日本人論について

「日本人は論理的思考より曖昧さを好む」
「日本人は個人主義でなく、間人主義だ」
「日本人は陽ではなく影に美意識を感じる」

海外在住経験がある方々は、外国人に対して
「日本人とは何か?」という説明をしたことがあるのではないだろうか?
その時に語った日本人の特徴というものを思い出して頂きたい。
そのほとんどは「西洋人」と対照になった特徴じゃなかっただろうか?
日本人の中に無数に存在する差異を忘れ、均質的かつ仮想の「日本人像」を作りあげてなかっただろうか?
でもよく考えると、なぜ日本人・日本文化を特有なものとして語らなければいけないのか、
一体何が自分をそう語るよう駆り立てるのか、不思議にならないだろうか?

もしこのような疑問に当たった方がおられれば是非お勧めしたい文化人類学・社会学の本がある。

1つめは「イデオロギーとしての日本文化論
これはハルミ・ベフという日系アメリカ人の人類学者が書いた本。
第二次世界大戦で日本が負けて以来、日本では「日の丸」、「君が代」など
自国のアイデンティティーを固定化させる象徴がネガティブに捉えられるようになった。
ベフ曰く、この「象徴的空白」を埋めるようにして日本人論というジャンルの本が戦後流行した。
ベフはそれらの本の中で想像上の日本人像がいかに「均質的・反西洋的」に描かれているか、テキストの分析を行っている。

2つめは「文化ナショナリズムの社会学-現代日本のアイデンティティの行方」
昔は上智で教えてたんだが、今は東大の社会学部で教鞭を取っている吉野耕作教授の著作。
じつは英語版の序章を読んだだけなので内容は詳しくしらないんだが、
吉野は一体そのような日本人論の本がどのような読者層に受け入れれているのか、消費傾向に焦点を当ている。
教育を通じてではなく、消費活動を通じた「愛国主義」というのは日本に特有なのではなく、他の後進産業国にも見られる傾向だそうだ。
まだ勉強不足なのでこの本については以上。

3つめはまだ和訳されてないんだが「Discourse of the Vanishing
これはMarilyn Ivyというコロンビア大学の人類学者が書いた本。
この本はとにかく難解なんだが、強引に一文でまとめると、
「日本は近代化すればするほど伝統の呪縛に祟られる」という内容。
日本は経済・軍事において、近代化する過程において常に西洋を目指してきた。
しかし、その近代化が飽和状態に近づくと逆に西洋とは異なる「日本像」が必要となってくる。
Ivy曰く、そのような日本像というのは常に日本の周辺部に位置づけられ、「消え行く言説」として表象されている。
つまり、放っておくと日本人というアイデンティティーは消えてしまうので、それを周辺まで行って取りもどさなければいけない、という形で表される。
そこでJRの「エキゾチックジャパン」という広告や、「遠野物語」の舞台になった遠野の観光化について分析して、
特に都市部に住む日本人を自己のアイデンティティー探しに駆り立てる文化産業・教育政策などについて論じている。

このBLOGは幸いに、海外在住、もしくは在住経験がある方々に多く読まれているようだ。
自分もそうなんだが、もし日本人・日本文化について語ることを職業としている人には特にこの3冊を読んでもらいたい。
日本人論の具体例を挙げると、美学の分野では谷崎の「陰影礼賛」、
建築学・都市学などでは陣内の「東京の空間人類学」や芦原の「隠れた秩序」、
文化人類学では中根の「タテ社会の日本」、漫画なら小林よしのりの「戦争論」かな。
もしこれらの本を読んで納得した経験のある方なら、なぜ自分が納得してしまったのか、
その答えを示唆してくれるいい機会だと思う。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-16 14:12 | 文化人類学
<< Japan as No.1 だ... 風格について >>