一心同体

アメリカに来てからよく感覚のわからないことが1つある。
それは夫婦の一心同体性。公の場だと必ず夫婦同伴で行動される人々がいる。
善悪の判断は抜きにして、状況によってはなぜそこまで一緒にいるのか不思議になることがある。
例えば、ある教授は授業に奥さんを連れて来たりする。奥さんが生徒と一緒にゼミで議論している。
たしかに仲睦まじくて素晴らしいのだが、少し公私の区別を付けたほうがよいのでは、とも思う。
伴侶を常に優先すべきなのか、それとも周りの人間に合わせて行動すべきなのか、
その判断をどうやって決めているのか疑問になることが多々ある。

ある友人が院を卒業するので親しい間柄の仲間内でお別れ会をすることになった。
彼がチャイナタウンで飲茶を食べたいと言うので一同賛成して場所と日程を決める。
が、ここで1人反論した子がいた。彼女の旦那が「飲茶は汚らわしいので、できれば
別の場所で食事したい」と言い出したからだ。お別れ会の主役である友人が飲茶を
食べたいと言っているのに、もしそれを汚らわしく思うのなら関係のない旦那は
無理して連れて来る必要はないだろうと自分なら思う。なぜそこまで旦那を優先しよう
とするのかがわからない。結局、主役の友人が折れて別の場所を探すことになった。
しかし、業を煮やしていたので「他人の食べているものを汚らわしいと呼ぶのは
相対主義の人類学を学んでいる俺からすれば非常に失礼なことだと思う」と論点は
ずれているけど、一言申し上げたかったので彼女にメールを送っておいた。

ところで、最近あまり人と会ってないせいかつまらぬことに腹を立てたり悩んだりしているな。
この引きこもり生活もあと少し。ああ、早く外に出たい、、、、。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-05-18 04:41 | 雑記
<< フィールドワーク心得 ジレンマ >>