アラビアンナイト

人類学部の教室には世界中に散らばった院生から寄せられる絵葉書が貼ってある。
一度、授業が始まる前に絵葉書を眺めていたら1枚だけ日本人の差出人から送られた葉書が見つかった。

オワダセツコ

小和田節子?
はて、どこかで聞いた名前のような?
家に帰ってからさっそくYahooで調べてみた。
するとなんと!

我らがプリンセス、小和田雅子さんの妹ではありませんか!

東大の文化人類学部で修士号を取った後、ハーバードの博士課程に入られたそうだ。
ヴェトナムのメコン地域でフィールドリサーチして社会主義政権のなか親族関係がいかに変容していったか調べていたらしい。
残念ながら自分が入学する1年前に論文の口頭試験を終えて卒業した。
くっそぉ~、あと一年早ければ、、、、。

ハーバードなんだからたぶんアラブの石油系王族の娘さんとかいるかも?
もし逆玉の輿とかできたらどうしよう?いくらでも魂売っちゃうよ。
痛いけど割礼だって我慢するさ。ガラパゴス諸島に別荘建てれるならさ。
フミタカ?いやいや、お義父さま、もうムハンマドと呼んで下さい!
あぁ、博士号なんてもうどうでもよくなっちゃうかも!!

等等、入学前は勝手に妄想特急に乗っていたんだが、以外と身近にロイヤルブラッドがいて驚いた。
小和田節子さんはうちの医学部にいた日本人学生と在学中に結婚されて今はビエナに住んでいるらしい。
ちっ、医者かよ、、、。

ちなみにイスラム教徒のルームメイトが授業補佐をしているクラスにはヨルダンの王子が生徒にいます。
「どう見ても生徒じゃないだろう?」って格好したSPのおっさん2人が学生のふりして一緒に授業受けてるそうです。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-26 09:32 | 文化人類学
<< ダウンスパイラル 心の植民地化 >>