ありえん

今週は多忙極まっている

・金曜日にあるPolitical Ecologyという院生のワークショップで捕鯨についてプレゼン
 前の論文を書き直して提出し、プレゼン用の原稿も作成
・修士終了試験の勉強会のために過去問を2つ解いてレポートを作成
 これも金曜まで
・月曜に担当教官の授業でプレゼンがあるのでその打ち合わせを木曜日にやることに
 幸い、前に読んだことのある本なので助かった
・とある教授に頼まれた日本語の新聞記事を翻訳
 頼まれてからすでに1ヵ月近く経ってるので、早くしないと、、、
・担当教官の研究補助
 戦後マグロ漁の歴史資料を調べるバイトをしてるんだが一週間に5時間割かないといけないのがつらい
・唯一の救いはレッドソックス祝勝会を兼ねて土曜にまた我が家でおでんをすること
 そのときには燃え尽き症候群が出てるかも

これプラス普段のコースワークがあるのでたまったもんじゃない。
じつは今日も日記で書きたいことがあったのだけれども長くなりそうなので手早く愚痴に。

今日は学校始まってから初雪だった。

追記
只今朝の4時。
昨日は5時間しか寝てないのに全く眠れない。
忙しいと逆に気持ちが高ぶるので困る。
明日もやること一杯あるのに、、、。

暗闇の中どういう経路で妄想が行き着いたのか、
アメリカに来てから全く見てないものを考えていた。
そこで、ああ、これは、って思い出したのが日傘。
アメリカ人は絶対日傘なんて使って紫外線予防しない。

夏の夕暮れ、まだ暑さも残る中、美白美人が日傘を差しながらか空を仰ぐ。
こういう景色が懐かしい。そういう日本人が恋しい。

と、思ってたらこれは「三四郎」に出てくる一シーンなことに気付いた。

オチは無いのであしからず。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-09 14:09 | 雑記
<< 文化表象・経験・主観性 理想の職場 >>