謝りたい

今日のディスカッションでは、奥の方に座っていた女の子が
堂々と寝ていた。普段はよく話す子なので今日はたまたま
疲れていたんだろう、と大人な解釈をするもやはり腹立たし
くなってしまう。こっちは準備のせいで3時間睡眠なんだぜ、
という怒りを抑えコメカミを震わせながら話をしていた。

自分が通っていた大学は日本人と外国人の教授が半々
いたのだが、よく考えると決まって居眠りしていたのは、
日本人の教授が教えていたときだった。彼らの教えている
内容は精密なんだが、どうしても迫力がなく眠気に負けていた。
逆に外国人の教授はあまりまとまりがなくても気迫があり、
いつも真剣に耳を傾けていた。教えるパフォーマンス度の
高さはやはり外国人の教授の上回っている気がする。

そのように違いをわかっていてもいざ自分が授業をすると
同じように気迫のないものになっている。英語がおぼつかず
説明するときに専門用語に頼りきっているのが悪い。でもやはり
一挙一動におけるパフォーマンス力が身に染み付いてない気がする。

その点、指導教官の教え方は素晴らしい。別に人類学など興味が
なくても、聞いているだけで楽しくなるように教えている。今日なぞは、
中国でお供えものとして燃やされる偽札をいきなり教室の中で燃やし出した。
(意外にも火の勢いが強くて少し危なかったが。)そしてその後、本物の
20ドル札を取り出し、ライターを近づけて燃やそうとする。すると生徒達は
「ダメー!!」、「燃やすなら私に下さい!」と叫んでいた。そして、彼は
「なぜ2つともタダの紙切れなのに君達はそんなに違うリアクションを示すのかね?」
と掴んでおきながら認識人類学の理論を説明し始めた。いやはや、参りました。

彼のようにまでとはいかなくともやはりパフォーマンス力は重要だと思う。
しかし、今日初めて昔居眠りしてしまった日本人の教授方に謝りたくなった。
あなた方も自分がコックリする姿を見てコメカミを震わせてたんすね、、、。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-10-13 14:36 | 雑記
<< かわいい アラバマの盲人5人 >>