<   2004年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ハドラミスと隠れた歴史

以前に取っていたMobilityというクラスを教えていた教授がこの部族のディアスポラ(移民)について研究している。ディアスポラという現象はアメリカ、アフリカ、ヨーロッパをまたぐ民族を中心によく研究されているが、彼はインド洋に目を向けアラビア半島と東南アジアを往来したこの民族に焦点を当てた。

このハドラミスという部族は現在イェメンにあたるアラビア半島先端地域で遊牧や農耕を営んでいた。13世紀以降イスラム改宗運動が高まるとイマム(イスラム教の指導者)達は当事盛んだった中東-東南アジア間の貿易船に乗りマラッカ半島やインドネシアへと改宗の旅へ出かけた。

彼らは行く先々で聖職者として迎えられ各地の権力者の娘達と結婚していった。国民国家(Nation-State)という枠組みが普遍化した今ではなかなか想像できないが、国境という概念が無かった当時は部外者でも簡単に受け入れらたのだった。そして混血の子孫達はアラビア人としての意識と言語を保ちながらも、聖職者、外交官、軍隊の指揮官として各地地域の王朝中枢部に食い込んでいきアラビア半島との交易を活発にさせる。現在のマレーシアの外務大臣もじつはこの子孫であり、誰かは忘れたがインドネシアのある大臣もこの部族出身である。

16世紀以降、ポルトガルがインド洋貿易に介入するようになり、その後オランダとイギリスが武力で各交易地を植民地化していった。19世紀アチェ王朝(現在のインドネシア・アチェ州にあった王朝)とオランダ海軍が30年に渡り戦争を繰り広げた。そこで、中東から東南アジアにまたがる複数の王朝に結束を促すために外交役を買ってでたのがこのハドラミスの子孫である。彼らにはすでに貿易、親族、宗教で繋がれた巨大なネットワークが出来上がってた。

その中で一番有名なのがムハンマド・アルラヒルという人物。インドで生まれてエジプトでイスラム教育を受け、またインドに戻り貿易業を営んでいたのだが、ヨーロッパ各地に旅へ出かけ様々な学問を吸収し、最終的にはマレー王朝に遣えることになった。アチェ戦争が始まったとき、彼はトルコオットーマン朝や他のイスラム王朝に出向いて派兵を要請し、また当事進出してきたイギリス軍にも応援を頼んで、結局オランダ軍を退けることになった。オランダ軍はインド洋を駆け巡る彼を捕まえようと必死になったものの、ネットワークの広さゆえに捕まえることができずじまいだったのだ。

さて、勘の鋭い人はじつは現代版のアルラヒルがいることに気付いたのではないだろうか?

そう、オサマ・ビンラディンである。
彼もじつはハドラミス部族なのだ。

彼の生地もイエメンで、父親がサウジアラビアで建設会社を興し臆万長者となった。オサマはオックスフォードで教育を受けた後、東アフリカからフィリピンに渡るハドラミスの子孫のネットワークを転々と辿って行った。そして各地でイスラム原理主義を説いてアルカイダのメンバーを増やしていき最終的にアフガンに落ち着いたのだ。

では何故彼は9・11を起こしたのか?
答えは簡単。ハドラミスの過去には同じような聖戦がいくらでもあったからだ。オサマは帝国主義を崩すためのテロリストとして見られがちだが、そうではない。彼が9・11直後に出した犯行声明で真っ先に要求したのがアメリカ軍のサウジアラビア撤退である。つまり聖地を汚すものへの反抗にすぎない。世界秩序の編成なんて2の次の話だったのだ。

そして何故彼が捕まらないのか?
これも答えは簡単。アルラヒルと同じく彼には世界をまたぐ広大なネットワークがある。現在もパキスタンにいるかどうかはわからないが、アメリカのCIAにも追いつけない逃げ道がいくらでもあるのだ。

