Burning Out

以前、35歳の大学院3年目の人と話をしていたときのこと。
彼は働いた後に地域研究の修士を取り、その後で博士課程にきた。
「大学から直接院に来る奴等は駄目だ。研究課題も定まってないくせに、
燃え尽きた、とか愚痴ってくる。一度社会に出て目標を持ってから院に来ないと
博士課程なんて乗り切れるわけがない。俺は歳取っているけどやる気は人一倍だ。」
自分が直接大学から来たことはふせていたので、彼はなんのためらいもなくそう言った。
こうやって若い院生を非難してしか自己弁護できないんだろうな、と思いながら聞き流していた。
別に大学から直接来ても自分は研究課題がはっきりしているし、燃え尽きてもいない、と自負していた。

が、最近少しその自信が揺らいでいる。「燃え尽きた」とつい漏らしてしまいそうで恐い。
勉強が嫌いになったわけではないのだが、ふんばりがきかなくなった。去年は睡眠5時間で
毎晩レポートを書いても乗り切っていたが、どうも今学期は集中力・根気が入っていない。
冬休みも春休みも皆無に等しかったので休息が足りてないから、とも言えるけど、週末の夜は
友達と映画見たり食事したりして(去年はそんな暇すらなかった)適度に休んでいる。
ただ漠然とした疲れが残って図書館に向かう足取りが重くて仕方ない。頭の回転も鈍い。

一度働くか修士を終えてから来たほうが良かったかも、と考えてしまう。
25歳というのは幸いうちの学部では若いほうで、大抵26,7歳で入ってくる。
すでにアフリカで難民救済のNGOで働いていた人や、大学の講師をしていて
35歳になってから一念発起して博士課程に来た人もいる。やはり経験を積んだだけ
あってか、年配の学生のほうが知識量が豊富で意見も明確だ。読書の効率も早い。
学部時代の指導教官が「働いてるうちに図書館の匂いに飢えて来たから大学院に行った」
と言っていたんだが、たしかにそれほどのハングリー精神がないといけないのかもしれない。

日本の大学院に行っているある友人は借金してまでも勉強しているのに、
ネガティブな気持ちを超越したストイックさがある。使命感に燃えている。
今以上に良い環境はそう滅多にないのだから、やはり自分に甘えてるんだろうか?
こうやって自分を外から眺めながら「根気だせ」とか言っている状態にむかついている。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-04-07 13:05 | 雑記
<< 劇場国家と曼荼羅国家 ジェットコースター >>