ナイーブ

今日は上野のホームレスについて調査を行ったAの講演会を聞きに言った。
もう彼女とは私的に何度も話してるので、何も新しいことはなかった。
が、内心、「俺なら違うアプローチするな」と思うことが何度かあった。
もう一度このトピックに戻るのも悪くない、と思った。

講演の後、Aや担当教官、他の教授と供にFaculty Clubと呼ばれる大学のゲストハウスで夕食。
帝国ホテルよりかも遥かに気品がある、うちの大学自慢の洋館だ。
アメリカンインディアンの絵がたくさん壁に架けられた通称”Savage Room"という場に通された。
ホームレスの話題で盛り上がりながら食べた極上のステーキは美味かった。

途中で話が日本人の性癖の話になった。
上野にいるホームレスの女性は売春婦の人はいないのか?
ホームレスはヘルス等で性欲を満たしているのか?
なぜか話が飛躍して日本人男性はなぜ中国のセックスツアーリズムに行くのか?
日本人の男は何故コンドームを使わないのか?
教授も含め、大いに盛り上がっていた。
他国の性癖について語るほど、自己を正当化できることってないのかも。
もちろん、唯1人日本人だった自分は黙って話しを聞いていた。

学問なんてナイーブじゃあやってられんな。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-12-11 16:00 | 雑記
<< ウチナー料理 大学とイデオロギー >>