肉ノ小路肉代

4日連続で七面鳥。

木曜のサンクスギビングは毎年恒例、担当教官宅にお招きしてもらう。
彼の焼く七面鳥はすざまじくジューシーである。何故かと言うと、七面鳥の上に
ベーコンをのせて味付けしているからである。肉をもって肉を制す、である。
当日は朝から何も食べてなく空腹極まっていたので3杯もおかわりしてしまった。
総勢18人という大ディナーだったが、皆さん会話が弾み楽しい一時だった。

金曜日は彼女がボストンに残っている友人達を集めパーティーを開く。
朝から2人して生まれて初めての七面鳥を焼く。味付けはシンプルに
リンゴとリンゴソース、そしてガーリックパウダーをかけたものにした。
「この七面鳥が生きてたときはまさかケツの穴からリンゴを突っ込まれるとは
思ってなかっただろうな」とぼやきながらケツの穴にしこたまリンゴを詰めていた。
美味くできるか心配だったが皆さんに好評で突っ込んだ甲斐があった。

土曜日は彼女の友達と一緒に休日後のセールを狙って買い物に出かける。
まずは腹ごしらえ、と言うことで彼女宅で昼食。もちろん前の日の残りの七面鳥を
レンジで暖めたものである。一晩寝かせて味が染みていたせいか前日より美味しかった。
夜は他大学にいる日本人の方々を集め我が家でおでんを食べる。夜の3時まで談話。

本日、朝10時に目を覚ます。「ブランチは何食べようか?」と彼女に言いながら冷蔵庫を
開けると、七面鳥とおでんが詰まったタッパー2つが並んでいた。お互いさすがに嫌気が
さしていたがそれでもレンジで暖めて食べる。「この4日間全然野菜食べてないね」と
つぶやきながらおでんと七面鳥を交互につまむ。彼女曰く、まだ残っている七面鳥の骨を
使ってスープを作るそうだ。もたれた胃に苦しみながらためていた仕事をこなして一日が過ぎた。

ちなみに「肉ノ小路肉代」とは昔新宿で一世を風靡したおかまさんの名前です。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-11-28 12:24 | 雑記
<< あけましておめでとうございます。 真実の審判者達へ >>