マルクスへの誓い

マルクス Economics and Philosophical Manuscrpitsより抜粋

「もし旅行をする金が無かったら、私には旅行をしようする欲望がないのである。つまり旅行を
して自己を実現させようとする本物の欲望が皆無なのである。もし、勉学に勤しもうとする使
命感はあるのだが、そのための金がないときは、私には勉学する使命感なんてないのであ
る。それは本物の使命感ではないのだ。」

学問が好きだからやるだとか興味深いからやるという主観性はどうでもよい。
それよりもまずは自分が交換価値のある商品でないといけない。主観性とは
自己の労働力を商品化する過程で疎外されて当たり前のものである。

と、ここまで自分を追いつめて新たな研究補助費を応募する予定。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2007-03-29 01:20 | 雑記
<< 後から考えると笑える あの手 >>