慢性就職難の中で

面白いサイトを見つけた。
文系大学院生の傾向と対策

院生は無益な疲労・消耗・自己嫌悪に駆られる。
文系の博士課程を出て職につけるのは3割だけ。
学歴が高いだけに企業も無駄に高い給料を払いたくない。
だ、そうだ。人類学なら就職率は3割どころじゃないだろう。

ここまで悪条件が揃ってるのに文系大学院に行くということは
頭が良すぎるのか、ただの馬鹿なのか、それとも社会不適合なのか?
学者になるのは無理と悟ったら手遅れにならないうちにとっとと辞めるべきなのか?

自問しても「いい論文を書きましょう」という答えしか見つからない。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-04-15 13:36 | 雑記
<< The Plague of F... 文化産業と芸術の人類学 >>