趣味悪いですから

バジさんよりMusic Batonなるものを受け取ったのでお答え致します。
どうやら音楽に関する5つの質問を答えるそうです。はじめに言い訳して
おきますが、自分の音楽の趣味は最悪です。誰かが我が家に遊びに来た際には
氷山の一角であるまともな音楽をかけますが、1人で聞いているときは恥ずかしくて
聞かせれないようなものがたくさんあります。しかも「好きなジャンル」などなく、
その都度の気分に最も合う音楽を選ぶので幅広く聞いております(パンクから演歌まで)。
では言い訳はこのへんにして以下の質問にお答えさせて頂きます。

1「今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量 」
I-Tuneを調べてみたら298,4MBも入っておりました。
I-Tuneだと試聴ができる上、一曲100円程度で買えてしまうので
ひょいひょいダウンロードしてしまいます。アップルに負けています。

2「今聞いている曲」
たった今、闇雲にI-Tuneでシャッフルしたらルイ・アームストロングの
「What a Wonderful World」がかかりました。いい歌ですよね、これ。涙誘われます。

3「最後に買ったCD」
上にも述べたとおりI-Tuneだと曲別で購入するのでCDは全然買っておりません。
一番最後に買ったのはWild Cherryの「Play That Funcky Music」だったと思います。
蒸し暑いなかファンクを聞いて一人ニヒルな笑いを浮かべ、「俺はジーパンの
松田優作だ」と妄想しているとかなり楽しめます。ふふふ、ふふふ、、、。

4「よく聞く、または特別な思い入れのある5曲」
(1)ロシア赤軍男声合唱 「ステンカラージン」
このアルバムは大学の寮に住んでいた頃、隣の部屋にいたゲイの友人から借りてコピーしました。
たしかロシア革命が起こり、シベリア出兵の時期に録音されたものだったと記憶しております。
革命の血潮が轟く熱い男達のけたたましい歌声が堪能できます。マルクスについてレポートを
書いていたときはずっと流しておりました。熱くなりすぎて字数制限を遥かに超えてしまったのを覚えております。

(2)Millencolin 「Story of My Life」
こちらでグロい映像付きで試聴できます。スウェーデンのポップパンクバンド。
高校のとき、自転車で通学しながら毎日のように聴いておりました。ライブにもいきました。
青春の一曲でございます。余談なんですが、高校のときは剣道部に所属していて、
夏休み中の練習が終わったあとは水を一滴も飲まずにこの曲を聴きながら自宅に帰りました。
そしてお中元でたんまりあったビールを一気飲みし、ぐるぐる回る天井を見ながら昼寝してました。
おいしいビールを飲むために剣道をしていた、そんな青春です。公式戦で一度も勝った事なかったな。

(3)さだまさし「関白宣言」
これは聴くというより歌う曲です。女の子とカラオケ行くときには必ず歌います。
これから嫁ぎに来る嫁に向かって語る歌なのですが、第三節に「俺より先には死んでならない、
最後死ぬ間際になったらお前の手を握って『俺は本当に幸せだった』と言わせておくれ」
と、いうような歌詞があります。この部分が差し掛かると「ええか、ここからがええんやぞ。
よー聴いとけよ」と説教し出すのでとてもうざがられます。第二節には「俺は浮気しない、
多分しないだろう、でもしちゃうかな、覚悟はしておけ」とあり、笑いを誘ってから落とす名曲です。

(4)「And Yet」
誰が歌ってたか忘れましたがゴスペルの曲です。昔入ってたゴスペルサークルで歌ってました。
苦しみの中に楽しみがあり、賑やかさの中に静けさがあるようなとてもゴスペルらしい曲です。
この曲が大好きだったのを知っていた後輩達がアメリカに留学する直前にわざわざ自分のために歌ってくれました。
まったくかわいい後輩達です。その後輩達が6月25日にライブをするそうなので、東京におられる方は
是非足を伸ばしてみて下さい。100人近くのクワイヤーで迫力があります。詳細はこちらまで。

(5)J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第4番 by ヨーヨー・マ
ちょっとはまともな曲も聴くんですよ!ヨーヨー・マが弾くと上下の動きが大きく、
船に乗っているような気分になれます。去年、うちの大学の音楽祭で彼の生演奏を
聞きにいったのですが(しかも無料!)うちのめされました。

5「休日の天気が良い日に聞きたい曲」
夏木マリ「私の青空」です。この歌詞は、失恋で目を泣き腫らしながら部屋に籠っていた
女性が、久しぶりに外に出て朝市の花を買いに出かける内容です。不幸があるから幸福になれるってもんです。

長々と書いてしまいました。こんなんで良かったのでしょうか、バジさん?
誰かにバトンを渡さなければいけないそうですが、自分より遥かに服装・音楽の
センスがいいJitsuroにお渡しします。ってか読んでる、このブログ?
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-06-22 14:14 | 雑記
<< 一句 社会学者 VS 人類学者 >>