カテゴリ:雑記( 334 )

理想の子供の数について

30年経ち初めて知った衝撃の事実。酔っ払った父親が先日打ち明けたのだが、なんと父親はパイプカット(精管除去手術)をしていたそうである。5人目である自分が産まれた直後に受けたらしい。しかも、たまたまその時、切痔になっていたので、その手術のついでにパイプカットもしたそうだ。5人も子供を作っておいてから避妊手術をするというのも笑えるが、切痔の悪化するタイミング次第で自分も生まれてこなかった可能性があると考えると、さらに笑える。

酔っ払いの父親曰く、「お前なんか、わしが酔っ払ったときにたまたま出来た子供だ」そうである。パイプカットをすると告げられれたとき、母親は大賛成だったそうだ。

さて、酔っ払いの話はさておき、理想の子供の数について考えることがある。結婚したからというのもあるのだが(報告が遅れましたが3月に入籍しました)、今週の英語版TIMESに掲載されていた「一人っ子特集」という記事を読んで色々と考えさせられた。

不況が続くアメリカでこのような記事が載せられるのも納得のいく話である。アメリカでは子供1人を育てるのにかかる費用は平均2千500万円(大学の費用を抜きにして)。たとえ夫婦共働きであっても、景気の見通しが付かない現在では、2人目以降の子供を出産するのは躊躇してしまう。しかし、その反面、社会的通念として「1人っ子は可愛そうだ」という言説が流布している。1人っ子は、甘やかされ、我侭になり、寂しい人生を送る、という考えは、国を問わず、当たり前のこととして受け入れられている。子供が1人しかいない夫婦は、家族からだけでなく、周りの人間から「いつ2人目を作るんだ?」という問いを常に投げかけられるものである。

そこで、この記事は「1人っ子で何が悪い?」という論調を前面に出して書かれている。まず、19世紀後半のアメリカの心理学者が、全く科学的な根拠もないまま「1人っ子諸悪説」を捏造し、あたかも社会的病理として「1人っ子は悪い」という神話が生まれ、当時の中流階級に浸透していった点を指摘している。さらに、子供が多ければいい、という考えは、労働力として子供が役立った時代には説得力があるが、現在のように子供が高等教育を受けるが普通となり、自立した大人となるまでの養育期間が長くなると、夫婦にかかる負担は大きくなるので説得力が弱まってきている。そして、実際に1人っ子の社会性について統計的に研究している社会学者の調査を紹介している。複数兄弟がいる家庭の子供と1人っ子の行動・性格を比較検証してみたところ、特に1人っ子に限って不適切な行動・性格を備えるわけではないそうである。何をもって適切・不適切の境界線を引いているのかは疑問が残るのだが、この社会学者の説得力があった点がある。それは、たしかに複数の子供より、1人っ子のほうが親の愛情や時間を注がれる割合が高くなるわけだが、だからと言って、1人っ子が甘やかされたり、我侭になったりする可能性が高くなるわけではなく、むしろ、1人っ子のほうが自尊心が高く、大人になっても成長意識が高くなる、という点である。

この記事は、最後に、1人っ子でも偉業を成し遂げた歴史的人物(ルーズベルト大統領やエルビス・プレスリー等)を紹介し、子育てにかかる経済的負担、子育てと夫婦生活のバランス、そして夫婦のキャリア志向などの要素を考慮した上で、子供を1人だけにするか、それともそれ以上にするか、選択をすればよい、と締めくくっていた。

まあ、なるほどね、である。そこでいざ我が身に振り返り、一体何人子供を作ればいいか、と考えると、やはり難しい。当たり前ではあるが、このような判断をするとき、判断材料となるのは、自らが育ってきた家庭環境しかないからである。3人兄弟の長女として育った嫁は、やはり3人がベストだと考えているし、5人兄弟の末っ子として育った自分は、絶対に5人は多すぎる、と確信している。よく「子供の頃は兄弟が多くて楽しかったでしょ?」という質問を受けるが、そんなことはなかった。別に常に兄弟仲良く遊んでいたわけでなく、むしろ、自分は兄貴達を反面教師としていたので、子供の多さに惹かれることは何も無い。でも、1人っ子はさすがにな、と躊躇してしまう。たとえ少子化が進んでいる現在の日本でも、少なくとも2人は欲しい、という意見が多いんじゃないだろうか。