さて、こうして見ると西洋の帝国へのテロリズム(ハドラミスの子孫にとっては聖戦)は一定のリズムで起こっていたのであって、決して新しい話ではない。これはハドラミスのディアスポラに目を向けて初めて理解できる隠された歴史なのだ。

この話は「Empire from Diasporatic Eyes」という教授の論文に書かれているので興味が沸いた人は是非読んで欲しい。イスラム教徒のルームメイトも同じ論文を読んだのだが、2人とも興奮して2時間ほど議論してしまった。
授業の中で教授は「たしかに過去に起こった歴史的事実は変わらない。しかし、視点を変えることによっていくらでも新しい事実なんて見えてくるんだよ」とおっしゃり、それを堂々と成し遂げたこの人にはまるで後光が差してるように見えた。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 14:09 | 文化人類学

ブランド嗜好な学者たち

一般人がフランス物のブランドが好きなように凡才な学者もブランド嗜好が強い。”フーコー,””ブルデュー,””デリダ,”というフランスの理論家の名前は”シャネル”や”ルイ・ヴィトン”という言葉が一般人に与える響きと同じくらい、もしくはそれ以上に凡才な学者をくすぶってしまう。そして、それらの名前を所有し、顕示しようとする欲求にかられてしまう。

 ここで、ある例え話をしてみたい。
目の前にルイ・ヴィトンの茶色の手提げカバンが置かれているとしよう。
しかし、ルイ・ヴィトンという会社名は存在せず、そのカバンにブランド的価値は一切ない。なのに、そのカバンには12万円という値札がついている。

 果たして12万払ってそのカバンを使用する価値があることをあなたは説明できるだろうか?茶色のカバン特有の機能性、材質、デザインがそれほど他の会社のカバンよりも優れているのだろうか(個人的にはLとVが重なっているロゴが敷き詰められているのをとても醜く思う)?何ヶ月分もの給料を苦労して貯めて、そのカバンを買おうとするだろうか?

 ルイ・ヴィトンのカバンに大金を支払おうとするのは、ブランド名がすでに”一流”なものと確立されているからであり、そのカバンを持ち歩いて他人に見せることで自分と他人との差異を際立たせたいからじゃないだろうか?たとえ、それが意識的にせよ無意識的にせよだ。カバンそのものの純粋な使用価値に12万円が値するのではないはずだ。

悲しいことにこれと同じことが凡才な学者のブランド嗜好にも当てはまる。

「マルクスの理論なんてボードリアールの理論で完全に崩されてるじゃないか」「グラムシの言っている権力論はフーコーの権力論に比べればたいしたことはない」「レビーストロースの構造主義は終わった。今はデリダのポスト構造主義だ」

 と、いう具合にだ。とにかくヨーロッパのトレンディーな理論家の名前さえ出せば事が済むと思っている人がアメリカにも日本にも多い。まるで水戸黄門が印籠を出すようにだ。しかし、その反面、理論家の名前ではなくその理論の使用価値について聞くと黙ってしまう。今自分がやろうとしている研究に特定の理論がどうあてはまり、その理論を使うことによって今まで見えてこなかったどのような側面が見えるようになるのか、そして、その理論は他の理論に比べて使うのが本当に適切であるのか、説明できないのだ。

 なぜこんなブランド嗜好がまかり通るかと言うと答えは簡単。上に名前を挙げたヨーロッパ人の理論は,その内容は知らずとも一流かつ超難解だとは誰もが知っているから、その名前を出して知的ぶりたいという顕示欲に駆られているだけだ。シャネルやヴィトンとなんらかわらない。

 これは私見なのだが、おそらく上に述べた理論家達の言っていることは道標に過ぎず、具体的な事象を分析・解釈するさいにそれほど有効だとは思わない。彼らは一種のパラダイムを作った人達で、ようは、白紙の状態から何を書いたらいいのか、その方向性を示してくれているだけだ。

