そんなものなの?

日本のシンクタンクで働く友人からメールが来た。

「経済産業省の国際経済室からの委託で、外国人労働者活用の海外事例収集をしている。
今度アメリカに調査をしに行くことになったが、、調査を受けれいれてくれる民間企業が
見つからない。できれば大学の友人のツテでどこか紹介してくれないか。企業の条件としては、

・インド人や中国人のSE等を雇用しているIT企業
・メキシコ人他、ヒスパニック系等の単純労働者を雇用してい
る輸送業者(流通業界)、食品加工業者、機械・輸送機等製造業者、建設業者 など

今回の調査結果は日本の外国人労働者受入れ政策に影響を与える可能性が高く、
海外の先進事例を学ぶことで、日本で海外と同じ様な問題(人身売買等)が発生させない
ためにも重要な調査と言っても過言ではない」

との内容。驚いたことが2つ。

まず、対象企業を選定する前からアメリカに出張することが決まっていて、その選定を友人に任せるといういい加減さ。
そして、外国人労働者を受け入れるのなら「上層」と「下層」しか認めない、という前提で調査を行っている点。
もちろん、ツテなど一切ないので友人には断りのメールを送っておいた。しかし、こんないい加減な調査を元にして
「日本の外国人労働者受入れ政策に影響を与える可能性が高」いなんて、恐ろしい話だ。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-04-23 14:41 | 雑記
<< 文化人類学者アトラス 普遍性と特殊性について >>