ヨーロッパを発射せよ!!

前回話していた科学vs科学について書かれた民族誌がようやく1つ見つかった。

タイトルは「Launching Europe!(ヨーロッパを発射せよ!)」。
EU宇宙研究所で各国の科学者が共同してロケットを打ち上げるまでの過程を描いている。
この企画はEU統合の政治的シンボルだった。過去の確執を越え、いかにヨーロッパ各国が協調して
1つの大イベントを成し遂げることができるかを示す企画だったのである。
しかし、そんな期待とは裏腹に内部は各国の科学者同士の確執が絶えなかったようだ。
このような場所で著者のザブスキーは人類学の古典的論題、
分業(Division of Labor)と社会結合(Social Corporation)について述べている。

まだ序章しか読んでないので、書評はまた今度。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2005-01-25 16:34 | 文化人類学
<< ふぅ なぜ一語なのか? >>