5/27-5/29

5/27 昼間まで自宅で勉強しているとDから電話。Dの友人がチャールズ川に釣りに行く
    というので一緒について行く。その友人はタフツ大学の教授だったのでえらい
    緊張したのだが、初めてするルアー釣りの手ほどきを丁寧に教えてくれた。
    2人とも釣れたのは川の底でひっかっかた藻だけ。正直、1時間で飽きた。
    北欧の漁村なぞ行かなくて良かった。夜はDの友人達と一緒に中華料理を食べに。
    そしてその後は翌日コスタリカに出発するA宅に挨拶しに行く。Aは丁度
    最後のレポートを終わらせてパッキングを開始したところだった。持って行く
    荷物の中にサイードの「オリエンタリズム」が入っていた。「今までちゃんと
    読んだ機会がなかったからビーチで読もうかと思って」だそうだ。ビーチで
    読みたくない本NO.1に輝けそうな本なのに。翌朝4時半に出発するそうなので
    早めに切り上げて帰宅。

5/28 昼からルームメイトと映画「Crash」を見に行く。ロスの人種問題を扱った
    秀作。お勧めです。3時頃からボストン市内へ。連休のせいかどこに行っても
    観光客で一杯だった。5月の太陽を浴びながら歩くボストンは確かに最高だ。
    夕方には帰宅して日本人の友人3人と我が家で夕食会。鳥の煮物や麻婆なすなど、
    久しぶりにまともな手料理を食べて感激。 話は実践学と学問の違いなどで
    盛り上がる。大学院に来る前まで象牙の塔に籠って批判しかしない学者に
    対して嫌悪感を持っていたが、今や全く逆になった自分に少し驚く。皆が
    帰った後、2年ぶりにロスに住む長男に電話。色々と家族の問題について
    話しをしたが長男が酔っぱらっているのでまともな会話になっていなかった。
   「何でお前は勉強なんかして楽しいんだ?早く社会に出て金を稼げよ」という
    ことを5回くらい言われた。最も堅実派の長男にとって金にならない研究を
    する理由がわからないらしい。結局、2時間の長電話。兄弟というのはお互い
    の違いを曝け出し合いながらも繋がるもんだ、と改めて実感した。

5/29 昼まで自室で本を読む。前日遊びにきた友人が「急に天気が良くなってきたから
    カヤックに行かないか」と誘ってくれた。「ではHarvard Bridgeにて○時に
    集合しよう」とこちらから指定する。これが間違いだった。30分たっても彼らは
    現れなかった。仕方ないので諦めて帰宅し電話をかける。するとHarvard
    Bridgeはキャンパスから遠く離れたHarvard通り沿いにある橋であることが
    判明し、彼らはわざわざ電車に乗ってそこで待っていた。自分が思ってた
    Harvard Bridgeはキャンパスに最も近い橋のことだったのだが、正式には
    別の名前だったようだ。お互い平謝りして次こそは実現させようと誓う。
    しかし、早く携帯を買わないと周りに迷惑になってきたな。その後は昼寝、
    読書、飯という喰っちゃ寝の優雅な半日を過ごす。

5/30 普通の日記なってきたな、このBlog。
    
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-05-31 00:51 | 雑記
<< graduation party Tonny Smith >>