高く、高く

科学の成立は高次の視座を所有する存在が「神」から「人間」へと移行することで始まった。
中世以前のヨーロッパでは、高みから見下ろせる存在は「神」しかいなかった。
イタリアやフランスの中世都市の広場には必ずといってほど高くそびえる尖塔が隣接し、そこから町並みが整然と広がっているように、
社会の秩序とは高次の視点から発せられた”命令”に服従するが如くして形成されてきた。

しかし、ルネッサンスに入り「神」の権威が失墜し、科学者という一部の人間がその神の視座を専有することができるようになった。
どのような歴史的背景やイデオロギーで、その移行が完成したのかは詳しく知らないが
(リンクにも貼ってあるPDのJさんは、この分野の専門家なので彼女に聞いて欲しい)、
肝心なのは権力装置もそっくりそのまま移行したことだ。
つまり俯瞰的に物事を見渡せる存在者が生産する知こそが、絶対的に正しいという考え方は全く変わっていない。

科学は、高次の視点から眺めることができる物事を収集・序列化し、そこから生産・再生産さ
れた言説を”絶対”知として社会に浸透させていくことで成立していった。
それは、一般人も積極的に科学者が発する言説を欲求し、その権威に従順に屈服してきたという相互の欲が具現化した結果だ。
従って、中世では聖職者が秩序形成を司る知の最終権威者として存在したように、近代では、科学者がその王座に居座っている。
視座と権力というものは密接に繋がっている。例え高次の視座から見えるものは正しいとは限らなくても、だ。

なぜこんな堅い話を始めたかというとこれが民族誌の中でも似たようなケースが多いからだ。

民族誌を読んだことのある人なら気付くことなのだが、
たいていの人類学者は、自分の研究するコミュニティーに入っていく過程を第一章で詳細に説明する。
そこには長い旅程や、調査対象者からの拒絶、などその他諸々の苦難が通過儀礼の如く主観的に書かれている。
しかし、本論の第2章になると、そのような地平からの視点で語る”私”は消え去り、
コミュニティー全体を見渡す視点から”客観的”な語りが始まっていく。

具体的に書くと
「私は砂漠の遊牧民ヴェドウィンに出会うために、オアシスからオアシスへと渡り歩き、渇きに耐えた末ようやく1つの集団にめぐり合うことができた。しかし、そのリーダー格の男は決して私を近づけようとはせずに監視の目を光らせていた、、、、」

というような苦労話が第一章に書かれているかと思うと、第二章は、
「ヴェドウィンの親族形成は、主に交叉イトコ婚の原則で成り立っており、父方の兄弟における異性間の子供同士を結婚させることにより、父系家族の権力が維持される。」

というように社会全体を見渡す視座に移動する。
ようは、最初に「私はそこにいた」ということを明確にすることで事実により近いと読者に思わせ、そして視座を高くすることで自らの知を絶対知として送りだすことができるのだ。

このような文章の構成は民族誌なくても色ろんなジャンルの書物から見出すことができる。
しかし、読者として気をつけなければいけないのは、高次の視点だから正しいのか、という批判的な姿勢であり、ではなぜ高次に視点を移さねばならないか、その後ろに隠れてしまった科学者は一体何を目論んでいるのか、という点まで考えることだろう。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-09-30 09:37 | 文化人類学
<< 堕落 寮生活 >>