バーボンハウス

高円寺のルック商店街には音声広告がある。無機質な女性の声で高円寺にあるお店の宣伝を
延々と流している。なんか戦時中や共産主義国のようで最初は嫌だったのだが、いつの間にや
ら慣れてしまった。

数ある宣伝の中でも、おそらく高円寺住民の頭に染み着いているのが「バーボンハウス」。

男ならバーボンを飲め
疲れたならバーボンを飲め

と、命令口調で強気に客を誘う文句で始まると、

パパの癒やしにバーボンハウス
ママの美容にバーボンハウス
ぼっちゃんの健康にバーボンハウス

と、未成年にもバーボンの健康さをアピールするたくましさである。そして「スタンハンセンの看
板が目印です」と、おそらくプロレス好きの店主のこだわりを示す言葉で宣伝を閉める。

ここまで宣伝していたら、さぞかし客入りも多いのだろう、と思いこの前店の前を通ってみた。そ
こには等身大のスタンハンセンの看板が虚しく天に向かって指を突き上げているだけだった。

どなたか、あまりにもかわいそうなので一度飲みに行きませんか?
[PR]
by fumiwakamatsu | 2007-12-10 16:32 | 雑記
<< 労働を消費する 鳥葬 >>