しかし、現在のところは1人っ子でもいいんじゃないか、というのが個人的見解である。まだ自分が定職に就いておらず、経済的に不安定だというのが一番の理由だが、たとえ状況が改善されたとしても、子供が1人だけのほうが家族としてのバランスが取れるように思う。今後も夫婦共働きであり続けるし、自分は家でも読んだり書いたりする時間が欲しいし、頻繁に家族旅行もしたいので、子供が1人以上だと子育ての喜びよりも負担の方が大きくなるように思う。先述の記事でも喚起を促していたのだが、1人目の子供が生まれ、子育ての喜びに感銘を受けて2人目を作る夫婦が多いのだが、同じような喜びを享受できる保障はない、そうだ。

まあ、パイプカットをする時期も含め、こういうことは嫁とじっくり相談して決めればいい話である。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2010-11-03 15:14 | 雑記

なぜ赤ちゃんはかわいいのか

なぜ赤ちゃんは可愛いく見えるのか?

この問いは単純に「それは赤ちゃんだから」と答えてしまうし、誰も赤ちゃんが可愛いいことに対して疑問を挟まない。しかし、よくよく考えると不思議ではある。なぜ大人と比べて、赤ちゃんはずばぬけて可愛く見えてしまうのか。なぜ、よしよししたり、抱きたくなったり、肌をすり寄せたりしたくなるのか、と。たとえ肉親であっても、大人に対してそんな行動は一切とらないはずである。

しかし、この問いに進化論の視点から直接答えようとした学者がいた。もうすでに亡くなってしまったが、うちの大学で教鞭をとっていた故ステファン・グールドという化石学者である。彼は「ミッキー・マウスに生物学的敬意を払って」という論文の中で、このように述べている。

「可愛い」という感情が起こるのは、何の理由もなく起こるのではなく生物学的な理由が背後にある。それは、「可愛いさ」を引き起こすものに対して、常に周りが注意を惹き、手の届く範囲に寄り添い、危険物から守る介護の役目を果たさせるために、そのような感情が起こるように仕組まれている。グールド曰く、これは哺乳類にとっては非常に重要となる感情である。というのも、他の動物と比べ、哺乳類の赤ん坊は未発達な発育状態で生まれてくるため、産後も母親の庇護と授乳が必要となる。従って、母親の注意と介護を呼び寄せるために、哺乳類の子供は「可愛さ」を引き起こす容姿に進化していった。

ここまでの話だと、一般的に言われている「母性」について小難しく語っただけに過ぎない。しかし、グールドはダーウィンの論文を引用しながら、「可愛さ」を引き起こす容姿には一般的な法則があるという。以下の論文に挿入されている絵を見て欲しい。



この挿絵の人間や他の動物に共通しているのは、

1)顔全体の割合に対する目の面積の大きさ
2)おでこの出っ張り具合
3)横から顔を見たときの、鼻から頭部までの幅
4)顎の引き具合

が、子供から大人になるつれて変わってくる。つまり、子供に共通している特徴(目が大きく、おでこが出て、顔の横幅が小さく、顎が出ている)が、引き金となり、それを見るものに対して「可愛い」という感情を起こしている。上に述べたとおり、哺乳類の赤ちゃんは特殊な状態で生まれてくるため、そのような引き金に反応するよう、我々は進化の過程でプログラムされてきた、というのがダーウィンの言い分である。

さらにグールドが述べている点で面白いのは、論文のタイトルに入っている「ミッキーマウス」についてである。ミッキーマウスは、ディズニーが作り出した当初と現在とでは、劇的にキャラ設定と容姿が変化した。当初のミッキーマウスは、成人という設定で、人間や他の動物に対して常にイタズラを働く小悪魔的な存在だった。しかも、その容姿はというと、鼻が細長く、細目で、顎を引いていた。それが今やどうだろう。ミッキーは、魔法を操ったりするものの、”子供のように”純粋無垢な小さなヒーローという設定である。そして、同時に、目が大きくなり、鼻は引っ込み、顎が出て顔が平面になった。このような容姿の変化をディズニーが意図的に操作してきたのかは別にして、「可愛さ」という感情を引き起こすよう、その特徴を変えていったことに対しては、化石学者として「生物学的敬意を払う」に値する、とグールドは言うわけである。

