ちょっと外遊

日曜日はリンクにもある芦田の写真が展示されている「写真新世紀」を見に恵比寿まで行って
きました。展示されていたほとんどの作品が合成写真で、ここまで行くと写真というよりグラ
フィックアートの域なのではないかと思うのですが、斬新さという意味ではとても面白い作品
ばかりでした。

その中でとりわけ気に入ったのが顔の右半分と左半分を別々に組み合わせて全く同じ人物の
肖像を2つ並列している作品でした。右だけの顔と左だけの顔といのは、似ているようでかな
り雰囲気が異なり「人間は誰もが2つの顔を持っている」と作者が説明していたのが説得力あ
りました。

芦田氏の写真も数ミリの自画像を組み合わせて自己の影を撮るという奇抜な発想で良かった
です。ただ作品の説明が堅い。とても理路整然と抽象的なことを説明しておりましたが、ポラ
ンニーとか引用しても一般人は読むの苦労しますぜ。横にあった作品の説明などは「写真を
見てぷっと笑って頂ければ幸いです」くらいしか書いてなかったのですが、まあこれも彼の真
面目な性格を反映しているのでしょう。

そして、今日はアメリカに亡命したチェチェン人医師の「現在のチェチェン」という講演を青山
まで聞きに行きました。何故かと言いますと、この医師はボストンに住んでいたとき近所にあっ
た柔道場に通っておられ、そこに同じく通っていた日本人の友人Rが誘ってきたわけでありま
す。医者になる前はサンボと柔道のソ連代表選手だったという強者だそうです。

この講演で新しく知ったのは第二次世界大戦中に「チェチェン人はドイツの肩を持っている」と
スターリンが批判した結果、1944年、カザフスタンやシベリアに民族強制移動が行われたとい
うことでした。チェチェン人は帝政ロシア時代でも300年にも渡り独立戦争を続け、最終的には
併合されたものの、ロシア人からすると永遠の「憎き敵」だったのでしょう。この民族強制移動
は医師が語るところ「ドイツのユダヤ人強制収容」と同じようなものであり、100万人いたチェ
チェン人は半減してしまったそうです。当時の両親の話を語る彼は途中で泣き出し、さらには
通訳の方まで泣き出すという始末でした。

この医師は二期に渡るチェチェン戦争の最中、チェチェンに残り、医療品が不足しているにも
関わらず敵味方の区別を付けずに治療していたそうです。最も忙しい時期には48時間ぶっ続
けで手術をしたとか。昔は整形外科医として身体を美しくすることに生き甲斐を感じていたの
に、生命を守るためと言っても、足や手を切断して「障害者」を作り出すことにやるせなさを感じ
てたそうです。一緒に来ていたRは「柔道しているときはただのセクハラ親父なのに、新たな一
面を知れて良かったわ」とコメントしておりました。

この講演を聞きながら「もし人類学者として自分が戦地にいれば何ができるか?」と漠然と考
えておりました。例え目の前に瀕死の人がいるとしても、トラウマ的経験をインタビューして、
その話を分析して、一般人にはわからないような専門用語を使って表象して、学界という閉じ
られた世界で生きる術を培うだけしかできないのでしょう。さらには、インタビューすることでそ
の人を再トラウマ化する可能性すらあります。特にうちの大学ではまさにこのような元戦地で
フィールドワークをされる方が多く、たまに、やれ社会正義の実現だとか、倫理がどーのこー
の、と議論される方がおります。もし本当にそういうことを目標としているのならば医師や弁護
士になればいいじゃないか、とよく思うことがあります。

あ、なんか最後またひがみっぽくなったな。

というわけで、たまの息抜きにこういうイベントに出かけるのも良かったです。
息抜きしかしていないという見方もできますが。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2006-11-29 01:42 | 雑記
<< 奨学金という呪い ようやく委員会集結 >>