デュルケイムが個人と集合的良識について語った有名なお話


クリミア戦争が勃発後、ユダヤ系フランス人の軍曹がスパイ容疑で裁判にかけられた。彼の冤罪を証明するために作家のゾラ、そして社会学者であったデュルケイムが弁論に立ち会った。同じユダヤ人として同胞意識があったのは確かだが、デュルケイムは次の演説で見事に裁判官を説得させた。「私はこの軍曹個人を擁護しているのではない。彼を守ることでフランス国家が培ってきた平等概念を擁護しているにすぎない。彼を不当に扱うのは国家という集合体を崩してしまうことになるのだ。」

この話を聞いて個人という単体に法の平等概念が集合的良識として表象される、というのが何か始めて理解できた。

中学時代、技術の先生に「お前の父ちゃんヤクザの弁護士やっとるんやろ?その道では有名な人らしいな」と言われ、ものすごいショックを受けた。家庭では一切仕事の話をしない父親がヤクザを客商売にしてるとは全く知らなかった。本人に確認すると笑って適当にごまかしていた。でも、非難の目で見つめる子供に対面して少し悲しそうにも見えた。

正式な顧問ではないにせよ父親はある暴力団の刑事事件を一手に引き受けていた。ある日父親がいないときに事務所で裁判記録を覗いてみると、麻薬、銃刀不法所持、強姦、殺人などありとあるゆる犯罪が記されていた。本当に父親が悪の片棒を担いでるのかと思うと泣きそうになった。どうしてもその理由が知りたくて当事働いてた研修生のお兄さんに相談してみた。「お父さんは他の弁護士が見捨てる人を弁護してるだけだよ。ヤクザの人達の中には部落出身や在日の人が多いんだ。もとから差別されてきた人達が犯罪に走ってしまうのなら、その人達を犯罪に走らせたのは誰だったのか考えなくちゃいけない」と言われた。中学生の未熟な頭では、まだその意味が理解できなくてただ父親に対して不信感を募らせていた。

そして大学の社会学の授業でデュルケイムの話を聞いたときようやく過去が整理できた。なるほど、父親は集合的良識を守ってただけなんや、と。大学の夏休みに一度父親の事務所でバイトをしたことがあった。父親が被疑者の家族に対してあまりにも容赦なく説教するので、「お前なんかには弁護は頼まん」と怒って帰る人がよくいた。個人の罪は徹底して叱りつけ、法の平等だけは守る。それが父親の理念だった。

バイトしているときに他の弁護士は大企業の顧問になって楽に金を稼いでいるのも知った。冗談半分で、「ぼろい我が家を建替えるためにもどっかの企業の顧問になれば?」と言うと、怒気を含めて「顧問なんかやったら人間腐るんだよ」と言い返された。父親にとっては文無しの麻薬常習犯を弁護することの方が大事だったようだ。

最後にエピソードを一つだけ。
高校3年の頃、行着けの焼き鳥屋で父親と飲んでいたら、急に「おい、わしが麻原の弁護するって言ったらどうする?」と言ってきた。地下鉄サリン事件の直後だった。酔っ払っいの戯言かと相手にしなかったらオウムの広報担当者の名刺を出してきた。「坂本弁護士を救済するためのポスターを事務所に貼ってたんやから、そりゃ矛盾するんちゃうか?でも断ってサリンかけられるの嫌やから家族を守るためにもやりいや」と言うと、笑って「もう断ったよ。マスコミがうちに詰め掛けてきたらたまらんからな」と言った。このときばかりは集合的良識よりも家族という集合体を優先したようだ。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-08-27 14:23 | 文化人類学
<< 5年前、寮の友達と朝まで幸せ論... 究極のフェミニスト >>