悪夢

b0017036_13121227.gifここ2,3日寝付きが悪い。
フランツ・ファノンの「地に呪われたる者」を再読したせいだ。
悪夢ばっかり見て、夜中に目が覚める。体もだるい。


最近、ボストン在住の日本人院生が皆将来に不安を感じている。
どうすれば自分の学問に熱中できるのかがわからなくなったり、
もう燃え尽きてしまって、自己を鼓舞する力がなくなってしまったり、
果てには「ただ三食昼寝付きの生活が欲しい」と専業主婦を夢見たり、
博士課程という長く暗いトンネルの出口が見えなくなってしまってるようだ。

ここ数ヶ月の日記にも表れているが、我が身もかなり苦しい。
帰宅して「あーつっかれったな~♪」と鼻歌のように独り言を呟くとき、
「あー、大学院辞ーめたいなあ~♪」とポロって言ってしまい、
「あれ、俺何言ってんの?」と自分の言葉を疑ってしまう。

季節のせいというのは多分にある。
外は毎日氷点下で部屋に篭りがちになる。
誰かと接していないとマイナス思考に偏ってしまう。

しかも院の研究って単独で地道にやるしかないので、
誰かに頼ろうとしてもあてにできない。ひたすら本を読んだり
実験をして、1人で結果を出してなんぼの世界である。
そのぶん、少しでも上手くいかないときがあると自己否定しまう。
他人を責めようにも責める理由がないので、己しか非難できない。
この点が会社勤めとは異なるんじゃないだろうか。

あとは鬱憤を発散する場所がないのもいけない。
特に学科の同期にはメキシコ人のE以外飲む人がいないので、
ビールを馬鹿飲みして騒いだり罵ったり裸で走ったりできる相手がない。
(昔住んでた大学の男子寮では日常でした。)
もうお酒にもっかり弱くなりビール2本飲んだら気分が悪くなる。
新橋で千鳥足になっているサラリーマンが羨ましい。

しかし、こう鬱になる条件を書いてみると
(1)暖かくなって外に出て、他人と接触を保ち、
(2)適度に非難できるような仮想敵を作り、
(3)気付いたら何も着ていない、というくらい酔っ払い
さえすれば、気分もすぐれて来るようになるんじゃないか?

後は上の条件を満たせれるほどの時間さえあれば解決するな。
一日36時間にならんかなー。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-02-28 13:16 | 雑記
<< 再会 愛情一本、Red Bull >>