どっちつかず

とある方から日本語の論文の校閲を頼まれる。

でも高校卒業以来、正式なものを日本語で書いた事のない
自分には細かな文法・言い回しの善し悪しがわからない。
じつは、その方には自分の書いたエッセーを校閲してもらった
のだが、そのときは気付かない間違いをいくつも指摘して
頂いた。同じようにして恩を返したいのだが、できそうにも
ない。全てが正しく見える。うーむ、どうしたものか。

かと言って英語ならちゃんと校閲ができるのか、と問われると
そんなわけではない。どっちつかずなバイリンガルほど使用価値が
ないものである。いつかまともな日本語・英語が書けるのだろうか。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2007-03-26 01:33 | 雑記
<< あの手 Miss Little Sun... >>