夢の王国

何も言わずこのサイトを見て欲しい。これは最近アメリカに進出し始めたスウェーデンの家具屋さん、Ikea。

普段は全く物欲が無くて困るほどなんだが、今日だけは負けてしまった。

昨日の日記で書いたとおり、今日はMさんの引越しを手伝いにNew Havenに行ってきた。
全く家具の揃ってないMさんは、出来たばかりのIKEAの支店に行ってみたい、ということでRと一緒について行った。

もう、ぶったまげた。
どの商品を見てもかっこよすぎる。
触りたくて、座りたくて、寝っ転びたくて仕方なくなった。
初めておもちゃ屋さんに入ったときのような気分だった。

あまりにも歩く速度の遅い自分に2人はしびれを切らしたので別行動をとることに。

じつは、去年から読書用の1人掛けソファーが欲しかった。
大学院生にはわかってもらえると思うのだが、快適に座れる椅子があるかがかなり成績に左右する。
長時間、疲れず且つだらけずに座れる椅子がないと山のような読書量はこなせない。
気持ち良過ぎてもいけないし、気持ち悪すぎてもいけない。
微妙なラインなのだ。

ソファー売り場では3時間ほどかけて全ての椅子に座ってみた。
本を読む真似をし、足を組み、はてには胡坐をかく。居眠りする真似をして、眠りにくさを確認する。
精査に精査を重ねて、一つ一つのソファに座ってみたうえ、価格とデザインに目を向ける。
そして、最後に射止めたのがこのPOANGって椅子。

b0017036_1365251.jpg


一見堅そうだが、ほのかなリクライニングが心地いい。デザインもシンプルだ。しかも値段は一万円程度!

素敵な椅子に巡りあえた余韻に浸りながら、ずっと展示してあったPOANGに座っていた。
これで頭良くなること間違いなしだ、ふふふ。

と、にやけていたら携帯がなった。
そこからはMさんの怒声が聞こえてきた。

「何やってんの?あたし達はとっくにレジ出てんのよ!他にもすることあんだから急いでよね!」

と、まくしたてられた。急いで買って、車で待つ2人のもとへ戻った。
そして、Mさんは今にも爪を割らんとする勢いだったので謝り通した。

午後は、ずっとMさんの部屋で家具を組み立てる。
「あたし、英語の説明書読むの嫌いだから」と言われて、ベッドから机まで全てRと2人で組み立てる。
タキッていた(前日の日記参照)2人を気遣ってくれたのか、Mさんはピザをオーダーしてくれた。
そして、最後には30ドル渡して、「これで帰り道何か食べなさい」という太っ腹さだった。

そういう優しさ見せてくれるなら、もっとIKEAに居させてくれても良かったのに、、、
、と帰り道、Rに愚痴を言いながら、2人でマックに寄っていった。


P.S
IKEAの支店はまだ日本にありません。2005年に横浜で第一号店が出るそうです。
詳しくはこちら
でも関税が高くて、日本の皆さんとってはお手頃価格にならないでしょう。
いやあ、本当、残念の極みですな、、、プププ。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-09-07 13:33 | 雑記
<< 4年越しの負け 「爪割ろうか?」 >>