教えて下さい 3

「憂鬱は楽しむためにある」

と、近頃思い直した。

誰にでも鬱に入るときはある。
だからこそ谷底の暗闇をわざと見下ろす。
静かに沈みながら沸々と震える感覚。
憂鬱に対して正面から構えると、
以外と綺麗に心が洗われる。

曇った日曜の午後。
薄暗い部屋の中、1人ソファーに座る。
窓を開けて冷気を入れ、コーヒーをすする。
そして孤独に身を任せる。静寂。

さて、ここでお聞きします。

あなたなら「鬱」を楽しむためにここでどんな音楽をかけますか?
今のところ、サティの「木漏れ日」やビル・エヴァンズの「枯葉」くらいしか思い浮かびません。
ジャンルは問いません。深みに入ってしまう曲なら何でも結構です。
お勧めされた曲は全てI-Tunesで試聴して、良かったら買ってみます。

ボストンは鬱を楽しむには丁度よい季節なので是非とも皆様のご意見を聞かせて下さい。

では、七面鳥を食いにこれから担当教官の家に行って参ります。
[PR]
by fumiwakamatsu | 2004-11-26 05:50 | 雑記
<< ボストン有情 やっぱ無理です >>