自分は生物的・進化的決定論に関しては常に疑問を挟む人間だが、いざ、下の息子の写真を見ると、そんな疑問はふっとんでしまう。

b0017036_1585771.jpg

たとえまだ実物を見ていなくても、パソコンの画面に対してつい頬ずりをしたい欲求に駆られてしまう。なるほど、これほど「可愛さ」の感情は、進化によって深くプログラミングされているのか、と。そこには個人の自由意志などなく、つい体が動いていしまうものがある。おそるべし、進化の力。その威力はすさまじい。


というわけで、小難しく述べた子供自慢第1弾でした。今後も嫌ほど続きます。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2010-11-03 15:11 | 雑記

ナショナリズム

日本製コンドームの薄さを実感するたびに「技術大国日本」としての誇りを覚える。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2010-03-21 04:22 | 雑記

子育て

先日、友人Aの宅にお邪魔した。2歳になる彼の子供はすでにだいぶ言葉を話すようになり、ギターにみたてたバットを弾きながらひたすら歌を歌っていた。一体、どこでこんな技を覚えるようになったんだ、と聞いたら「こういう絵本を読ませてるんだ」と一冊差し出してきた。

「Let's Sing with Stevie Wonder」

素晴らしすぎる。ページをめくると、スティーヴィー・ワンダーが気持ちよく歌っている挿絵とともに、Isn't she lovelyの歌詞が添えてあった。そして、絵本についているボタンを押すと歌がながれてくる。こんな絵本を持っているというセンスもいかしているが、そんな絵本を売る出版社があることに感動を覚えてしまった。

しかし、子育てというのは楽しそうだ。もちろん子供が自由に育つのが前提ではあるが、ある程度まで親の価値観を刷り込ませて下地を作ることができるかと思うと、それはやりがいのあることなんじゃないだろうか。

「他人が傷つかない嘘をなるべくつくようにしなさい。」

「才能はあっても、それを果たす義務は一切ない。」

「真実よりも矛盾を知ったほうが賢くなる。」

自分が親になったらこういうことを徹底して子供に教えたいと思う。
まあ、嫁さんが同意してくれればの話だけれども。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2010-03-19 01:13 | 雑記

マイケル・ジャクソン考

先日、学会でアリゾナにいたのだが、学会が終わってから帰りの飛行機に乗るまで時間があったので、1人で映画を観に行くことにした。そこで、色んな人がコメントしていたマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画「This is it」を選択。観客たった5人ほどの閑散とした映画館の中でマイケルの激しい踊りを観る。

率直な感想は、計算された演出だな、に尽きる。こういうことを言うと冷めた意見に聞こえるかもしれないけれど、この人は最小限の労力で最大限の演出を醸し出すことの出来る天才、というのが正しいと思う。普通に考えれば、齢50歳にもかかわらず、あれほど動き回って口パクもせずに歌える、というのは不可能な話である。でも、その不可能なことを可能にさせているのは、周りの演出の上手さに他ならないと思う。バックダンサーやコーラス、その他の舞台演出が最高潮に盛り上げさせた上で、マイケルがその高波に上手く乗っている、という感じだった。

例えば、バックで激しく規則的に踊っているダンサーの前で、水平的なムーンウォークを入れたり、コーラスが盛り上げて最高潮なときに裏拍のリズムでシャウトを入れたり、という具合に、周りとは異なるよう不規則な歌や踊りを披露することで頂点の存在を際立たせていた。決してマイケル自身が1から10まで盛り上げているのではなく、10まで盛り上がったところに11を足している、という具合である。よく見れば、本人自身はそれほど激しく踊っているわけでもなければ、声量だって大きいわけではない(リハーサルを撮影していから、とも言えるけれど)。

ただ、やはり天才的なのは、その高波に入っていくことの上手さが半端じゃないところだ。ムーンウォークに入る前の姿勢や手の位置の置き所や、たとえ小声でも鼻濁音を使ったシャウトの仕方などが完璧だった。おそらくなのだが、この人は、普通の人間が一つのリズムを刻むところを、16ほどに分けて動くことができ、さらに、3、4手先の動作まで瞬間的に頭で描くことが出来る人なんだろう。例えるなら、サッカーの中田がキラーパスを出す前に全ての選手の動きを予測して、間隙を突く、という天才さに似ているのだと思う。だからこそ、最小限の労力で最大限の演出を醸し出せれるのだろう。

