Party Animal

今週は一度も10時前に帰宅したことはなかった。
図書館に篭りっきり、と言いたいところだが、じつはこの3日間連続でパーティーだった。

水曜日は学部の一年生歓迎会。
今年は14人と大量に入ってきた(ちなみに自分の学年は7人)。
相変わらずうちの学部にはファンキーな子が多く入ってくる。
レズビアンであることを公表したために軍隊を除隊させられた黒人の女の子と話をして盛り上がった。
サングリアをしこたま飲んで酔っ払い、次の日はグロッキー。

木曜日は以前にも日記に書いたライシャワー日本研究所のキックオフパーティーへ。
2年ぶりに着たスーツはありえないほどきつかった。
強引に腹を引っ込めて履いたズボンはコルセットを着たヴィクトリア時代の貴婦人並だった。
去年は誰も知り合いがいなかったら辛かったが、さすがに1年もいると知り合いが増えたので今回は苦痛じゃなかった。
驚いたことに、上野のホームレスコミュニティーで調査していた人類学者が今年からポスドクでハーバードに来ていた。
彼女の博士論文はすでに読んでいたので挨拶してみると、
「あたし、ホームレスの間では”デブ女”って呼ばれてたのよ」、と笑いながら話してくれた。
よくこんな綺麗な白人女性が一緒に住めたなあ、と不思議に思うほど活発で素敵な人だった。
なんというか、文化相対主義を体で学んだタイプの人類学者だ。
こういう人が好きだ。

そして今日は人類学部のキックオフパーティーへ。
毎年、学期始めには「Anthropology Day」と言って、生態人類学、考古人類学、社会人類学の3つが集まって一日かけて学会を開く。
普段は授業しか受けれない教授の研究成果を聞ける貴重な一日だった。
夕方からはピーボディー博物館でパーティー。
「いいか、日本語には”ただ酒より高いものはない(Nothing is more expensive than free beer.)”という諺があるんだ」、
と同期のメキシコ系アメリカ人Eにでたらめを言っていたら、
「なに?日本人はなんて思慮深いんだ!」と感心していた。
そして、ただ酒をいいことに2人で「Sol!」と乾杯しながらビールを飲みまくっていた。

明日はボストン中の日本人大学生が集まるパーティーがある。
禁煙は実行しているものの、禁酒はいたって実行されていない。
まあ日中はちゃんと勉強しているしプールにも行ってるので悪くはあるまい、と納得させている。
自分に甘いなぁ、俺は。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-09-25 13:33 | 雑記
<< Sunny Day Service ああ、とうとう >>