 社会科学では、各分野(社会学、文化人類学など)の中でサブジャンル(階層化、社会運動、ナショナリズム、ジェンダーなどの主題)が多岐に渡っているので、そのジャンルにに沿った中レベルの理論を唱える名の知れていない人物が多い。もし具体的にものごとを研究するなら、それら中レベルの理論のほうがはるかに役立ち、緻密な分析(解釈)を可能にさせてくれる。

 こう言う自分もファッションに関しては全くお洒落ではないが、学問に関してはかなりブランド嗜好になる傾向がある。最近はなんとかそれを直すために、理論家の名前を出さないようできるだけ努力をしている。

 例えばなんだが、「誰々は、~についてこう主張しているが、別の誰々によると、こういう見方もある」という書き方をできるだけしないようにしている。それよりも、「~という事象については2つの異なるアプローチの仕方がある。一つ目は何々これこれというアプローチで、もう一つは、対照的に何々これこれというアプローチである」という具合にして、理論家の名前をできるだけ表に出さないようにしている。名前なぞは、そういやこのアプローチについてはあいつが言ってたな、と思い出す程度に文末の括弧の中に付記するだけで十分なのだ。

 学部時代に履修していた文化人類学の理論のクラスで先生が言っていた言葉を今でも大切にしている。

「いいですか、私が教えている理論は色眼鏡に過ぎないのです。将来、フィールドリサーチをするときはカバンの中にできるだけ多くの色眼鏡を詰め込んで行きなさい。全ての色眼鏡をつけてみて、一つの現実が全く異なるように見えればよいのです。そして、持ってきた色眼鏡で物足りなかったらあなた自身で一つ作ってみなさい。決して、持って行くカバンや色眼鏡のブランドが”グッチ”や”アルマーニ”のものだからっていい物とは限らないんですからね」

ブランド名のフェティシズムに負けないようにしたい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 13:59 | 文化人類学

モヒカン山


さっきヤフーのトップページを見たら京都のモヒカン山が整備されるという記事が載っていた。もとは一条山という名前なんだが、側面だけ削ってプリンのように頂上の部分だけ木を残したのでモヒカン山と呼ばれている。担当していたディベロッパーが途中で倒産し、そのままの形で20年以上も残されていた。ちなみに実家から歩いて30分程度の場所にあり、台所の窓から真正面に見えた。

確かにこの山はバブル期の乱開発の象徴かもしれない。
でも、自分にとっては意味が違う。

モヒカン山は幼少の頃の思い出と一体になっている。
”立ち入り禁止”の柵を登って勝手に入って鬼ごっこしたり、
てっぺんの山には野良犬が住んでて、入ってくる人間をかみ殺すという噂がはやったり、
おっかなびっくりな山だった。

しかし一番心に残っているのは、モヒカン山の後ろに沈んで行く夕日と台所で鼻歌交じりに夕飯を作る母親の姿が重なった情景だ。

「あと5分で飯作ってくれな本当に死ぬからなb0017036_13481729.jpg」と言っては、
「じゃあモヒカン山で勝手に野垂れ死にしときなさい」と母親が笑って答えていたものだ。

正直なところ、勝手に整備なんてして欲しくない。

ちなみに、この乱開発をした業者が倒産したときに裁判を担当したのがうちの父親だった。借金で生活がすさんでしまったのか、痩せ細った社長さんが我が家に菓子折を持って訪れてきたのを覚えている。

「このことを絶対に友達に言うなよ。ばれたら我が家が焼き討ちにあって岩倉(実家のある町名)から追い出されるからな」と、父親に口止めされていた。

そして、その後すぐ社長さんは死んでしまった。やはり祟られたのだろうか。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 13:48 | 雑記

飛びます

【friends】

pedantic dilettante
同じくアメリカ留学中のJさん。歯切れのいい文章に脱帽。HP製作のお師匠。

Kyucoscape ドイツの大学院に留学中のkyucoさん。オペラ三昧なんて羨ましすぎる!

