ボストン有情

学部時代のサークルの後輩Aがこの3日間遊びに来ていた。
3歳下の彼女はマイアミ大学で交換留学をしている。
マイアミにはないボストンの冬を味わいたかったそうだ。
期待どおり、氷点下の中、市内を歩き回ることに。

一緒に観光名所を周るうちに改めてここが好きになった。
車が無くてもどこにでも行けるコンパクトさ。
レンガ造りの町並み。枯葉の絨毯。シックなカフェ。
家から10分歩いたらピカソの絵も見れるし(大学内の美術館にて)、
聖堂のように天井が高い図書館で勉強もできる。
Aはずっと「いいなー、いいなー、羨ましいなー」と連発していた。
もうすっかり当たり前になったので忘れていたが、たしかに贅沢な環境で暮らしている。
できることならば大学院を終えてもここで暮らしたい、とヒシヒシ思うようになった。

ついでに自慢させてもらうと今のアパートも最高。
大学時代、ずっと2人部屋の寮で暮らしてていたので、
もし自室を持つことができれば内装を懲りたいと思っていた。
写真があれば是非お見せしたいんだが、今の部屋はシンプル且つ知的にまとめている。
再来年、日本へ調査しに戻ってもサブレットしてこのアパートを繋ぎ止める予定でいる。

もう後は何が足りないか、ということになると言うに足らず。
京都にいようが、ボストンにいようが、デートコースを熟知していても相手がいなければ何の価値もない。

「日本男児の生き様は 色無し 恋無し 情け有り
男の道をひたすらに 歩みて明日を魁る」

今日も男塾校歌を口ぐさむ。

合掌。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-29 13:16 | 雑記
<< うちの部屋 教えて下さい 3 >>