恐ろしや

Exciteのブログページで「文化人類学」と入れて検索してみた。
ヒット数はおよそ30。ほとんどが文化人類学を専攻している人のサイトだった。
1つ1つ読んでいたのだが、感想は「病んどるなぁ」だった。
以外にも自分のように海外の大学・大学院で学んでいる方が多くて吃驚。
しかし、別に文化人類学をやっているからって社会に適応できなくなったり、
結婚できなくなったり、貧乏で死んでしまうはずは無いとは思うんですけどねぇ。
もっと楽しく明るく健やかに文化人類学しませんか?と書き込みたくて仕方なかった。

さて、一番最後に出たブログで驚いたことがあった。
そこにはとある文化人類学者の講演に行ったときの話が載っていた。

『今日はLSEのMoore教授の講演に行ってきた』
、、、ぬ、どこかで聞いた名前。
『講演の後、人類学部のクレイマン教授が質問をした。』
ええ、クレイマンって俺今授業取ってるんですけど?
『その質問をMoore教授はジョークで切り返し、会場は拍手喝さいだった。』
って俺もそこで笑って拍手してましたよ!!

偶然にも先週の月曜日に行った講演にこのブログの持ち主の女性も来ていたようだ。
どうやらうちの大学に客員研究で来ている旦那さんと一緒に文化人類学を学んでいるらしい。
他の日の日記を読んでみると、日本では非常勤としてどこかの大学で教鞭を取り、
ハーバードに滞在している間に博士論文を仕上げたい、と書いてあった。
講演会場を思い出しても全然誰だか見当がつかないんだけれども、
もしこの方とお会いできる機会があればお話してみたいもんだ。

しかし、ちょっと寒気がした。
ひょっとすると、自分では気付いていなくても
身近にいる誰かがこのブログを読んで自分を観察しているのかもしれない。
これからは下ネタを控えたほうがいいな。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-18 11:26 | 雑記
<< へりくだった高み Japan as No.1 だ... >>