Jazzronomeジャズと言葉をこよなく愛する神戸っ子b0017036_13334696.jpg70さん。Vivaカナダ留学!!

マロガレ妄想のカポエラ使い、イチさん。

【college friends】

Yosuke Ashida Web Site 大学時代の写真狂。京都北山の良さを理解する同郷者。

Real Man's Blog寮のときの元ルームメイト、実朗。悪人顔だが懸賞論文で荒稼ぎしていたほどの腕前。ただいま弁理士試験目指して勉強中。

はなくそまんきんたん同じく寮時代の友人。コノペンネームは小学校のときから使っているそうです。

魁BBS
上智大学寮生掲示板。タイトル通り男臭い。

SAfro FAmily
大学時代に歌っていたゴスペルサークル。総勢70名のマスクワイヤー。東京に住んでる方は是非ライブに行ってみて下さい。

monbijoux 大学時代のサークル仲間。OL三人ボサノヴァバンド。

Mongori Web Site 同じくサークル仲間。顔芸の鬼。モンゴリ学園校歌は必読。

Megane Web しつこくサークル仲間。イベントオーガナイザー。若さと顔の広さが比例していない稀な人物。

lightfulHAUS それでもサークル仲間。脱OL自然帰化を成し遂げた陽さん。富士山麓での日常が満載。

My a Girl最後に後輩、アヤコの日記。マイアミで舞い上がってます。

【schools】

Harvard Anthropology Department
現在の学び舎。後5年はお世話になる予定。

Theodore Bestor Web Site 担当教官。マグロを追って世界を駆ける。寿司ネタ満載。

William, J. Kelly
Yale大学の人類学者Kelly教授のサイト。タダで落とせる論文満載。

太田好信
九州大学の人類学者太田教授のサイト。James Cliffordの「文化の窮状」を翻訳。日本の人類学界でポストモダンを唱える先駆者。

allison alexy
Yale大学の人類学部に在籍する友達。日本の離婚と階層化について研究中。

【anthropology associations】

Americaa Anthropology Association アメリカ人類学会。世界の人類学会の大御所。会費が高くて未だ入会せず

The Japan Anthropology Workshop 略してJAWS。Yale大学が主催している日本人類学研究会。

日本文化人類学会 ようやく民族学会から文化人類学会に名前を変更。こちらも会費を払うのが面倒で未だ入会せず。

Anthropology of Japan in Japan
略してAJJ。日本で調査中の人類学者が集う場所。会費がタダなので唯一所属している学会。大学院中に論文を発表したい人にお勧め。

【通好みの京都(北部限定)】

恵文社 一乗寺店 ここ以上の本屋は日本でもアメリカでも見たことない。質を求めて利益を求めず。年に1回兄が油絵個展を開く。

大原 宝泉院
一番好きな寺。三千院の横にある隠れ寺。お茶菓子がもらえる。血天井、額縁の風景を眺めてると一日がつぶれる。

京都 北山通り
京都の表参道。でもバブル崩壊で斜陽気味。伽藍という喫茶店が渋い。鴨川で昼寝したければ是非ここへ。

鞍馬温泉
牛若丸も使った秘湯(嘘)。市内にある唯一の露天風呂。夕暮れ時が最高。

左京区 岩倉 ここで生まれ育つ。岩倉具視が幽閉されてたので岩倉。円通寺の写景と宝ヶ池のボートがお勧め。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 13:33 | リンク

自己紹介

b0017036_1242132.gif
初めまして。

Fumiと申します

ボストンの大学院に通っております。
専攻は文化人類学。
学生を続けている間はこのBlogを続けます。
つまりは少なくともあと5年。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

生年月日 1979年11月4日
出身地   京都(18年)→東京(3年)→バンクーバー(1年)→
       東京(2年)→ボストン(1年)
性別    男



叱咤激励・罵詈雑言・誹謗中傷は以下まで
fumiwakamatsu79@hotmail.com (日本語)
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 12:41 | 自己紹介