永遠につながらない言葉

聞いたことはあるけれども、一体それがどんな状態のときのことを表すのかわからない言葉ってありません?
特に主観的な感情や身体の変化を表す言葉の中には何歳になってもわかりえないものが幾つかある。

典型的な例が「胸焼け」。
うちの母親が「お好み焼きを食べると胸焼けするから嫌だ」とよく言うのだが、
一体それがどういう状態のことなのかさっぱりわからない。母親曰く、胸に酸っぱいもの
がこみ上げてくるそうだ。ただの吐き気とどう違うのだろう?

あとは「肩こり」。
ひょっとすると自分も肩をこったことがあるのかもしれないが、どこからどこまでが
疲労で、肩こりと違うのかわからない。肩を揉んでもらってくすぐったくなければ
肩こりなんだろう。

最後は「萌え」。
最近よく出てきますよね、この言葉。
どうやらピンコ立ちするようなエロさではなく、もっとフェティッシュなエロさのようだ。
渡米してから流行りだした言葉なのでわからないのも無理ないのだが、
叶姉妹を見て「萌えたー!!」というのは間違いらしい。もっと秋葉原系のエロチズムらしい。

言葉は知っているのに、その意味を理解せずに一生を終えるのは少し悔しい。

追記
レッドソックは今日も負けました。3-1。
元阪神ファンなので負けるのには慣れてるのですが、
レッドソックスはいつも追い上げそうになって勢い半ばで倒れるのが憎いです。
阪神のように負けが当たり前ならこちらも気が楽なんですが。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-10-14 08:24 | 雑記
<< The Motorcycle ... 呪いをとく会 >>