食べると胸焼けするから嫌だ」とよく言うのだが、
一体それがどういう状態のことなのかさっぱりわからない。母親曰く、胸に酸っぱいもの
がこみ上げてくるそうだ。ただの吐き気とどう違うのだろう?

あとは「肩こり」。
ひょっとすると自分も肩をこったことがあるのかもしれないが、どこからどこまでが
疲労で、肩こりと違うのかわからない。肩を揉んでもらってくすぐったくなければ
肩こりなんだろう。

最後は「萌え」。
最近よく出てきますよね、この言葉。
どうやらピンコ立ちするようなエロさではなく、もっとフェティッシュなエロさのようだ。
渡米してから流行りだした言葉なのでわからないのも無理ないのだが、
叶姉妹を見て「萌えたー!!」というのは間違いらしい。もっと秋葉原系のエロチズムらしい。

言葉は知っているのに、その意味を理解せずに一生を終えるのは少し悔しい。

追記
レッドソックは今日も負けました。3-1。
元阪神ファンなので負けるのには慣れてるのですが、
レッドソックスはいつも追い上げそうになって勢い半ばで倒れるのが憎いです。
阪神のように負けが当たり前ならこちらも気が楽なんですが。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-14 08:24 | 雑記

呪いをとく会

あるサイトでRed Sox対Yankeesのプレーオフを観戦しよう、という宣伝が載っていた。
前から一度見ておきたかったので主催者であるボストン在住の女の人に問い合わせてみた。
残念ながらさすがにもうチケットは売り切れてしまっていた。
その人とメールを交換しているうちに、ならば金曜日に熱狂ファンの集まるバーで応援しよう、ということになった。
でもどうせバーに行くならいい汗かいたほうがビールが美味しいはず、と話が飛躍し、
最終的にはチャールズ川の岸辺でキャッチボールしてからバーに行くことに決定した。

Red Soxはベーブ・ルースをYankeesに放出してから呪いにつかれてしまった。
それ以来一度もプレーオフで勝ったことがない。そしていつもこの伝統の一戦が始まると
Reverse the Curseを合言葉にボストン市民は熱くなる。Our Boysは今年こそやってくれると夢乗せて。

去年に引き続き、今年もプレーオフで戦うことになった。
残念ながら今日の第一戦は10-7で負けてしまった。
7回まで8-0で負けていたのに、一気に8-7まで追い上げた。
この勢いで逆転か!と思わせておきながら、最終回に駄目押し2点を追加され終了。
5打点を上げた松井が憎らしかった。

なんとか皆で呪いをといて逆に松井を呪ってやろう、という趣旨のもと
主催者の方がサイトでボストン在住の日本人に向けて金曜日の観戦を宣伝してくれた。
でも「呪いをとく会」というタイトルで宣伝したので、今のところ自分達2人以外参加希望者がいない。
おそらく新興宗教の誘いとでも勘違いされているに違いない。

初対面の人(しかも女性)とキャッチボールするなんて生まれて初めてだが、
久しぶりに野球ができるので金曜日が待ち遠しくて仕方がない。

※この日記を見たボストン在住の皆様、もしよろしければ参加して下さい。
 地下鉄レッドライン、MGHの駅を降りてすぐの公園で15日5時から開始します。
 その後フェインウェーパーク近くのバーで8時から観戦。
 グラブをお忘れなく。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-13 13:21 | 雑記

ワイドナー中央図書館

今日はコロンブスデーで休日。
そのせいかキャンパスにはいつもより観光客が多かった。
神殿のようなワイドナー中央図書館は格好の撮影スポットとなっており、入り口前でポーズをとる人が多い。
こちらとしては写真の邪魔にならないよう待たなければならないので大変だ。
b0017036_11243320.jpg

入り口の前に着くと白人の女の子2人から呼び止められた。
何、こんなところでナンパなの?と勝手に妄想を膨らませていると、
「もしハーバードの学生なら友達のふりして私達を図書館の中にまでいれてもらえませんか?」
と、お願いされた。部外者は立ち入り禁止なんだが、例外として学生のゲストならば館内を案内することができる。
話を聞くとドイツから遊びにきた女子高生。来年、大学に進学するので景気付けに図書館を見て行きたいらしい。
ちょっと面倒臭いなぁ、と渋っていたらとても切ない顔で「お願いしまーす」と頼んでくるので、
そういう顔をされるとおじさんまいっちゃうじゃないか、と内心喜びながら承諾した。
入り口の警備員には少し胡散臭く思われるも、難なく彼女達を中に入れることができた。
そして普段使っている2階の読書室に連れて行った。
b0017036_11401188.jpg

「舞踏場みたいでしょ?ここでくしゃみすると5回くらいこだまするから、いつも堪えてるんだよ」
と、説明するとホェーという感じでたまげていた。
できれば他にも案内したかったのだが勉強を開始しなけばならないので別れを告げた。
すると、とても丁寧にお礼をしてくれたので気分が良かった。

今日はRと夕食に行く予定だったので6時には切り上げた。
この図書館の好きな点は入り口から出たときにパノラマの景色が広がっていることだ。
b0017036_12103675.jpg

階段を下りていくと天界から下界に降りていく気分になる。
内実はともかく、図書館を出たときには頭がレベルアップしたような気になる。
b0017036_12365712.jpg

マサチュセッツ通りに出て売店でコーヒーを買った。
秋の心地よい寒さがコーヒーの味を際立たせてくれる。
Rは先週誕生日を迎えたのだが、すっかり忘れていたのでお詫びに晩飯をおごる約束をした。
これで今月も金欠病だし図書館に篭り続けるしかないなぁ、とつぶやきながら家路を急いだ。

※写真は全て大学のサイトから盗んできたものです。
このサイトを見て遊びに来てくれた方は是非キャンパスを案内しますんでご一報下さい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-12 12:36 | 雑記

教えて下さい

以下が月ー金まで続く規則的日常

8:30  起床&メールチェック
9:00  朝食&シャワー
9:30  アジア研究図書館にて勉強開始
12:00 中華料理の弁当を買い昼食
12:30 勉強再開
14:00 授業
16:00 ワイドナー中央図書館で勉強
18:30 プールでひたすら平泳ぎ
19:30 ワイドナーでまた勉強
21:30 帰宅、夕飯、メールチェック
22:30 読書&ネットサーフィン
1:30  睡眠

以下が今週あった不規則的出来事

火曜: コロンビア大の政治学者ジェラルド・カーティスの講演を聴きに行く
水曜: 医療人類学の授業でプレゼンをする
金曜: ブッシュ対ケリー討論第二戦をテレビで見る
土曜: 担当教官の家で院生が集まりポットラックパーティー
日曜: 日本人の友達と近所の寿司屋で夕食

以下が今日調べた単語

stochastic 推計学的な
thyroid 甲状腺
tranquilizer 鎮静剤
in vivo 生体の
carcinogenesis 発癌
cesium セシウム
※チェルノブイリ原発事故後のウクライナについて書かれた民族誌を読んでいる

現在の生活が他人の生活と比べてどれほどのものなのかよくわからない。
自分では結構幸せなほうだと思っている。
でも日本で働いてる同世代から見てどう思われるのかとても知りたい。
羨ましがられるのだろうか?惨めに思われるのだろうか?
マニアックで無意味なことに情熱を注いでいると思われるのだろうか?

もし毎月20万円程度の給料を貰えるとして、あなたはこんな生活を送りたいと思いますか?
教えて下さい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-11 12:40 | 雑記