というわけで、決して他の人がコメントしていたように、マイケルの純真さ熱狂さに圧倒されることは無かったのだが、その無駄の無い所作には感服してしまった。あと、ジャクソンファイヴ時代の「I want you back」が流れたときに、マイケルがちょっと歌い辛くなっていたのが、昔の記憶などが蘇っていたからかな、と思うと、少しこちらも目頭が熱くなった。こういう変なところで、感動していたけれど、全体としてはそれほど感激することはなかった。なにはともあれ、一見の価値があることは間違いないです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2010-01-18 11:27 | 雑記

可愛い後輩達

b0017036_318921.jpg

2年半もブランクを空けて大学院に戻ると、同じ指導教官の下につく後輩がたくさん出来ていた。
しかも皆女の子。フィールドワークに行く前は誰もいなかったのに、急に自分が先輩になってしまい変な
気分である。しかも皆優しくて可愛い。この写真は先週末皆で飲んで、キャンパス内にあるスケートリンクで
はしゃいでいたときのもの。酔っ払ったときにはくれぐれもスケートはしないように、良い子は気をつけましょう。


b0017036_321571.jpg

大阪生まれ、大阪育ちのS。


b0017036_3255346.jpg

運動神経抜群のA。今度ボストンマラソンに出るらしい。


b0017036_32657100.jpg

倒れたAを起こそうとして倒れる前の自分。

b0017036_3275878.jpg

「玉当てるなよ、玉!」と叫ぶ自分の股を滑り抜けるA。

b0017036_3291661.jpg

左は歴史学部のR。1人だけ学部が違うにも関わらず自室でパーティーを開いてくれた。

b0017036_3303223.jpg

左は落語を研究するトルコ人E。右は偽物ブランド商品の流通を研究する台湾人Y。

b0017036_3315855.jpg

締めはやっぱりこれで。ちなみに夜中の2時です。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2009-03-01 03:35 | 雑記

ペーター・スローダイクとブルーノ・ラトゥール

この二人の哲学家が、建築学部の開いた講演会に招かれていた。

フィールドワークで鈍りきった脳みそでは講演の10%も理解できなかったが、
SphereやNetworkという概念によって空間認識を変化させる、というような
内容であった。二人とも私的生活を保つ内の空間と市場秩序で成り立つ外の
空間という対立を解消させるために、これらの概念がどう役に立つか、という
話だったと思う。

ペーター・スローダイクはその著書の通りシニカルな笑いを混ぜたオタクっぽい
おっさんであったが、ラトゥールの話し方はヒトラーの演説に似た抑揚のつけ方で
見ているだけで楽しかった。しかも、盛り上がっている最中にボソっと呟くごとく
ジョークを入れるのが、絶妙であった。

ああ、しかし、このような偉大な哲学者が講演しても、その内容ではなく話し方
程度しか説明できないのが今の自分の知性なのかと思うと、悲しい。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2009-02-19 15:39 | 雑記

決め台詞

以前にも日記で述べたかもしれないが、この大学の院生はメールの最後に決め台詞として好き
な引用句を挟むのが好きである。偉人の発言や好きな本からの引用など、その幅は広い。

たとえば、こんなのである。実名は削除したが、以下の引用文はある院生から先ほど届いたば
かりのメールに載っていたものだ。

---------------------------------------―-----------------------------------
The glass is a distillation of the earth's rocks, and in its composition we
see the secrets of the universe's age, and the evolution of stars.
--Richard Feynman, Lectures on Physics, Volume 1

Kent: Is this the promis'd land?
Edgar: Or image of that horror?
--King Lear, V.iii.264-5

Yale College '04
Ph.D. Candidate
Department of English (G5)
Harvard University
――------------------------------------------------------------------------

翻訳すると

――------------------------------------------------------------------------
「ガラスは地球の岩が蒸留して出来たものである。その構成物質を覗くと、宇宙の年齢と星の進
化の秘密が見えるのだ」(リチャード・ヘイマン 物理学講義 第1巻」

ケント:「これが約束の地か?」
エドガー:「もしくはその恐ろしさを映したものかもな」
リア王 第8部 264-5ページ

イェール大学2004年卒
英語学科5年 博士候補生
ハーバード大学
――------------------------------------------------------------------------

