神学部のパーティー

昨日は上智のときからの友人であるAの誕生日パーテーに行ってきた。
羨ましいことにゲイである彼は女の子のルームメイト3人と一緒に住んでいる。
「話題が合うから女の子のほうが気楽だよ」だそうだ。そうなのか。

しかし、みんな神学部なのにかなり乱痴気な雰囲気だった。
ショットをガンガンやって、煙臭いかと思えばマリファナ吸ってるし、
音楽かけて踊り始めればもう目も当てられないほどエロい踊り方だった。
と、言ってもAのゲイ友達と女の子というペアばっかだったので女の子としては
何も違和感がなかったのかもしれない。こりゃ入れんわ、と疎外感。

でも何人か面白い人に会った。
ゲイの人達が集まる教会で説教をしているゲイの神学生。
酔っ払ってたので詳しくは覚えてないんだが、
聖書がいかに同性愛を肯定しているか熱く語っていた。
あと日本人と白人のハーフの超綺麗な女の子。
相変わらず美人に弱いので会話が全くぎこちなかった。
最後に「一緒に踊りましょうよ」と誘われたものの、
「あー、ごめん、俺恥かしいからいいや」とつれない返事をしてしまった。
「そう、じゃあまたね、、」と1人でダンスフロアに行かれてしまった。
フロアではAが女の子と一緒に「駅弁」スタイルで踊っていて、
しかも女の子が男役でAが持ち上げられてハァハァした顔をしていた(こら!神学生!)。
どうしたらここまで恥を捨てれるものか、と少し羨ましかった。
まぁ、カーニバルだから象徴的逆転が起こっても仕方ないよな、
などと、こんなときにも人類学用語が出てくるのが悲しい。

誕生日ケーキと一緒にAがプレゼントをもらっていた。
1つは「Sorry Girls, I'm Gay」と書かれたステッカー。
あともう1つが吃驚したんだけれど、なんと食用パンツ(チェリー味)!
このときばかりは、さすが消費大国アメリカって感心してしまった。
「へへへ、誰にはかせよっかなぁ」と不気味に笑うAを見ながら、
6年前は一緒に上智の男子寮で暮らしていたことが不思議に思えた。

とりあえず、楽しかったです。
今日は二日酔いが酷かったけど。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-02-13 13:14 | 雑記
<< ホームレスの後には すごい一文 >>