「わかっちゃいるけどさ」のフェチ

じつは日本にいた頃からある友人よりフェチバトンなるものを頂いておりました。
何かひねりを利かせた答えを考えているうちに月日が経ち、もうもらったことも
忘れておりました。そして、昨日、ジジェクの本にある「フェティシズムとその変化」という
章を読んでいたので、久方ぶりに思い出したました。ですので、お答えします。

お答えする前にまずフェティシズム。これほど学術用語が巷に広まった例も少ないです。
よくフェチと言われてますが、日本語にすると物神化です。ある物が神さまに化けてしまうことです。
何かしらその物自体よりすごく見えてしまう、崇高に見えてしまう、ということです。そして、
それを手に入れようとする欲望に駆り立てられてしまうことです。

ただの皮バッグにLとVが折り重なったマークが入っただけで、なぜあれほどいいバッグに見えるのか?
なぜ女性の胸にある2つの脂肪の膨らみが大きければ大きいほどおっさん達は喜ぶのか?
よく考えたら不思議な話です。その物自体は皮袋と脂肪なのに、何がそんなにいいのか?
皆が皆ではないですが、それらを手に入れるために必死になってしまう方々がおられます。

しかし、面白いのは実際手に入れて”本物”の価値を知り、何もそれ以上のものではないと
わかったとき、フェティシズムは消えてしまうのか、という問題です。「なんだ、こんなのただの
皮袋じゃないか」「ありゃただの脂肪じゃないか」「何も苦労して手に入れようとする必要なんて
ないじゃないか」という境地に立ったとき、のことです。ジジェクが言うには、よりよくその物の価値
を知ってしまったときにどういう行動をとってしまうか、ということが問題なんです。

大抵、フェチズムを感じる物は、「わかっちゃいるけど、それでもね」と、一度手に入れてももう
一度手に入れようとしてしまいます。自らの非合理さを認めながらも、また欲望に駆られて同じ
行動を取ってしまうのです。我が家の姉貴などは、去年あれほど「もう自称ミュージシャンと
付き合うのはこりごり」と話していたのに、今年帰省したらまた自称ミュージシャンと付き合って
ました(「せめて他称にしなよ」とは言ったのですが)。つまり、本物をの価値の無さを知れば知るほど、
「わかっちゃいるけれども、それでもなんかいいのよね」という幻想が強くなっていき、同じような
物を手に入れようとする行動に駆られてしまう、とジジェクは言っております。

で、何が言いたいかと申しますと、フェチバトンを答えるにあたり、手に入れたことのないものを
ただ漠然と語るよりかは、何度も手にして「もうこんな馬鹿な思いはしない」と決めたはずなのに
それでも、同じように手に入れたいと繰り返してきたことを「フェチの対象」とすべきだ、と思ったわけです。

と、前置きが長くなりましたが、フェチバトン。

Q1.あなたは何フェチ?

巨乳!!!

なんて、書いたらとても見栄っ張りの嘘つきに聞こえますよね。
もう二度と馬鹿なことはしない、と何度自分に誓ったか、、、、、。
これが嘘かどうかの判断はお任せします。嘘なんですけど。

巨乳よりかはフェティシズムそのものにフェチです。

フェティシズムのメカニズムについて解明した人は一体どんな
フェチに駆られるんだろう、ととても不思議に思います。ちなみに
ジジェクは下着モデルの女性と結婚したそうです。わかりやすぅ。

Q2.異性を見る時、まず何処を見る?

こういうところで、二の腕、とか、足首、とか、目、なんて書く奴に
限って相当ムッツリですよ。女性の皆さん、気をつけて下さい!「お前、
本当に見たいところは他にあるんだろう?」って突っ込んでやって下さい。

私、根暗な男なので女性と正面から向き合えません。
そりゃ、見たいと思うなら、あれですよ、、、ムフフ、、、。

Q3.最近プッシュ出来る部位

腹が勝手にプッシュされてきています。

Q4.異性の好きな部位5つ

「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。」

Q5.フェチを感じる衣装は?

バブル絶世期にお立ち台の上で扇子ふりながら踊ってた人達のボデコン。
わけのわからない所にあんなに穴が一杯開いてた服、あれ以前も以降もないですよね。
もし「あの人達は今!」のようなドキュメンタリーがあれば、是非ともあのボデコンを着ていた
方々を追ってもらいたいものです。「あのときは扇子ふって踊れたのよねぇ、、、」なんて
遠い目をしながらタバコ吹かしてそうですよね。あ、こういう人にフェチです。

Q6.回す人(必須)
やっぱり、こんな楽しい質問は普段クールぶっている奴に渡したいですよね。
というわけでAshida選手、よろしくー。実体験に基づいたフェチを包み隠さず話すように。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-09-06 13:52 | 雑記
<< ロス、結婚式、若松家 Empty Master Si... >>