なるほど、物理学の本からシェークスピアまで読む幅広い知識を有していることを示し、さらに
はイェール大学卒という高学歴までアピールされている。文句なしである。

ただし。

この引用がつけられたメールは、同じ寮に住んでいる学生寮長の女性から届いたもので、その
内容はこんなのであった。

「3階の女子トイレの入り口側にある便器は、オブラートに包んで言うと決して目を向けれない有
様になっています。この寮に住むj全ての女性の皆さん、公共衛生の管理を徹底して頂くよう謹
んで申し上げます。後始末はしっかりして下さい。」

「う○こをしっかり流しましょう」と注意を呼びかけるメールを送るときくらいは、シェークスピアの
引用など付けないほうがいいと思うのだが。知性の顕示にもTPOがあるとも思うのだが。

ちなみに自分は、大好きな作家、カート・ヴォネガットの次の一文を入れようかと考えている。

"We are what we pretend to be, so we must be careful about what we
pretend to be."
---Kurt Vonnegut, Mother Night
[PR]
by fumiwakamatsu | 2009-02-13 13:44 | 雑記

牛丼

現在住んでいる寮は、食堂で昼・夜の食事をすることが義務付けられている。
昼はメニューが決まっているのだが、夜はビュッフェ形式で食い放題である。
時間に追われている院生にとって料理する手間が省けるのはうれしい。しかも、
値段のわりには料理の種類も多く、栄養が偏る心配がない。

しかし、食には関しては「郷に入れば郷に従え」をモットーにしていたのだが、
年をとってきたせいか、やはり順応しきれないようになってきた。今日はことさら
そう痛感させらえた一日だった。


今日の昼は「アジアンスペシャル」ということで、日本の牛丼、ヴェトナムのフォー、
中華の飲茶から1つ料理を選べることになっていた。久しぶりなので、牛丼を頼んでみる。

すると、シェフとして働いているラテン系の兄ちゃんが、米の入った丼に、焼いたズッキーニ、
ブロッコリー、生の人参のみじん切りをのせていく。そして、「エビかビーフ、どっちがいい?」
と牛丼にはあるまじき質問をしてくる。物は試しに「エビ」と答えた。そして、最後に「ソースは
グリーンカレーとテリヤキのどっちがいい?」と聞いてきたので「グリーンカレー」と答えた。
「はい、牛丼お待たせ」と言われて出されたのは、何やら黄緑の液体のかかったエビ盛り
ご飯だった。正解があるとすれば、それは器と米だけである。

ある国の料理が正しく作られているかどうか、というのは自分は気にしない性格である。
所変わっても現地の人々にとって美味しく作られているならばいいではないか、と考えて
いる。しかし、変に期待させておいて裏切るのはあまりにもひどいではないか。
心なしか、野菜入りエビカレー牛丼はことさら辛く舌に感じられた。

牛丼の吉野家はニューヨークには支店があるそうである。
あと一歩なのだから、早くボストンにも支店を出してくれないだろうか。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2009-02-03 12:32 | 雑記

妄想特急再始動

5日前にボストンに戻ってきました。

「帰りたくない」と心の中で100回ほど唱えて帰ってきました。
日本での住み心地が快適だったから、というのもありますが、
2年半もブランクを空けていた場所に戻る居心地の悪さに
耐え切れるか、不安でもありました。浦島太郎な上に異国でも
あるわけですから。

しかし、帰ってきたら帰ってきたで意外と早く順応しております。
学部の旧友がまだ数名残っていたり、同じ研究室の後輩が面倒見て
くれたり、果てには大学時代の寮にいた友人と10年ぶりに再会したり、
日本への郷愁を感じる前に暖かい再会に迎えられております。意外にも
自分の居場所があることに自分で驚いております。

さてこのブログ。

某会社で働いていたフィールドワーク中は、関係者に読まれるのを恐れて
全く更新していませんでした。といのも、ある人類学の院生友達が、自身の書く
ブログをインフォーマントに読まれて行動をチェックされていたとの話を聞いた
ことがあったからです。というわけで、フィールドワークについては書きたいことは
山ほどあったのですが(良いことも悪いことも)、自制しておりました。

しかし、ようやく海を渡って自由になったわけですから、これからも妄想を
加速して行きたいと思います。おそらく博論を書いていく上で、噴火するかの如く
妄想・失言が湧き出てくるかと思います。今後ともお付き合いよろしくお願いします。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2009-02-01 09:04 | 雑記